sasakure.UK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
sasakure.UK
基本情報
別名 ささくれP
出生 2月11日
出身地 日本の旗 日本福島県
職業 作詞家作曲家DJ
レーベル U/M/A/A
公式サイト sasakuration.com
著名使用楽器
初音ミク鏡音リン・レン巡音ルカMegpoid

sasakure.UK(ササクレ・ユーケイ、2月11日 - )は、日本ミュージシャンささくれPとも呼ばれる。

概要[編集]

SF」と「寓話」を作品世界の根幹とし、チップチューン系のサウンドや、音楽のみならずドット絵のアニメーション、アートワークなどでも評価を得ている[1]。ゲーム・ミュージック、男声合唱、日本文学などの影響を受けていると言い[2]、作品に大きな影響を受けた作家として宮沢賢治星新一手塚治虫の名前を挙げている[3]

高校生のときに携帯電話の着メロを作るアプリで曲を作ったのをきっかけに作曲を始め、2007年の末より動画共有サイトニコニコ動画などでVOCALOIDを用いた楽曲の発表を始める[4]。VOCALOIDを用いた作品では「VOCALOIDにしか表現できないような楽曲やアプローチ」を追及しているという[3]。2009年のVOCALOIDシーンにおいて大きな活躍を見せ、2010年3月3日にはJoint Recordsよりアルバム『ボーカロイドは終末鳥の夢を見るか?』を発売した[1]クリプトン・フューチャー・メディア社で初音ミク等のVOCALOID製品の開発を手がける佐々木渉は『ボーカロイドは終末鳥の夢を見るか?』について「声の欠片がVOCALOIDとして保存された後、何を失い、どんな魅力を得るのか?愛の言葉は、意識を帯びるのか? sasakure.UKさんの音世界は、ポップかつシリアスにVOCALOIDにとって大切な何かを考えさせてくれます」とのコメントを寄せている[4]。2010年3月25日に発売されたPlayStation Portable用リズムアクションゲーム『初音ミク -Project DIVA-』用の追加ダウンロードコンテンツ『ミクうた、おかわり』ではsasakure.UKの「*ハロー、プラネット。」のPVを元にしたミニゲームが配信された[4]。2011年12月には、自らの音楽表現を拡張するため、ロックバンド「有形ランペイジ」を結成し、翌2012年10月にアルバム『有形世界リコンストラクション』をリリースした[2]。「有形ランペイジ」では、生身の人間には適さないVOCALOID楽曲の生演奏での表現に取り組んでいる[5]

商業作品[編集]

CD[編集]

  • 『ボーカロイドは終末鳥の夢を見るか?』(Joint Records、2010年3月3日発売)
    • 動画サイトで発表してきた代表曲と、書き下ろしの新曲、DECO*27、Treowによるリミックスを収録している[6]。ボーカルに初音ミク鏡音リン・レン巡音ルカMegpoidが用いられている。初回生産限定版は動画サイトで人気のミュージック・ビデオを収録したDVDとの2枚組で、32ページ絵本型ブックレットと三方背BOX付き[6]
    • Disc1(CD)
      1. プロローグ・終末鳥
      2. PICO[@]LUV(☆彡とvとAIのウタ。)
      3. モバイリ:センセーション
      4. ニジイロ*アドベンチュア
      5. カムパネルラ
      6. マリィの世界
      7. ウタカタ永焔鳥
      8. はるのはるか
      9. インタールード・ラララ終末論。
      10. しゅうまつがやってくる!
      11. ぼくらの16bit戦争
      12. ワンダーラスト
      13. *ハロー,プラネット。
      14. *サヨナラ,ワールドエンド。
      15. エピローグ・終末鳥
      16. カムパネルラ(DECO*27 Remix)
      17. *ハロー,プラネット。(Treow Remix)
    • Disc2(DVD)
      1. *ハロー、プラネット。
      2. カムパネルラ
      3. *ハロー、プラネット。 (Animation Ver.)
  • 『幻実アイソーポス』(U/M/A/A、2012年4月11日発売)
    • タイトルの「アイソーポス」は寓話作家イソップの古代ギリシャ語読み。機械に依存しすぎて、逆に機械に支配されてしまう未来を舞台に、人と機械の共存をテーマとした物語を描いている[7]。ボーカルには、初音ミク、鏡音リン、巡音ルカといったVOCALOIDと、女性歌手のCana、そらこ、mirto、ちょうちょ土岐麻子を起用している。
    • Disc1(CD)
      1. プロローグ・幻実アイソーポス
      2. ロストエンファウンド feat. 初音ミク
      3. オオカミ少年独白 feat. Cana(Sotte Bosse)
      4. タイガーランペイジ feat. 鏡音リン
      5. 突然、君が浮いた feat. そらこ
      6. ナキムシピッポ feat. 初音ミク
      7. コイサイテハナ* feat. mirto
      8. バタフライ・エフェクト feat. ちょうちょ
      9. SeventH-HeaveN feat. 初音ミク
      10. 深海のリトルクライ feat. 土岐麻子
      11. インタールード・ヒトとキジン
      12. 否世界ハーモナイゼ feat. 鏡音リン
      13. ガラクタ姫とアポストロフ feat. 初音ミク
      14. エーテルの機憶 feat. 巡音ルカ
      15. 再鋼築フィクション feat. ピリオ
      16. エピローグ・幻実アイソーポス
      17. タイガーランペイジ feat. 有形ランペイジ (BonusTrack)
    • Disc2(DVD)
      1. ロストエンファウンド feat. 初音ミク [Music Video]
      2. タイガーランペイジ feat. 鏡音リン [Music Video]
      3. ナキムシピッポ feat. 初音ミク [Music Video]
      4. コイサイテハナ* feat. mirto [Music Video]
      5. バタフライ・エフェクト feat. ちょうちょ [Music Video]
      6. 深海のリトルクライ feat. 土岐麻子 [Music Video]
      7. ガラクタ姫とアポストロフ feat. 初音ミク [Music Video]
  • 『トンデモ未来空奏図』(U/M/A/A、2013年5月29日発売)
    • 「それぞれの時代を生きる人々が思い描く未来観」をコンセプトにして制作されている[8]。ボーカルには、初音ミク、MegpoidといったVOCALOIDと、男性ボーカルのピリオを起用している。初回生産限定盤は、A5サイズのハードカバーによる特殊パッケージであり、アルバム収録曲のビデオクリップなどの特典映像を収録したDVDと、植草航による「アンチグラビティーズ」の描き下ろしマンガを掲載したブックレットが同梱される[8]
    • Disc1(CD)
      1. トンデモ未来のスヾメ
      2. 未来アタラシズム feat. 初音ミク
      3. HeavenZ-ÅrmZ feat. 初音ミク
      4. Icannotfly,butIcangetthefuture
      5. アンチグラビティーズ feat. GUMI
      6. トゥイー・ボックスの人形劇場 feat. 初音ミク
      7. Mr. Wonderland feat. ピリオ
      8. 蜘蛛糸モノポリー feat. 初音ミク
      9. ネガポジ*コンティニューズ feat. 初音ミク
      10. ホログラムの片隅で
      11. ツギハギエデン feat. GUMI
      12. クエスチョンユー100 feat. 初音ミク
      13. トンデモ未来のユクスエ
      14. 蜘蛛糸モノポリー feat. 初音ミク(QUADROPHENIA Redemption Remix)
      15. Atröpøs
      16. アンチグラビティーズ feat. GUMI(Calla Soiled Minus Remix)(iTunes Store限定ボーナストラック)
    • Disc2(DVD)
      1. 蜘蛛糸モノポリー feat. 初音ミク [Music Video]
      2. Mr. Wonderland feat. ピリオ [Music Video]
      3. ツギハギエデン feat. GUMI [Music Video]
      4. トゥイー・ボックスの人形劇場 feat. 初音ミク [Music Video]
      5. 未来アタラシズム feat. 初音ミク [Special Live Video]
      6. ネガポジ*コンティニューズ feat. 初音ミク [Game Movie]
      7. HeavenZ-ÅrmZ feat. 初音ミク [Game Movie]


有形ランペイジ[編集]

  • 『有形世界リコンストラクション』(ポニーキャニオン、2012年10月17日発売)
    • sasakure.UK率いるバンド「有形ランペイジ」のデビューアルバム。
    • Disc1(CD)
      1. 世界五分前仮説 (オリジナル新曲)
      2. The De’but (オリジナルインスト曲)
      3. カゲロウデイズ feat. majico (原曲:じん)
      4. 二息歩行 feat.神田沙也加 (原曲:DECO*27)
      5. 千本桜 feat. Daisy×Daisy (原曲:黒うさP)
      6. HOME (オリジナルインスト曲)
      7. トリノコシティ feat. UmiNeko (原曲:40mP)
      8. FREELY TOMORROW (原曲:Mitchie M)
      9. 裏表ラバーズ (原曲:wowaka)
      10. ストロボラスト feat.三森すずこ (原曲:椎名もた(ぽわぽわP))
      11. *ハロー、プラネット。 (原曲:sasakure.UK)
    • Disc2(DVD) sasakure.UK presents「有形ランペイジ~葉月の陣~」
      1. タイガーランペイジ
      2. 世界五分前仮説
      3. トリノコシティ feat.UmiNeko
      4. 千本桜 feat.Daisy × Daisy
      5. *ハロー、プラネット。
      6. おやすみ

楽曲提供・参加作品[編集]

  • LOiDレーベルよりリリースされた作品については、レーベルの廃止に伴い2011年3月末ですべて廃盤となっている[9]

音楽[編集]

  • 『千年の独奏歌』(LOiD、2009年7月1日発売)
    • 風雅なおとのオリジナルアルバム。「カイテンモクバ」を提供。
  • 『LOiD-01 -LOiD's LOGiC-』(LOiD、2009年7月8日発売)
  • 『EXIT TUNES PRESENTS STARDOM 2』(EXIT TUNES、2009年8月19日発売)
    • 動画サイトで人気の楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「ワンダーラスト 」、「*ハロー、プラネット。」を提供。
  • 『SHIBUYA』(JOINT RECORDS、2009年8月26日発売)
    • BECCAと初音ミクのコラボレートアルバム。sasakure.UKによる「SHIBUYA」、「I'm ALIVE!」のリミックスを収録。
  • 『の、バラード祭り。』(徳間ジャパンコミュニケーションズ、2009年11月4日発売)
    • ネット上で人気の歌い手たちによる楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。「ユメノアト」を提供。歌い手はうさ。
  • 『VOCALOIDS★X'mas〜白い夜は静寂を守ってる〜』(コロムビアミュージックエンタテインメント、2009年11月8日発売)
    • VOCALOIDを用いたクリスマス曲を収録したコンピレーション・アルバム。「プレゼンター」を提供。
  • 『LOiD-02 -electronica- LOiD's TECNiCA』(LOiD、2010年3月17日発売)
    • ネットで人気のクリエイターの曲を集めたコンピレーション・アルバム。「TθKY◎23゜ C°」を提供。
  • valuable sheaves』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2010年3月24日発売)
    • バルシェのアルバム。「ぼくらの16bit戦争」を提供。
  • 『相愛性理論』(Third-Ear / U/M/A/A、2010年4月21日発売)
    • DECO*27のオリジナルアルバム。sasakure.UKによる「愛言葉」のリミックスを収録。
  • 『なないろ』(ソニー・ミュージックダイレクト、2010年5月19日発売)
    • 茶太のオリジナルアルバム。収録曲「すまいる」の作曲を担当。
  • 時計と魔法のビスケット』(Mellow Head、2010年7月22日発売)
    • 清水愛のマキシシングル。「時計と魔法のビスケット」の作詞作曲を担当、「*ハロー、プラネット。」を提供。
  • 『愛迷エレジー』(U/M/M/A、2010年12月15日発売)
    • DECO*27の2ndアルバム。sasakure.UKによる「愛言葉」のリミックスを収録。歌い手はmirto。
  • 『インパーマネンス』(U/M/A/A、2011年2月23日発売)
    • Agoriaのアルバム。日本限定のボーナストラックとして「Heart Beating (sasakure.UK "Vocaloid" Mix feat. Miku Hatsune)」を収録。
  • More SQ』(スクウェア・エニックス、2011年3月2日発売)
  • 『SUPER VOCALO BEAT』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2011年6月1日発売)
    • VOCALOID曲をユーロビートにリミックスしたアルバム。「ぼくらの16bit戦争」を提供。歌い手はリツカ。
  • 『機械の花ラボラトリ』(U/M/A/A、2011年6月22日発売)
    • kousのオリジナルアルバム。sasakure.UKによる「椿姫」のリミックスを収録。
  • 『キラキラジブリ -RETURNS-』(ハピネット、2011年6月22日発売)
  • VOCALOID BEST from ニコニコ動画 (あお)』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2011年6月22日発売)
    • ニコニコ動画でVOCALOIDを用いて発表された曲を集めたベストアルバム。「*ハロー、プラネット。」を提供。
  • 『NieR Tribute Album-echo-』(スクエア・エニックス、2011年9月14日発売)
    • ゲーム『ニーア ゲシュタルト』『ニーア レプリカント』の音源のトリビュート・アルバム。sasakure.UKによる「-echo-: NieR イニシエノウタ/デボル~イニシエノウタ/ポポル」のリミックスを収録。
  • 初音ミク-Project DIVA- extend Complete Collection』(ソニー・ミュージックダイレクト、2011年11月9日発売)
    • ゲームソフト『初音ミク -Project DIVA- extend』の公式コンピレーションアルバム。ゲームに提供した「*ハロー、プラネット。」を収録。
  • Cafe SQ』(スクウェア・エニックス、2011年11月23日発売)
    • ゲームミュージックのリミックス、カバーを収録したコンピレーションアルバム。「ロマンシング サ・ガ2 ラストバトル」を担当。
  • 『BEST! 2004-2011』(rhythm zone、2011年12月14日発売)
    • 土岐麻子のベストアルバム。sasakure.UKによる「Little Prayer」のリミックスを収録。
  • 『空想活劇・参』(Voltage of Imagination、2012年1月25日発売)
    • 架空のアニメソングをコンセプトにしたコンピレーションアルバム。「ココロパステルギー」にて作詞・作曲・編曲・コーラスにて参加。ヴォーカルは「そらこ」、イラストは「西島大介」。
  • ゆめゆめ』(ソニー・ミュージックダイレクト、2012年4月18日発売)
    • DECO*27のシングル。sasakure.UKによる「ゆめゆめ」のリミックスを収録。
  • 『IA/01 -BIRTH-』(1st PLACE、2012年4月25日)
    • IA -ARIA ON THE PLANETES-をボーカルに用いた曲を収録したコンピレーションアルバム。sasakure.UKによる「My Soul,Your Beats! 」のリミックスを収録。
  • 『続ファミ・コンピ』(アーティマージュ、2012年5月23日発売)
  • 『VRUSH UP! #02 -DECO*27 Tribute-』(U/M/M/A、2012年7月13日発売)
    • DECO*27の楽曲のリミックスを収録したコンピレーションアルバム。「弱虫モンブラン」のリミックスを担当。
  • 初音ミク 5thバースデー ベスト〜impacts〜』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2012年8月1日発売)
    • 初音ミク発売5周年を記念したベストアルバム。DECO*27との共作の「39」を提供。「39」は初音ミク発売5周年を記念して行われたファミリーマートで行われた「初音ミク 5th Anniversary ミクLOVESファミマ♪キャンペーン」のテレビCMソングに起用されている[10]
  • 初音ミク 5thバースデー ベスト〜memories〜』(ソニー・ミュージックダイレクト、2012年8月1日発売)
    • 初音ミク発売5周年を記念したベストアルバム。「*ハロー、プラネット。」、『初音ミク 5thバースデー ベスト〜impacts〜』にも収録されているDECO*27との共作の「39」を提供。
  • 『flyleaf』(ランティス、2012年8月8日発売)
    • ChouChoの1stアルバム。「スワロウテイル・バタフライエッジ」を提供。
  • GENKI ROCKETS II -No border between us- Repackage』(ソニー・ミュージックレコーズ、2012年8月8日発売)
    • 元気ロケッツのリミックス・リパッケージアルバム。「Hikari no tabi」のリミックスを担当。
  • 『nsum~中川翔子がうたってみた!~』(ソニー・ミュージックレコーズ、2012年8月15日発売)
    • 中川翔子のミニアルバム。「ワークス×ワークス」を提供。
  • 『VRUSH UP! #03 -kous Tribute-』(U/M/M/A、2012年11月4日発売)
    • kousの楽曲のリミックスを収録したコンピレーションアルバム。「ハロー彗星」のリミックスを担当。
  • 『Snow Song Show』(U/M/A/A、2012年12月18日発売)
    • 初音ミクを用いたクリスマス曲を収録したアルバム。DECO*27との共作による「Snow Song Show」を提供。
  • 『ミラヰアカヅキ』(ポニーキャニオン、2012年12月19日発売)
    • Daisy×Daisyの5thシングル。「ミラヰアカヅキ」を提供。
  • 『VRUSH UP! #04 -millstones Tribute-』(U/M/M/A、2012年12月23日発売)
    • millstonesの楽曲のリミックスを収録したコンピレーションアルバム。「計画都市」のリミックスを担当。
  • 『vocantabile 〜storia〜』(TEAM Entertainment、2013年1月30日発売)
    • 文学作品などの物語を表現した曲を集めたコンピレーションアルバム。「蜘蛛糸モノポリー」を提供。
  • 『初音ミク -Project DIVA- F Complete Collection』(ソニー・ミュージックダイレクト、2013年3月6日発売)
    • ゲームソフト『初音ミク -Project DIVA- F』の公式コンピレーションアルバム。ゲームに提供した「ネガポジ*コンティニューズ」を収録。
  • フリップ フロップ』(ミュージックレイン、2013年5月22日発売)
    • 豊崎愛生のシングル。「フリップ フロップ」を提供。
  • 『「セブンスドラゴン2020 & 2020-II」初音ミク・アレンジトラックス』(U/M/M/A、2013年7月24日発売)
  • 『COMING DAYS』(U/M/M/A、2013年9月18日発売)
  • 『True Blue...』(コナミデジタルエンタテインメント、2013年12月25日発売)
    • dj TAKAの2ndアルバム。sasakure.UKによる「colors」のリミックスを収録。
  • 『VOCA NICO☆PARTY Nonstop Mixed by DJ VOCA NICO』(ソニー・ミュージックダイレクト、2013年12月25日発売)
    • ニコニコ動画内のイベント「ボカニコ・ナイト」の公式アルバム。「*ハロー、プラネット。」を提供。
  • 『MIKU-MIXTURE』(U/M/M/A、2014年2月19日発売)
    • VOCALOIDクリエイター同士の「共作」をテーマとしたコンピレーションアルバム。DECO*27との共作の「39」、「Snow Song Show」、「アオゾラハルサイト」及びOSTER projectとの共作の「セイヴザプリンセス」を提供。
  • 『飛ばしていくよ』(ビクターエンタテインメント、2014年3月26日発売)
    • 矢野顕子のアルバム。sasakure.UKによる「電話線」、「ごはんとおかず」、「Captured Moment」のリミックスを収録。
  • 『VRUSH UP! #07 -siinamota Tribute-』(U/M/M/A、2014年5月3日発売)
    • 椎名もたの楽曲のリミックスを収録したコンピレーションアルバム。「怪盗・窪園チヨコは絶対ミスらない」のリミックスを担当。
  • 『Memories of GUMI 2009-2013 feat. Megpoid 上巻』(SPUTONIC、2014年6月26日発売)
    • Megpoid発売5周年を記念したベストアルバム。「カムパネルラ」を提供。
  • 『モンスターハンター コンピレーション RE:MIX チップチューン』(カプコン セルピュータレーベル、2014年7月2日発売)
    • ゲームソフト『モンスターハンター』のBGMをチップチューンテイストにリミックスしたコンピレーションアルバム。「胸の高鳴り」~「門出」~「金色の追憶 ~ ケチャワチャ」を担当。
  • 『GINGA vs U/M/A/A presents “有象無象”』(U/M/A/A、2014年7月20日発売)
    • GINGAレーベルとU/M/A/Aレーベルに所属するアーティストが「Summer」をテーマに書き下ろした曲を収録したコンピレーションアルバム。「星屑のイグノートス」を提供。
  • 『初音ミク「マジカルミライ 2014」オフィシャルアルバム』(KARENT、2014年8月6日)
    • 初音ミクのイベント「マジカルミライ2014」の公式アルバム。DECO*27との共作の「39」を提供。
  • 『TVダンス』(avex trax、2014年8月8日発売)
  • 『初音ミク Thank you 1826 Days』(ソニー・ミュージックレーベルズ、2014年9月17日)
    • セガが「初音ミク」をプロデュースしたゲームの5周年を記念した公式アルバム。「ネガポジ*コンティニューズ」を提供。
  • 『REBUILD』(ラストラム・ミュージックエンタテインメント、2014年9月17日発売)
    • サカモト教授のアルバム。sasakure.UKによるアレンジ曲「HOME」を収録。
  • 『ストリートファイター コンピレーション RE:MIX チップチューン』(カプコン セルピュータレーベル、2014年10月1日発売)
    • ゲームソフト『ストリートファイターII』のBGMをチップチューンテイストにリミックスしたコンピレーションアルバム。「春麗」のリミックスを担当。

その他[編集]

  • 『コスモドライバー∞UP』(LOiD、2009年10月28日発売)
  • 初音ミクDVD〜impacts〜』(ソニー・ミュージックダイレクト、2010年2月10日発売)
    • 初音ミクを用いた人気動画作品を集めた映像作品集。「*ハロー、プラネット。」を提供。
  • 『ミクうた、おかわり』(セガ、2010年3月25日発売)
    • PlayStation Portable用リズムアクションゲーム『初音ミク -Project DIVA-』の追加ダウンロードコンテンツ。「*ハロー、プラネット。」のPVを元にした初音ミクが主人公の横スクロールのアクション・ゲームを収録。リズムゲーム用の曲としても収録されている。アクション・ゲームについてはsasakure.UK自ら設定やキャラクターデザイン、BGMなどの監修を行っている[4]
  • 『もっとおかわり、リン・レン ルカ』(セガ、2010年7月1日発売)
    • 『初音ミク -Project DIVA-』の追加ダウンロードコンテンツ。「モバイリ:センセーション(C.A.LLME-EDIT)」、「ワンダーラスト(A.R.MAGE-EDIT)」を提供。
  • 『初音ミク -Project DIVA- extend』(セガ、2011年11月10日発売)
    • ゲーム内でプレイできる楽曲として「*ハロー、プラネット。」を提供。
  • 『セブンスドラゴン2020』(セガ、2011年11月23日発売)
    • 初音ミクによる主題歌「SeventH-HeaveN」の制作を担当[12]。ゲーム内のBGMの初音ミクバージョンの制作も行った[12]。なお、主題歌「SeventH-HeaveN」のフルバージョンはsasakure.UKのセカンドアルバム『幻実アイソーポス』に収録されている[13]
  • 『100%GUMI宣言!-Megpoid VIDEO CLIP COLLECTION + LIVE』(エイベックス・マーケティング、2012年3月14日発売)
    • Megpoidのボーカロイドエンジン(VOCALOID3)の発売を記念した映像作品集。「カムパネルラ」を提供。
  • 『初音ミク -Project DIVA- f』(セガ、2012年8月30日発売)
    • ゲーム内でプレイできる楽曲として「ネガポジ*コンティニューズ」を提供。
  • 『初音ミク -Project DIVA- F』(セガ、2013年3月7日発売)
    • ゲーム内でプレイできる楽曲として「ネガポジ*コンティニューズ」を提供。
  • 『セブンスドラゴン2020-II』(セガ、2013年4月18日発売)
    • 初音ミクによる主題歌「HeavenZ-ArmZ」の制作を担当[14]
  • beatmaniaIIDX 21 SPADA』(コナミデジタルエンタテインメント、2013年11月13日稼働)
    • ゲーム内でプレイできる楽曲として「Atröpøs」を提供。
  • 『恋するデッサン人形』(NHK、2014年1月10日より全3回放送)
    • NHKの番組「青山ワンセグ開発」内で放送されたアニメーション作品。各回のテーマ曲「カラッポカラハート」、「リトルブレイブ」、「ビター・スウィート・ベター」を提供。企画・制作をテレコムスタッフが、アニメーションの脚本・演出・撮影を岡本将徳が手掛けた[15]

出典[編集]

  1. ^ a b 『DTM magazine』第17巻4(通号 195)、寺島情報企画、2010年4月、 108頁。
  2. ^ a b “sasakure.UK、ロックバンド「有形ランペイジ」結成”. BARKS (ITmedia). (2011年12月13日). http://www.barks.jp/news/?id=1000075562 2011年12月15日閲覧。 
  3. ^ a b 『VOCALOIDをたのしもう Vol.4』 ヤマハミュージックメディア、2010年、22頁。ISBN 978-4636852455
  4. ^ a b c d “初音ミクの人気楽曲『*ハロー、プラネット。』を手掛けたsasakure.UK氏にインタビュー”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2010年6月29日). http://www.famitsu.com/game/news/1236970_1124.html 2010年6月29日閲覧。 
  5. ^ “有形ランペイジ、超絶ボカロ楽曲を続々披露”. BARKS (グローバル・プラス). (2012年8月11日). http://www.barks.jp/news/?id=1000082274&ref=rss 2012年10月23日閲覧。 
  6. ^ a b “Megpoidを使用したCDアルバム『ボーカロイドは終末鳥の夢を見るか?』”. BARKS (ITmedia). (2010年3月5日). http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000058957 2010年3月23日閲覧。 
  7. ^ “土岐麻子と読み解く「幻実アイソーポス」”. ナタリー (ナターシャ). (2012年4月11日). http://natalie.mu/music/pp/sasakureuk/page/2 2012年4月12日閲覧。 
  8. ^ a b “sasakure.UK近未来的アルバム「トンデモ未来空奏図」”. ナタリー (ナターシャ). (2013年5月28日). http://natalie.mu/music/news/91570 2013年11月23日閲覧。 
  9. ^ “迷走する音楽ビジネスに活路はあるか【前編】”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). (2011年1月15日). http://ascii.jp/elem/000/000/581/581767/ 2011年4月25日閲覧。 
  10. ^ “初音ミク 5thバースデーアルバム収録曲「39」がファミマCMソングに”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2012年8月9日). http://www.musicman-net.com/artist/19274.html 2012年9月1日閲覧。 
  11. ^ “『「セブンスドラゴン2020&2020-II」初音ミク・アレンジトラックス』“DIVAモード”のサウンドを一挙収録したCDが発売”. ファミ通.COM (エンターブレイン). (2013年7月24日). http://www.famitsu.com/news/201307/24037137.html 2013年11月25日閲覧。 
  12. ^ a b “sasakure.UKさんが主題歌『SeventH-HeaveN』を生披露! PSP用RPG『セブンスドラゴン2020』ステージイベントレポート”. 電撃オンライン (アスキー・メディアワークス). (2011年9月18日). http://news.dengeki.com/elem/000/000/408/408291/ 2011年11月16日閲覧。 
  13. ^ “初音ミクが歌う『セブンスドラゴン2020』主題歌『SeventH-HeaveN』のFull ver.を収録したアルバム『幻実アイソーポス』が発売”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2012年4月11日). http://www.famitsu.com/news/201204/11012931.html 2012年4月12日閲覧。 
  14. ^ “『セブンス ドラゴン2020-II』初音ミクが歌うオープニングテーマ『HeavenZ-ArmZ』が公開”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2013年1月18日). http://www.famitsu.com/news/201301/18027427.html 2013年4月18日閲覧。 
  15. ^ “NHK番組にGUMIがヒロイン役で出演!楽曲はsasakure.UKによる書き下ろし”. ガジェット通信 (日刊VOCALOIDガイド). (2014年1月7日). http://getnews.jp/archives/488539 2014年5月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]