SYUFO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SYUFO(しゅうほう、1954年昭和29年〉4月7日 - )は、日本漫画家である。媒体制作活動の基礎とする分野では旧来のペンネームである板橋 しゅうほう(いたはし しゅうほう)を用いる。 本名は板橋 秀法(いたはし ひでのり)。滋賀県生まれ[1]京都市立芸術大学日本画科卒業[1]

来歴[編集]

大学在学中であった1976年(昭和51年)、アニメ雑誌月刊OUT』誌上にてデビュー[1]SFアクション漫画を得意とする[2]1981年(昭和56年)には少年向け漫画雑誌週刊少年ジャンプ』(集英社)で発表した「いたはししゅうほうとアルゴノウツ」名義作品「ラッキールートへランナウェイ」で第21回手塚賞準入選を受賞している[1]

2014年現在は、SYUFO名義でウェブコミックを中心に作品を発表している[1]ほか、板橋しゅうほう名義で京都精華大学マンガ学部マンガ学科および大学院マンガ研究科の教授も務めている[1]

人物・エピソード[編集]

  • 幼少期に図書館に務めていた祖父母が展示されなくなった洋書の絵本やアメリカンコミックを持ち帰っていたことから、日本の漫画よりアメコミに親しむようになった[2]
  • イラストレーターの開田裕治‎やキャラクターデザイナーの久保宗雄は大学時代の同級生であった[3][2]。『スパイダーマン』や『バトルフィーバーJ』への参加は企画者104へ入社した久保からの繋がりによるものであった[2]
  • 大学時代は自ら初代部長となって漫画研究会を設立し、黎明期のコミックマーケットに同人誌を出品していた[2]。この同人誌をみのり書房に務めていた聖咲奇が購読していたことがきっかけで、同社の雑誌『オカルト時代』のイラストを担当するようになり、デビューへとつながっていった[2]
  • 『ベイルココーン』の連載も『月刊OUT』の創刊に際して聖から声をかけられたことによる[2]。大学卒業を控えていたため3回程度のつもりであったが、連載が続いたことから執筆のため上京することとなった[2]
  • 1980年頃に体調を崩し東京から関西の実家へ戻った[2]。その後も漫画家としての活動は続けたが、東映でのキャラクターデザインからは離れることとなった[2]

作品リスト[編集]

  • ペイルココーン :1977- 1978年11月、アニメ雑誌『月刊OUT』(みのり書房)に掲載されたデビュー作品[1]
  • アイ・シティ :全2巻。近未来超能力SFOVA化および劇場アニメ化されている[1]
  • Hey! ギャモン
  • エイリアンクラッシュ
  • ヘクトパスカルズ
  • 妖術本舗
  • パパキングママジェット
  • DAVID
  • シルベスター
  • グランドメーカー
  • スリック・スター
  • That's 荒神 ザッツアラジン 傑作短編集、大都社、1997年。
  • ラッキールートへランナウェイ
  • セブンブリッジ
  • 凱羅(がいら)
  • FUNKY GUTSMAN !
  • G-CUP :『コミック・ガンボ』掲載。全2巻予定であったが、出版社の倒産により、第2巻は未発売となった。
  • ザ☆ウルトラマン :雑誌『小学五年生』 1979年5月号- 11月号。
  • 化虎 -KETORA- :ウェブコミック誌e-manga』掲載。未単行本化。

キャラクターデザイン[編集]

イラスト[編集]

  • 『エキセントリック・サウンド・オブ・スパイダーマン』(『スパイダーマン』サウンドトラックLP)ジャケット
CDでは著作権上の問題から、表面は楽譜の写真に、裏面は番組のタイトル画面の画像に差し替えられている。
  • 『組曲 バトルフィーバーJ』(『バトルフィーバーJ』サウンドトラックLP)ジャケット
のちに『バトルフィーバーJ MUSIC COLLECTION』のジャケットにも流用されている。

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 板橋しゅうほう - 教員紹介 - 京都精華大学
  2. ^ a b c d e f g h i j 「DESIGNER'S INTERVIEW03 板橋しゅうほう」『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995』 グライドメディア、2011年12月15日、91頁。ISBN 978-4813021636
  3. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年、433頁。ISBN 4-7669-0962-3

外部リンク[編集]