SK105キュラシェーア軽戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SK105 キュラシェーア軽戦車
GuentherZ 2006-08 12 0891 Jagdpanzer Kuerassier OeBH.jpg
SK105 キュラシェーア軽戦車
性能諸元
全長 7.735m
車体長 5.582m
全幅 2.5m
全高 2.529m
重量 17.7 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 70 km/h 後退時7.36km/h
行動距離 500 km 積載燃料 420リットル
主砲 105 mm ライフル砲 積載砲弾数42
副武装 7.62mm機関銃x1挺 積載弾丸数2000発
装甲 40 mm[要出典])
エンジン ステアー7FA 6気筒水冷ディーゼルエンジン
320HP/2300rpm ギア= オートマチック 前進6段 後退1段
乗員 3 名
以上の主要諸元の数字で装甲厚以外についてはジェーン年鑑 Jane's Armour and Artillery 2011-2012 p.196より[1]
テンプレートを表示

SK105キュラシェーアKürassierドイツ語胸甲騎兵の意味、Cuirassier:英語読みでキュラシェーア)は、オーストリアがフランス製のAMX-13軽戦車を基にザウアー社(現シュタイア・ダイムラー・プフ社)が開発した軽戦車である。

概要[編集]

SK105軽戦車は、フランス製のAMX-13軽戦車を参考に設計されており、砲塔上部が主砲の仰俯角に合わせて揺動する砲塔[2]や、回転シリンダー式の自動装填装置もほぼ同一の設計である。ただし、車体に関してはAMX-13は車体前部にエンジンを搭載しているが、SK105は車体後部にエンジンを搭載している[2]

1967年に試作車が完成し、オーストリア陸軍で採用されたほか、各国に輸出された[2]。装甲回収車型や装甲作業車型も開発されている[2]

採用国[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ジェーン年鑑 「Jane's Armour and Artillery 2011-2012」Jane’s Pub. Co. p.196
  2. ^ a b c d 世界の戦車と自走砲/ミサイル 1985-1986,P115,サンデーアート社,1985年