SNCAC NC 1080

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SNCAC NC 1080

SNCAC NC.1080 prototype 1950.jpg

SNCAC NC 1080は、1949年7月29日に初飛行したフランス艦上戦闘機の試作機である。1950年4月10日に発生した原因不明の事故の後に開発は中止され、この設計の目的としていた競作は最終的には決まらず、1952年フランス海軍航空隊デ・ハビランド シーベノムを採用した。

設計と開発[編集]

この計画は元々SNCACの出資で、Pillon技師の指導の下アルセナル VG 90ノール 2200に対抗する単座の艦上戦闘機を製作する目的で始まった。1949年7月29日に初飛行を行ったが、直ぐにスポイラー水平尾翼の操作に問題があることが判明した[1]。SNCACが解散する一方で、本機の試験はブレティニーヴィラロッシュで独自に実施された[1]1950年4月10日のPierre Gallay操縦での試験飛行中に原因不明の墜落事故を起こし、以降の開発は直ぐに中止された[2]が、機体は修復不可能なほどの損傷を負っていた[1]

NC.1080は推力2,268 kgのロールス・ロイス ニーン ターボジェットエンジンを搭載し、3門の30 mm 機関砲を装備可能なように設計されており[1]、機体は全金属製の低翼単葉機であった。

要目[編集]

出典: The Complete Book of Fighters [1]

諸元

性能

  • 最大速度: 978 km/h (529 knots) 608 mph at 5,000 m (29,500 ft)
  • 航続距離: 1,550 km (837 海里) 963 mi
  • 実用上昇限度: 13.000 m (42,640 ft)
  • 上昇率: 25 m/s (4,920 ft/min)

武装

  • 固定武装: 3 × 30 mm 機関砲(計画)
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Green and Swanborough 1994, p.11.
  2. ^ SNCAC NC-1080” (French). www.aviafrance.com. 2009年6月13日閲覧。
  • Green, W. & Swanborough, G. (1994). The Complete Book of Fighters. London: Salamander Books. ISBN 1-85833-777-1

外部リンク[編集]