Shunn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Shunn(しゅん、1986年4月1日 - )は日本の男性歌手声優血液型AB型。所属事務所「ALP Music」。所属レコード会社「tri-Arion」。左利き。旧名宮本 駿一

略歴・概要・人物[編集]

  • 4歳でピアノを始め、高校生(筑波大学附属高校)になってヴォーカルスクールに通い始める。
  • 2003年5月7日:『D・N・ANGEL』オープニング主題歌『白夜〜True Light〜』で、本格的にデビュー。オリコン入りも果たす。同作品のラジオのパーソナリティとして、入野自由とタッグを組む。「宮本君、声優化計画」の影響か、声優としての活動も始める。
  • 全体的にうっとりとした様子をしていたためか、入野自由によって「うっとり」と呼ばれるようになる。
  • 声優初挑戦作品は『機動戦士ガンダムSEEDシャニ・アンドラス役。ゲームのアフレコや特別編でも、彼が一貫してアフレコに参加している。
  • アニメとのタイアップが薄くなってからは、改めて本格的に歌手として活動を開始。さらに『D・N・ANGEL』のラジオで培った経験を生かして『宮そばRADIO』をスタート。2008年現在100回目の放送回数を突破したネットラジオである。
  • 将来的な夢は『ディズニー映画』主題歌を歌うことであるが、近年はタイアップは一切行っていない。
  • 弾き語りを得意とし、それを生かしたコーナーを『宮そばRADIO』で行っている。
  • 声優化計画をやっていた際、何故か女性キャラクターの役が入野自由やリスナーにハマり、途中から「女の子声優化計画」とタイトルが変わってしまうほど、ネタ要素の強いコーナーとなる。
  • 挑戦したいことはダンスや演技。『D・N・ANGEL』や『ガンダムSEED』以来、新しい声優の仕事には携わっておらず、アニメ関連の世界からは大きくベクトルを外れた活動を行っている。
  • デビュー当時の歌唱力の評価は高いとは言い難い。しかし、現在は独自の弾き語りと独特の歌声を磨き、知名度は低いながらも、人気を集めている。
  • ラジオ番組において、本来「(笑)」の部分は「かっこわらい」と読む。しかし彼は「かっこしょう」と読んでいる。
  • ある着メロサイトの特集にて、彼の紹介文が「ピアノの貴公子」とされている。事実ラジオのリスナーの送ってくるイメージから即興で音楽を紡ぎ出すことが出来、その実力の高さが窺える。
  • 自分の音楽を確立する為、tri-Arionレーベルを立ち上げ、独立。2008年4月より、芸名を「Shunn」へと改名した。

出演[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • debut「白夜~True Light~」
白夜~True Light~<Full Version>/白夜~True Light~<Piano Solo>/白夜~True Light~<Acoustic Version>/白夜~True Light~<TV Version>
アニメ『D・N・ANGEL』オープニング主題歌
2003年5月7日/VICL-35479)
  • 2nd「最後のkiss/うそつき」
最後のkiss<Original Ver.>/うそつき<Original Ver.>/最後のkiss<ピアノ弾き語りVer.>/うそつき<アコースティックギターVer.>
2005年11月17日/VICL-35731<限定盤>VICL-35761<通常盤>)
  • 3rd「永遠」
c/w「眠れない夜を越えて」
2006年1月26日/VICL-35765)
  • 4th「異邦人/桜咲くころ」
異邦人/桜咲くころ/桜咲くころ<Piano Version>
2008年4月22日/TRC-0002)

アルバム[編集]

  • 1st mini「Anges」
2005年12月3日/VICL-61250)
The Way To Myself/Run Deeper!/帰るべき場所/そばにいられるなら/Never,So Far Away/Anges/そばにいられるなら<Starlight Version>/Caged Bird<Live Version>/白夜~True Light~<Live Version>
  • 1st full「For someone needs Love」
2007年3月24日/VIZL-135<限定盤>VICL-61597<通常盤>)
海の子守歌/眠れない夜を越えて/Everytime I Miss You/最後のkiss/うそつき/虹色マスカラ/Happy Birthday to you/<Yes,my love>/永遠<live version>/出会う前のように
  • 2nd mini「Talkin' Piano」
2008年8月23日/VICL-62056<限定盤>VICL-62057<通常盤>)
いずこへ/風穴/冷めたコーヒー/帰るべき場所(Piano Reprise)/Misty Rain
  • 2nd full 「Piano'n Piano」
2007年8月29日/TRC-0001)
即興曲集「四季」
即興曲第1番「秋」/即興曲第2番「冬」/即興曲第3番「春」/即興曲第4番「夏」/
Piano'n Piano 即興小曲集
生きる喜び/What shall I do?/母の気持ち/季節の狭間/Early summer night/星の逢瀬/月の砂漠/今もあなたを・・・/未来のコンビニ/守るべきもの/不幸は何かと役に立つ/喝!!/Fly above the city/Inside of Christmas/Wouldn't like to be a man/始まる!/Blue sky/新しい道/卒業/Happy Birthday to me/
愛の夢 第3番F.Liszt

その他[編集]

  • 「D.N.ANGEL Vocal Collection」
2005年10月22日/VICL-61145)
最終回エンディング主題歌「道標」「白夜~True Light~(Acoustic Version)」収録
  • 「D.N.ANGEL Original Sound Track Ⅱ」
2005年9月21日/VICL-61143)
「Caged Bird」「道標(Acoustic Version)」収録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]