SUPER-UX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SUPER-UXとは、NECのスーパーコンピュータSXシリーズUNIXベース(SystemVベース)のOSのこと。 当初、SXシリーズはNECの汎用機ACOS-4のベクトル処理強化機という扱いであり、OSもACOS4の強化OSであったSX-OSを使用していた。 しかしSX-3提供の際、各国立大学の研究者やユーザからの強い要望により、当時では比較的早くUNIX系OSを採用し、SUPER-UXと名付けられた。

ベースは元々SystemV Release3で、4.3BSDの機能とネットワーク関係強化をされたものだったが、安価/高性能ということでNECスパコンのシェアを大幅に上げたSX-4の対応においてSVR4.2MP対応され、スレッド機能も使用できるようになり、より並列度が上がるように、粒度を向上したり、アトミック命令が追加されている。

04年までスパコンランキングTop500で1位であった地球シミュレータのOSも、このSUPER-UXである。

一般のUNIX-OSのラウンドロビン方式スケジューリングだけでなく、優先度の高い計算処理にCPU資源を強制的に割り当てるギャングスケジュール機能を搭載しており、カナダ気象庁などで気象予報に利用されている。

外部リンク[編集]