SandForce

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンドフォース
SandForce Inc.
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サラトガ
設立 2006年
事業内容 半導体設計
代表者 代表取締役社長兼CEO:Michael Raam
外部リンク http://www.sandforce.com/
テンプレートを表示

SandForceアメリカのファブレス半導体企業。本社はカリフォルニア州サラトガ。ベンチャーキャピタル投資家により2006年に設立された非上場企業である。投資元はStorm Ventures、Doll Capital Management(DCM)。主な製品は、SSDに搭載されるディスクコントローラー。半導体製造は主にTSMC社に委託している。2012年1月、LSIコーポレーションによる買収完了が発表された。


沿革[編集]

  • 2006年 - 設立。
  • 2009年4月13日 - SSDコントローラー 「SF-1000」を発表。DuraClass technologyのDuraWriteという技術を採用することで、通常のSSDコントローラーに比較して約80倍もの耐久性を持つとされる。[1]
  • 2009年10月 - SSDコントローラー 「SF-1500」シリーズと「SF-1200」シリーズを公開。SF-1500シリーズは接続インターフェースとしてSATA 3.0Gbps/1.5Gbpsをサポートし、最大ディスク容量は512GBで、SLC/eMLC/MLCをサポートする。SF-1200シリーズは、サポートインターフェイスおよび最大ディスク容量はSF-1500シリーズと同様で、ランダム書き込み速度がSF-1500シリーズより低く、セキュリティ関連機能が削減されている。
  • 2009年12月17日 - A-DATAが発売を予定しているSSD製品に同社製コントローラーが搭載されることを発表。[5]
  • 2009年12月24日 - PhotoFastが発売を予定しているSSD製品に同社製コントローラーが搭載されることを発表。[6]
  • 2010年8月7日 - 次世代SSDコントローラー「SF-2000」シリーズを発表。主要なメーカーの20nm~30nmプロセスのNANDフラッシュメモリに対応し、セキュリティ機能が強化され、SASインターフェースに対応したものも含まれる。[7]
  • 2011年2月14日 - SandForce製SSDコントローラーの出荷数100万個を達成する。[8]

事業内容[編集]

  • コンシューマ向け SSDコントローラー設計
  • エンタープライズ向け SSDコントローラー設計

製品[編集]

  • SF-1000シリーズ - 大別してコンシューマ向けのSF-1200シリーズとエンタープライズ向けのSF-1500シリーズが存在し、それぞれに細部が異なる数種類のグレードが設けられている。[9]
  • SF-2000シリーズ - コンシューマ向けのSF-2100及びSF-2200シリーズ、産業用コンピュータ向けのSF-2300シリーズ、エンタープライズ向けのSF-2500及びSF-2600シリーズが存在し、それぞれに細部が異なる数種類のグレードが設けられている。[10]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]