sec-ブチルリチウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sec-ブチルリチウム
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 598-30-1 チェック
PubChem 102446 チェック , 23352831 (メチルリチオ化物) チェック
ChemSpider 10254345 チェック, 14100797 (メチルリチオ化物) チェック
日化辞番号 J252.487B
EINECS 209-927-7
バイルシュタイン 3587206
特性
化学式 C4H9Li
モル質量 64.06 g mol−1
外観 液体(通常はシクロヘキサン等の溶液で扱う)
密度 0.769 g/cm3, 液体
危険性
MSDS Fisher MSDS
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

sec-ブチルリチウム(セカンダリーブチルリチウム、sec-butyllithium)は分子式 CH3CHLiCH2CH3化合物で、略号 sec-BuLi もしくは s-BuLi で表される。有機リチウム化合物の一種であり sec-ブチルカルボアニオン源として使用される[1]

sec-BuLi はハロゲン化 sec-ブタンと金属リチウムを反応させて調製する[2]

Sec Butyllithium synthesis 01.svg

炭素−リチウム結合は高度に分極しており、他の有機リチウム試薬と同様、リチウム原子と結合している炭素原子は非常に高い求核性や塩基性を示す。sec-ブチルリチウムは n-ブチルリチウムのような一級有機リチウムよりも塩基性は強く、立体障害も高い。それゆえ有機合成では有用であると考えられている。

sec-ブチルリチウムは、n-ブチルリチウムではうまくいかないような、酸性度の弱い炭素上で脱プロトン化を行う場合に採用される。また、n-ブチルリチウムはジエチルエーテル中でも比較的安定なの対し、sec-ブチルリチウムは室温、数分で反応する[1]

他の有機リチウム試薬と同様に sec-ブチルリチウムもリチオ化反応に使用される。例えば、sec-ブチルリチウムでカルボニル化合物のα位をリチオ化し、エステルと反応させるとアルコール体が生成する。sec-ブチルリチウムとヨウ化銅(II)からはギルマン試薬が調製される。これらの2つの反応はグリニャール試薬である sec-ブチルマグネシウムブロミドを使っても行うことができる。

出典[編集]

  1. ^ a b Ovaska, T. V. "s-Butyllithium" in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis; John Wiley & Sons: New York, 2001. doi:10.1002/047084289X.rb397
  2. ^ Hay, D. R.; Song, Z.; Smith, S. G.; Beak, P. "Complex-induced proximity effects and dipole-stabilized carbanions: kinetic evidence for the role of complexes in the α-lithiations of carboxamides." J. Am. Chem. Soc. 1988, 110, 8145–8153. doi:10.1021/ja00232a029.

関連項目[編集]