Shinobi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Shinobi
ジャンル 殺陣アクション
対応機種 PlayStation 2
開発元 オーバーワークス
発売元 セガ
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 2002年12月5日
Best版:2003年9月25日
対象年齢 CERO:15歳以上対象
テンプレートを表示

Shinobi』(しのび)は、2002年12月5日セガから発売されたPlayStation 2専用のアクションゲームである。アーケードゲーム忍 -SHINOBI-』(1987年)、メガドライブ用ソフト『ザ・スーパー忍』(1989年)などの同社「忍(しのび)シリーズ」の系譜にある忍者ゲームである。

21世紀の現代を舞台に主人公である忍者「秀真(ほつま)」を操作して、妖刀・悪食(あくじき)を用いて華麗な殺陣(たて)を演じる。

概要[編集]

主人公の忍を華麗に操る3Dアクションゲーム。垂直の壁を駆け抜ける動きや、相手の背後に瞬時に移動できるステルスダッシュなど、キャラクターの挙動はスピード感に溢れており、一定時間内に連続して敵を倒すことにより攻撃力が増加する「殺陣」システムは、本作品最大の特徴である。

低難易度化の傾向にあった2002年当時のアクションゲームの中において、やや高めの難易度を誇る(以下、例)。

  • 穴(画面外)や水面に落ちたら体力に関係なく死亡。
  • 死亡したらステージの最初からやり直し。
  • ステージを進める内に覚醒する『悪食』の性能により、敵を倒して魂魄(こんぱく)を入手しないと徐々に体力が減少し、やがて死に至る(ゲームオーバー)。

なお、本作のムービー内キャラクターは英語の音声と口の動きを合わせているため、日本語音声では口の動きと声が合わない。

登場[編集]

秀真(ほつま) - 声優:岸尾大輔、子供時代石塚さより
本作の主人公。政府機関からの仕事を請け負う戦闘集団「朧」の頭にして、人の魄を食らう妖刀「悪食」の所持者。仕事でヘリコプターに乗せられ東京に向かっていたがヘリコプターが撃墜され、脱出し東京内部の「黄金城」目がけ単身突入して行く。トレードマークの赤いマフラーは、背丈ほどの長さがある。

ステージボス[編集]

軍用ヘリ
軍のヘリコプター。機銃とミサイルを装備されている。これは秀真が首都に降りる為に乗っていたヘリであり、秀真が降りた直後に呪符に襲われ、操られてしまう。
謎の忍(蒼蛟龍)
白髪、白い忍装束、2本の忍者刀という忍。秀真の「悪食」をフル稼働させる為秀真に襲って来る。
銅(あかがね) - 声優:相田さやか
見た目はお茶目なオカッパ少女。兄弟で「鋼(あらがね)兄弟」と言う通り名を持っており、鎖鎌を使ってのヒット・アンド・アウェイで戦う。両親がいないためか、同じような境遇の秀真を兄のように慕い、密かに想いを寄せていた。が、その恋は実らず、ゲーム内でもその事が一切説明されなかった。
銀(しろがね) - 声優:鳥海浩輔
小太りの力士のような姿をしている忍。銅とは双子の姉弟であり、銀が弟。戦闘時に鎖分銅で姉をサポートする。
怨霊ヘリ
軍用ヘリが破壊されるも動いている姿。
狛楽(はくらく) - 声優:水鳥鉄夫
薬学に長けた老兵で、医療知識・経験が豊富。背中の箱の薬はちぎれた手足をも元に戻す事が出来る。勿論薬は自分にも適用出来る為、短時間で自分自身も治癒出来る。見た目や言動は好々爺だが内面は冷徹なので、彼に扱われる部下の下忍は肉体だけでなく精神に大きな障害を来してしまう。本人の戦闘能力は皆無なので、攻撃の全ては忍犬達に任せている。
白雲(しらくも)
虎の顔を持つ化け蜘蛛の式神。数多くの子供達と共に出没した。一応人の言葉を喋る。
モチーフは白虎クモ。四つ柱の一人。
焔(ほむら) - 声優:細井治
朧の里三番目の実力者。武器は2段階に伸びるキセル。過去に火事から助け出され、怖がるどころか火が最強の武器だと考え敵の火遁でダメージを全く受けない程火遁をマスターした。歌舞伎者で「火事と喧嘩は江戸の華」という台詞も平然と言い、女好きで卑怯事(者)が嫌いという忍らしくない性格。
紅天蛾(べにすずめ)
着物を着た女の胴体を持つ、蛾を模した式神。子供達ともども炎を操り、体中に人間の腕や脚等を取り付けていったようなツギハギがある。
モチーフは朱雀スズメガ(ベニスズメ)。四つ柱の一人。
金剛(こんごう) - 声優:長嶝高士
スキンヘッドに高下駄という風貌の巨漢。得物である大型手裏剣は攻撃だけでなく、飛行用の乗り物としても使用する。「ヒルコ様」と、忠義も彼を蘇らせたヒルコに移っている。守恒に負け再戦を望むも叶わず(ゲーム内では説明されていない)、秀真と1対1で戦いたがっていた。
玄九蛇(くらくだ) - 声優:萩道彦
下半身は大蛇、上半身は狐のお面をかぶった人間の姿をしている式神。秀真に向かって「君が今度の悪食使いかい?」と発言しており、朧の先代当主と何らかの因縁を持っている模様。氷属性の攻撃を得意とし、体力が減ると背中の巨大法輪から蛇型の式神を8体召喚してくる(この時本人を含めると"蛇"は9匹であるので、玄九蛇の名がついた)。
モチーフは玄武九尾の狐。四つ柱の一人。
刻(きざみ) - 声優:岡崎雅紘
体中に傷跡がある、盲目のために聴覚が研ぎ澄まされた居合い刀使い。真空の刃を生み出し同僚の焔を公開試合で落ち着かせる等、実力は守恒に勝るとも劣らないらしい。見る者を畏怖させる風貌から恐れられがちだが、本来はとても人情厚い性格で、未熟であった秀真や焔の窮地を救った過去がある。それがきっかけで盲目になった。
八面王(やつらおう)
関東大震災の被害者の魂魄が詰められた兵器。
朱刃(あげは) - 声優:津々見沙月
元朧一族のくノ一。秀真とは幼馴染。朧一族の当主の儀式で好きだった守恒が命を落とした事をきっかけに里を去り、抜け忍となる。
蒼蛟龍(あおみずち) - 声優:森川智之
モチーフは青竜。四つ柱の一人である式神で、子供達と共に復活。
地獄門(じごくもん)
「黄金城」の門で、ボス扱い。城の奥にはこの門を通じてしか行けなかったらしい。
産土 ヒルコ(うぶすな ひるこ) - 声優:(老人時)徳丸完、(青年時)高木渉
最凶の陰陽師。朧一族により封印されていたが、朱刃によって封印を解かれて四つ柱とともに復活。
彼のいるステージの名前が太一、他のステージの名前が北斗七星の星と北辰(北極星)である理由はヒルコの計画にあるため、ムービーを見ると解る。

その他[編集]

守恒(もりつね) - 声優:森川智之
秀真の兄。朧の里の中でも飛び抜けて優れた忍で、次期当主との呼び声が最も高かった人物。忍としてだけでなく、兄としても秀真から尊敬されるほどの人格者。朧の当主を決める儀式で秀真に敗れ絶命する。
拳(こぶし) - 声優:西村知道
朧の上忍衆のまとめ役。 東京壊滅の真相を探る為東京へ侵入したが、消息を絶つ。
産土 篝(うぶすな かがり) - 声優:佐久間紅美
代々陰陽師として生きて来た産土家の末裔。異様な力を政府に恐れられ、幽閉されている。

用語解説[編集]

殺陣(たて)
このゲームにおいて最も重要なシステム。出現している敵を一定時間内に連続して倒すごとに攻撃力が増す。この時、敵は倒されると硬直し、一定時間経過で絶命演出が入るが、別の敵を倒すことで硬直時間は延長される。敵を4体以上倒すと殺陣演出が発生する。8体を殺陣で倒せばステージによって違う演出になる(4-A、Bは火炎が現れるなど)。上手く扱えるようになればステージボスですら一撃で仕留める事が出来る。(ただし難易度HARDなら一撃で倒せないときもいるが、背後や側面を攻撃できないボス敵が60秒ごとに行う挑発の間に斬ればダメージ3倍のため、うまくタイミングを合わせれば一撃で倒せる)。出現している敵の数は、画面右上の玉の数で表示され、敵を撃破するごとに色がついていく。
悪食(あくじき)
朧一族に代々伝わる、陰陽の呪法によって鍛えられた破魔の刀。物を切る物理的な切れ味もさることながら、最大の特徴はなんといっても陰陽の呪法が施されていることにある。この呪法により悪食を持つ人間の陰陽の気の流れを増幅し、際限なく攻撃力を増すことが出来るのである。ただし、その機能を使いこなすためには、悪食の持つ「理(ことわり)の目」を開く必要がある。理の目は、純度の高い「魄」を刀に吸い込ませることで開き、逆に純度の高い「魂」を吸い込ませることで封印することが可能。一度理の目が開いた悪食は暴走を始め、大量の魄を吸い続け、その破壊力は底なしとなる。ただし、操っている人の魄、つまり命さえも吸い続けるため、一度暴走した悪食を使い始めた者は、死ぬまで悪食を用いて敵を殺し続けなくてはならない運命までも背負うことになる。この刀を鍛えたのは、産土ヒルコその人である。
朧一族
かつて、日本のすべての忍を統括していた忍の一族。現在の当主は秀真。朧一族の当主を決める儀式では里の実力者に命をかけて決闘させ、勝った方が当主となる。当主となったものは悪食を受け継ぐ事になる。多くの優秀な忍者を抱える一族であったが、産土ヒルコ復活後、蒼蛟龍の手によって壊滅した。敵として登場する朧一族の忍の多くは、ヒルコの力で死体を操られている者たちである。
Shinobi機関
政府の指令のもと非合法活動を専門に扱う組織。バックアップを担当するエージェントの手配のもと、現地で実働する少数の忍を派遣し、テロの鎮圧や要人警護、暗殺などの忍務をおこなう。その存在は、一般には一切明らかにされていない。
八面王(やつらおう)
関東大震災の犠牲者の魄を使った式神兵器。かつて朧一族によって破壊された。ヒルコは起動の生贄として篝を拉致した。
中臣財閥(なかとみざいばつ)
八面王の再建に手を貸した。所謂死の商人。続編の『Kunoichi -忍-』でも登場する。

続編[編集]

2003年には続編として女忍者「緋花(ひばな)」を主人公とした『Kunoichi -忍-』が発売されている。

外部リンク[編集]