SUSE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SUSE(スーゼ)は、Linuxディストリビューターで世界第2位のマーケットシェアを占めたドイツの企業であった。緑のカメレオンのロゴで知られるLinuxディストリビューション SUSE Linux(S.u.S.E. Linux)はドイツを中心としたヨーロッパで多く使用されていた。

2004年1月13日アメリカ合衆国ノベルによる買収手続の完了によって同社の一部門となった。

2010年にノベルが Attachmate 社に買収され、SUSE は独立事業部門としてスピンアウトした[1]

社名はドイツ語Software- und System-Entwicklung(ソフトウェアおよびシステム開発)の略称であり、以前は「S.u.S.E.」と表記していたが1998年10月に「SuSE」とピリオドが省略された。ノベルによる買収手続きの完了と同時に現在の「SUSE」の表記となる。

また非公式ながら、SUSEの名称はコンピュータのパイオニアの一人でドイツ人のコンラート・ツーゼ(Zuse)へのオマージュといわれることもある[要出典]

SUSE Linuxについて[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Attachmate Corporation Statement on openSUSE project”. 2011年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]