Segoe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Segoe (シーゴー、シーゴ[1]play /ˈsɡ/see-goh) はマイクロソフト社が使用している[1]ことで知られている書体の一つである。マイクロソフト社はSegoeをオンライン、印刷商業媒体の両方で使用しており、その中には近年発売された同社の製品のロゴなども含まれる。加えて、Segoe UIと呼ばれるフォント群は様々なマイクロソフト社の製品で使用されており、Microsoft Office 2007Windows Live Messenger 2009のような同社のアプリケーションにもこのフォントが使用されている。また、Windows VistaWindows 7ではデフォルトのフォントとして設定されている。2013年02月現在、SegoeはHotmailに代わるメールソフトとして導入されたOutlook.comでも使用されている。マイクロソフト社はSegoeを会社のロゴに使用している[2]。Segoeはラテン文字用のフォントであり、Windows 7上のデフォルトの日本語環境下において、Windowsユーザーは、ラテン文字はSegoe UIを、日本語はメイリオを使用することになる[1]

Segoeは元々はMonotype英語版社により開発されたが、現在その名前はマイクロソフト社が商標を保有している。

歴史[編集]

Segoeは当時Monotype社 (当時の名称はAgfa Monotype)に勤めていたSteve Mattesonにより考案された。マイクロソフト社はタイプフェースやユーザーインターフェースのフォントとして使用するライセンス契約を結び、温かみがあって読みやすい文字としてデザインされた。MattesonはSegoeを基にした様々な書体やイタリック体を生み出していた。

ライセンス論争[編集]

2004年、マイクロソフト社はSegoeの特定のフォント及びそのイタリック体フォントをオリジナルのフォントであるとして欧州連合 (EU) で登録商標及びデザイン特許の登録申請を行った。ドイツのフォント製作企業であるLinotype社はSegoe UIがLinotype社の開発したFrutigerというフォントと酷似しているとしてこれに抗議した。EUへの特許申請書の中で、マイクロソフト社はLinotypeはFrutiger及びその派生フォントを2004年以前に発売していたことを示すことができなかったと主張している。

EUはこれらの主張を退け、2006年2月にマイクロソフト社の特許申請を却下した[3]。マイクロソフト社はこの判決に対して控訴することはなかった。マイクロソフト社は現在でもアメリカ合衆国のデザイン特許を様々なSegoeをベースとしたフォントに適用している。

同じ時期となる2004年の終わり頃、6年間Agfaの子会社だったMonotypeはTA Associatesに買収され、会社名をMonotype Imagingと改めて運営することとなった。その後、2006年8月にMonotype ImagingがLinotypeを買収[4]。従って、2006年の終わり頃には、マイクロソフト社のSegoe特許の正当性に異議を唱えたLinotype社は、当初マイクロソフト社にSegoeを許諾したMonotype社の全額出資子会社だった。

(上から順に) Segoe UI, Frutiger, Segoeの違い

Segoe UIとFrutigerではいくつかの文字で全く違う形を採用しており、Frutigerよりも低解像度のスクリーンにおける使用において大きな違いが反映されるようになっていた。しかし、Ulrich Stiehl[5]は、これらの違いの多くはSegoe UIの新しい版で導入されたものであり初期のSegoe UIはFrutigerに酷似していると指摘した[6][7]

2005年11月、マイクロソフト社のタイポグラフィグループを統括していたSimon Danielsは「オリジナルのSegoeフォントはマイクロソフトのため、マイクロソフトの手で作成されたものではなかった。初期のデザインはライセンス契約をしていたMonotype社によるものであり、異なるプロセス、アプリケーションやデバイスへの搭載過程の中で必要に応じてカスタマイズし、フォントの拡充、拡張を行なってきた」と述べた[8]

2006年4月、マイクロソフト社の広報担当者は次のように述べた。

「Segoeは2000年にAgfa Monotype (現在のMonotype Imaging) 社によりオリジナルのフォントとして開発されたものである。2003年、我々はオリジナルのSegoeフォントを取得しSegoeの名のついた一群の拡張フォントを開発するためSegoeフォントを使用した。これらの新しいフォントの多くはアメリカ合衆国においてデザイン特許により保護されている。SegoeはFrutiger由来のフォントではない。マイクロソフトはOfficeやWindowsを含むマイクロソフト製品を使用する際にある種のFrutigerフォントを配布可能にできるような最新のライセンスも保有している。SegoeとFrutigerにははっきりとした違いがある。加えて、クローンを行った書体と異なり、Segoeのフォント群はFrutigerの代替として使用できるような互換性を有していない。」[9]

アメリカ合衆国の著作権法の下では、機能テキストフォントの抽象的な文字の形には著作権が適用されず、フォントに含まれるプログラミングコードにのみ著作権法が適用される。これはクローンフォントの作成と配布を可能にした。

Segoe UI[編集]

Segoe UI font.svg
書体 サンセリフ
開発者 Steve Matteson
発表メーカー Microsoft Typography
リリース日 2004
Segoe UIのサンプルテキスト
サンプル

Segoe UIはマイクロソフト社の製品においてユーザインタフェース (UI) 用のテキストに対し使用しているSegoeフォント群の一つであり、オンラインのユーザアシスタントを行う機能と同様に、いかなる言語で書かれた文章をも閲覧することがなるべく可能であるように改善を行った。それまでのTahoma英語版Mac OSにおけるUIフォントであるLucida Grandeとは区別される。Segoe UIはMonotype Imagingが開発した[10]

Segoe UI LightとSegoe UI SemiboldはWindows 7で初めて導入された[11]

Segoe UIの旧バージョン (上)と新バージョン (下)の明確な違い

Windows 8において、Segoe UIにはいくつかの変更とstylistic変更が加えられている[12][13][14][15]

  • lightの標準サイズを11ピクセルとするためSemilightバージョンが導入された。
  • 真イタリック体の異体字がLight, Semilight, Semiboldバージョンに対して導入された。
  • Segoe UI LightやSegoe UI Semiboldではスクリーン上の文字を読む際の質の向上のため調整が行われた。
  • WPフォント群と極めて似ているタイポグラフィの変更が行われた。Windows VistaやWindows 7では特に“I” や“Q”、1, 2, 4, 5, 7, 8において顕著な違いが見られる。
  • ヘブライ文字、アルメニア文字、グルジア文字、初期キリル文字英語版といった文字が新たにサポートされるようになった。
  • OpenTypeの異体形が含まれる。

文字[編集]

Segoe UIはVistaのデフォルトであるClearTypeレンダリング環境にたいして最適化されており、Segoe UIが2倍のレベルのレンダリングにフォントヒンティングされているUIのサイズ (8, 9 ,10ポイント)を除いて、ClearTypeが無効になっている場合読みやすさが損なわれる場合がある。すべての言語でレイアウトを改善し読みやすくするため、Windows Vistaでは標準フォントサイズが9ポイントに増えている。

Segoe UIのWindows Vistaバージョン (version 5.00) はラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、アラビア文字を含むUnicode 4.1 coverageが導入されており、通常の文字の太さで合計2843のグリフが含まれている。

Segoe UIはFrutigerHelveticaで使用されている斜字とは異なりイタリック体を実装している。

種類[編集]

  • Segoe UI MonoはSegoe UIにおける等幅フォントである。これはラテン文字 (東ヨーロッパやトルコの文字を含む)、ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字、タイ文字、地図記号などの記号をサポートしている。このフォントには2種類の濃度のフォントがあるが、イタリック体は実装されていない。
  • Segoe UI Symbolはチェスの駒やカードのスートダイス、数学記号、矢印記号、OCR, 点字オガム文字ルーン文字などのような記号を含むフォントである[16]。しかし、これは記号をエンコードしたフォントの代わりに、ここのUnicodeのコードポイントに対して割り当てられた記号を使用したUnicodeでエンコードされたフォントである[17]。このフォントには等幅のSegoe UIやOpenTypeによるアクセスが可能な文体のセットなどのOCR文字も含まれている。
Segoe Print
書体 Script
開発者 Carl Crossgrove, Brian Allen James Grieshaber, Karl Leuthold
  • Segoe PrintはMonotype Imagingの社員であったBrian Allenの手書きの書体をベースとしたフォントであり、Carl Crossgrove、James Grieshaber、Karl Leutholdにより開発された[18]。このフォント群には2種類のフォントが含まれ、イタリック体は実装されていないが、WGL character setをサポートしている。
Segoe Script
Nancy segoe script.svg
書体 Script
開発者 Carl Crossgrove, Brian Allen
  • Segoe ScriptはCarl Crossgroveが開発したフォント群で、Brian Allenによる手書きの書体を元に作成されており、筆記体で見られる筆致部分を含んでいる。これはMonotype Imagingにより製品化された。代替OpenType機能を使用することで、実装されていない文字に関しても表記可能になっている。このフォント群には2種類のフォントが含まれ、イタリック体は実装されていないが、WGL character setをサポートしている。
  • Segoe Chessはチェスフォントとして使用されるフォントでSteve MattesonとJim Fordがデザインを行った。
  • Segoe Media CenterはWindows Media Centerで使用されているフォントであり、lightとsemiboldの二種類がある。このフォントはオリジナルのSegoeと似ているが、ClearTypeレンダリングに対して最適化されていない。
  • Segoe TVはMSN TVで使用されているフォントである。サンセリフによる大文字のIや大文字のQにおいて右下に引く線が真っ直ぐであることなどオリジナルのSegoeと非常に似通っている一方で、iやjなどはデザインの一新が行われている。
  • Segoe News Symbolは天気予報や十二星座の記号、カードのスートダイススターマーク、チェックボックスなど新聞紙で一般的に使用されるような記号を収録したフォントである。
  • Segoe WPはWindows Phone 7で使用されているフォントである。Segoe WPはMicrosoft Visual Studio 2010においても使用されている。
  • Zegoe UIはZuneで使用されているSegoeと類似したフォントである[19]

他のフォント群[編集]

Segoe UIとLeelawadeeを使用した同じ文面の比較

SegoeやSegoe UIによるラテングリフは以下のマイクロソフト社のフォント群にも見ることができる: マルグンゴシック (ハングル), 微軟正黒體 (繁体字), 微軟雅黒 (簡体字), Gisha (ヘブライ文字), Leelawadee (タイ文字)。Windows 7では、これらに加えてEbrima (ンコ文字, ティフィナグ文字, ヴァイ文字), Khmer UI (クメール文字), Lao UI (ラーオ文字), Microsoft New Tai Lue (新タイ・ルー文字), Microsoft PhagsPa (パスパ文字), Microsoft Tai Le (タイ・ルー文字)が実装されている。

これらのフォントでは、いくつかのグリフの形がSegoe UIやFrutiger/Myriadモデルから大幅な変化を遂げており、いくつかの点で実際の書道で用いられる書体に近くなっている。GishaやLeelawadeeでは大文字のMは頂点部分が伸びて幅が狭くなり、iやlには上下に横棒がつき、大文字のIはセリフ体でなくなる。これらの文字はSegoe UIイタリック体でも見ることができる。

使用[編集]

Segoe UIフォント群はMicrosoft Office 2007Microsoft Office 2010Windows VistaWindows 7のフォントとして使用されている。Segoe UIでないSegoeフォントはTrebuchet MSに代わる形でWindows XP Media Center Edition 2005にも含まれている。

Segoe UIはユーザーがWindows XPにフリーでダウンロード出来るWindows Live MessengerWindows Live Mailをインストールした場合、自動的にインストールされるようになっている。Microsoft Word ViewerやMicrosoft PowerPoint Viewer 2007をインストールした場合にもSegoeフォントの一バージョンが自動的にインストールされるが、これもまたSegoe UIとは異なるフォントである。

Segoe UI SemilightはユーザーがMicrosoft Office 2013をインストールした場合、Windows 7に導入されるようになっている。

Segoeの初期のバージョン、おそらく評価版がSuSE Linuxの特定のバージョンに含まれているが、OSの一部として機能することはなくなっている。Monotype社のライセンスの下でSegoeを使用した最初の会社はカナダの電飾看板企業Scalaであった (フォントのFF Scalaとは関連性はなし)。2005年6月7日、Scalaは「Segoeはライセンス問題のためInfoChannel製品で使用しない」と発言した[20]。ScalaはSegoeフォントの代わりにBitstream Veraフォントを使用した。

一時期には、マイクロソフト社は「Print Ad for Microsoft Dynamics Business Management Solutions Brief Description」と呼ばれるパッケージをマイクロソフトダウンロードセンターに掲載していた。このパッケージにはPowerPointのテンプレートやマーケティングを行う際の資料でブランドフォントとして使用しているSegoeのTrueTypeとPostScript Type 1 betaバージョンが含まれていた[21]

Segoe PrintとSegoe ScriptはWindows Vistaに含まれている。

Segoe Chess 1.00はMicrosoft Office 2007、2010に含まれている。

Segoe PrintとSegoe Script、Segoe UIはMac OSに対してもTrueType flavor OpenType fontと同様にインストールできるものの、マイクロソフト社はMac Officeやその他のあらゆるMac製品にこれらを含めることをしていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c フォント - メイリオと Meiryo UI”. msdn.microsoft.com. 2013年2月15日閲覧。
  2. ^ "Microsoft Debuts New Logo Before Windows 8" by Dina Bass, Businessweek August 23, 2012
  3. ^ Designs Department - Invalidity Division (2006年2月6日). “DECISION OF THE INVALIDITY DIVISION (pdf) (PDF)”. Office for the Harmonization in the Internal Market. 2013年2月15日閲覧。
  4. ^ Monotype Imaging: Monotype Imaging Acquires Linotype”. Monotype Imaging (2006年8月2日). 2013年2月15日閲覧。
  5. ^ Ulrich Stiehlはフォントプラグマティズムの批判者であり、自身のサイトにおいてLinotype社やAdobe社の批判も行なっている。
  6. ^ Designer Says Vista Font is Original (Brian Livingston, 25 April 2006)
  7. ^ Segoe UI 1997–2003 vs. Segoe UI 2005 (Comparison on page 3)
  8. ^ Simon Daniels (2005年11月11日). “I Guess No One Cares About Fonts”. An Office User Interface Blog. MSDN Bogs. 2013年2月15日閲覧。
  9. ^ Brian Livingston (2006年4月18日). “Is Microsoft's Vista Font Just a Copy?”. Datamation. earthweb.com. 2013年2月15日閲覧。
  10. ^ Monotype Imaging Brings Fonts to Microsoft Office and Windows Vista Products”. Ir.monotypeimaging.com (2007年3月20日). 2013年2月14日閲覧。
  11. ^ New Fonts in Windows 7 Beta”. Microsoft.com. 2013年2月15日閲覧。
  12. ^ Previewing the New Version of Segoe UI” (2011年10月7日). 2013年2月14日閲覧。
  13. ^ Segoe UI gets a subtle facelift in Windows 8” (2012年3月2日). 2013年2月14日閲覧。
  14. ^ More on Segoe UI in Windows 8” (2012年2月17日). 2013年2月15日閲覧。
  15. ^ Aktualisierte Windows 8-Systemschrift auch in Vista und 7 nutzen. schieb.de, 2012-03-26. Abgerufen am 2012-10-05.
  16. ^ 21 new typefaces in Windows 7”. News.office-watch.com (2009年5月8日). 2013年2月15日閲覧。
  17. ^ Script and Font Support in Windows”. Msdn.microsoft.com. 2013年2月15日閲覧。
  18. ^ Monotype Imaging OEM Font catalog – Segoe Print”. Monotype imaging. 2013年2月15日閲覧。
  19. ^ Long Zheng (14 Novemver 2007). “"Zegoe", the new Zune font.”. istartedsomething.com. 2013年2月15日閲覧。
  20. ^ Scala and TechMedia are pleased to announce InfoChannel 3 Release 7.4”. Techmedia.com.au. 2013年2月15日閲覧。
  21. ^ Download the full Segoe font collection, official Microsoft branding typeface”. Istartedsomething.com (2007年5月31日). 2013年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]