Serial Line Internet Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / SPB / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN)

カテゴリ

Serial Line Internet Protocol(シリアル回線IP)は、ほとんどのコンピュータに内蔵されていたRS-232ポートからインターネットなどのTCP/IPネットワークに電話回線など(シリアル通信回線)の低速回線を通じて一時的に接続するためのプロトコルである。略称SLIP(スリップ)。

1984年アメリカ3Comのリック・アダムスBSD4.2に実装しRFC1055として標準化された。

しかしSLIPには欠点があり、追加できるチェックサムイーサネットCRCなど)がないため、ノイズの発生しやすい回線で転送中のデータが破壊されてもリンク層で誤りを検知できない。そのため上位層での検出作業が必要となる。

また1バイトのデータを転送するために20バイトのIPヘッダと同じく20バイトのTCPヘッダが必要になり40バイトものオーバーヘッドが生じてしまうのも問題である。

かつてはTelnetなど多く使用されていたが、ネットワークプロトコルにTCP/IPしか利用できず、上記の欠点などセキュリティも低いため、現在ではPPPに取って代わられている。

CSLIP[編集]

Compressed SLIP(圧縮SLIP、通称:CSLIP)は上記SLIPの欠点を改善するためにRFC1144で定義されたSLIPの新しいバージョンである。現在殆どのSLIPはCSLIPをサポートしている。

関連項目[編集]