STXグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

STXグループSTX그룹、英語:STX Group)は韓国慶尚南道釜山近く)に本拠を置く産業グループで、おもに造船業を主としている。もともとサンヨン(双龍)重工業として創業したが、その後アジア通貨危機で双龍グループが解体され、双龍重工業を改名し、STXグループが発足した。2014年時点で世界有数の造船企業・ STX造船海洋を持ち、ヨーロッパアジアの諸国に造船所を持っている企業グループであるが、主力のSTX造船海洋が造船不況により深刻な資本不足に陥り、2014年4月には上場廃止となるなど[1]、グループ企業の不振を受け、2013年5月より資金繰りが悪化し債権銀行団の管理下入りをしている。

歴史[編集]

  • 1976年12月、サンヨン(双竜)重工業がスタート
  • 2001年6月、STX(英語でSystem Technology eXcellenceの略)と名称変更
  • 2004年4月、STX持株会社(朝鮮語: STX출범英語:STX Corporation)を設立
  • 2013年5月、資金繰りが悪化し債権銀行団の管理下入り[2]

グループ会社[編集]

グループ会社は次の通り:

  • STX建設
  • STX造船海洋(1962年1月、大韓造船としてスタート 2014年4月上場廃止)
  • STXエンジン
  • STX重工業(1976年12月、サンヨン重工業としてスタート)
  • STXエネルギー(1984年12月、サンダン・エネルギーとしてスタート)
  • STXパン・オーシャン(1966年5月、スタート 2013年6月倒産)
  • 株式会社STX
  • STXヨーロッパ
  • STXスル(エンパコ)

売上の推移[編集]

最近の総売上の推移は次の通り:。

  • 2006年、8.0億米ドル
  • 2007年、17.4億米ドル
  • 2008年、24.0億米ドル(28.2兆ウォン

STX造船[編集]

造船に関しては、現在船舶の建造量で世界をリードする韓国の造船企業の五指に入り、特にヨーロッパノルウェー)とアジア中国大連長興島ベトナムインドネシア)などの外国に造船所持っているか、作っているのが特徴である[3]

日本とも関係は深く、日本海事協会と40万トン級の超大型鉱石運搬船(VLOC)の共同研究・開発について協定を行なっている[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]