Sachiko M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sachiko M
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 即興音楽
職業 演奏家、作曲家
担当楽器 サンプラー
活動期間 1994年 -
レーベル Extereme、Amoebic、Dorobo Limited Editions、Erstwhile Records、GROB、Improvised Music from Japan
共同作業者 Ground Zero 、Filament、I.S.O.
公式サイト teamsachikom.wix.com/sachiko-m

Sachiko M(サチコ エム)は、日本のサイン波奏者、即興演奏家、作曲家である。本名非公開。

経歴[編集]

劇団の舞台音響としてキャリアをスタート[1]。1994年から1997年まで、大友良英のユニットGround Zeroにサンプラー奏者として参加[2]。1998年の同バンド解散後はサンプリングを放棄。サンプラーにプリセットされたテスト・トーン(サイン波)やスイッチノイズを使った即興演奏を行い、サイン波のみで構成されたソロでヨーロッパで高い評価を受けている。また世界でも類例を見ない極端にミニマルな音楽を追求する[3]

2003年、オーストリア「アルス・エレクトロニカ」において、デジタルミュージック部門ゴールデンニカ賞を受賞[3]

2004年、初のサウンドインスタレーション「I'm Here」を発表[4]。以降、音楽演奏と同時に展覧会でのサウンドインスタレーションにも力を入れている[3]

2004年、大友良英と中村としまるとの共作アルバム『Good Morning Good Night』をリリース[5]

2011年、水戸芸術館「クワイアットアテンションズ展」に出品するも震災で展示は中断。これを受けるかのように、2011年から13年にかけて各地のインディペンデントギャラリーで、複数のイヤホンから流れるミニマルなサイン波と、コントラストの強いモノクロームのデジタル写真による展示「I'm Here -shortstay- traveling exhibition」を展開する[3]

2012年、松本弦人が手がける紙と電子書籍のbccksよりポストカードブック「where we are」文庫本型写真集 「Sachiko M sound installation I'm Here -shortstay-」を発表。アーカイブとしての新書「All about Sachiko M 」を作成中[3]

2013年3月、世田谷パブリックシアターにて客席と舞台を反転した作品「Filaments Orchestra」を発表[6]

連続テレビ小説あまちゃん』の挿入歌「暦の上ではディセンバー」や「潮騒のメモリー」を共同で作曲し[7][8]、「潮騒のメモリー」では大友良英とともに第55回日本レコード大賞作曲賞を受賞した[9]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Sine Wave Solo(1999年)
  • I.S.O. (1999年) - 一楽儀光大友良英との共作
  • Filament 1 (1999年) - 大友良英との共作
  • Four Focuses(1999年) - Martin TétreaultとYasuhiro Otaniと大友良英との共作
  • Do(2001年) - 中村としまるとの共作
  • In Case of Fire Take the Stairs(2002年) - Kaffe MatthewsとAndrea Neumannとの共作
  • Artefact(2002年) - Philip Samartzisとの共作
  • AstroTwin and Cosmos(2002年) - 吉田アミとの共作
  • Absinth(2002年) - Werner DafeldeckerとFranz HautzingerとJohn Tilburyとの共作
  • Good Morning Good Night(2004年) - 大友良英と中村としまるとの共作
  • Concert in St. Louis(2004年) - Gene ColemanとFranz Hautzingerと大友良英との共作
  • Barさちこ(2004年)
  • Filament BOX (2004年)- 大友良英との共作
  • Salon de Sachiko(2007年)
  • Contact(2009年) - Keith Roweとの共作
  • Allurements of the Ellipsoid(2010年) - 大友良英、Axel Dörner、Martin Brandlmayr との共作
  • Snow, Silence, Partially Sunny(2012年) - 坂本龍一との共作

EP[編集]

  • Debris(1999年)
  • Detect(2000年)
  • 1:2(2003年)
  • I'm Here ..departures..(2009年)

写真集[編集]

  • where we are(2012年)
  • Sachiko M sound installation -shortstay-(2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 「あまちゃん」挿入歌 Sachikoさんが展示会”. 神戸新聞NEXT (2013年5月30日). 2013年11月16日閲覧。
  2. ^ Edwin Michael Richards; Kazuko Tanosaki (2008). Music of Japan Today. Cambridge Scholars. p. 233. 
  3. ^ a b c d e teamsachikom (2013). All about Sachiko M intro. teamsachikom出版. http://bccks.jp/bcck/115829/info. 
  4. ^ Exhibitions - Sachiko M”. P-hour. 2013年11月16日閲覧。
  5. ^ Leone, Dominique (2004年5月13日). “Sachiko M / Otomo Yoshihide / Toshimaru Nakamura: Good Morning Good Night”. Pitchfork Media. 2013年11月12日閲覧。
  6. ^ Filaments Orchestra”. SETENV. 2013年11月16日閲覧。
  7. ^ あまちゃん:新挿入歌「暦の上ではディセンバー」はクドカンが3分で作詞 ラップもあり”. 毎日新聞社 (2013年6月28日). 2013年11月16日閲覧。
  8. ^ 【オリコン】じぇじぇ! 「潮騒のメモリー」が2位 小泉今日子、20年半ぶりTOP3入り”. オリコン (2013年8月6日). 2013年11月16日閲覧。
  9. ^ 大友良英、あまちゃんOP&潮騒のメモリーでレコ大作曲賞”. ナタリー (2013年12月10日). 2013年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]