SEGA×BLEACHプロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SEGA×BLEACHプロジェクト』(セガ×ブリーチプロジェクト)は、久保帯人作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『BLEACH』を題材とするセガ発売のゲームの総称である。

概要[編集]

SCEハードにおけるBLEACHのゲームは、SCEが一貫して制作しているように、任天堂ハードにおけるBLEACHのゲームは、セガが一貫して制作している。2005年よりスタートした。

シリーズ[編集]

BLEACH アドバンス 紅に染まる尸魂界[編集]

ゲームボーイアドバンス用ソフト。2005年7月21日発売。

内容はコマンドアクションバトル。

ストーリーは尸魂界潜入篇が舞台となっており、円乗寺辰房や一貫坂慈楼坊など、以降の作品ではほとんど登場しないマイナーキャラが使用できるのも特徴。

BLEACH GC 黄昏にまみえる死神[編集]

ニンテンドーゲームキューブ用ソフト。2005年12月8日発売。

ゲーム内容は1対1の対戦格闘アクション。

ストーリーモードで描かれているのは、尸魂界救出篇の白哉との最終決戦までであるが、隠しキャラとして「本性の藍染」(眼鏡を外した状態)が登場している。同じく隠しキャラとして「素顔の狛村」も登場しているが、原作と異なり毛並の色が灰色になっている。ルキアの斬魄刀「袖白雪」は単行本収録に先駆けて登場した。

主題歌は「マイ☆ラバ」。歌はアニメ第3期エンディングを担当したユンナ

ゲームキューブのサードパーティー製ソフトの中で、ゲームキューブに独占供給されたのは、このソフトが最後となった。

BLEACH DS 蒼天にかける運命[編集]

ニンテンドーDS用ソフト。2006年1月26日発売。

BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲[編集]

Wii用ソフト。2006年12月14日発売。

ゲーム内容はGC版と同様、1対1の対戦格闘アクションであるが、操作方法が大きく異なり、攻撃は全てWiiリモコンのモーションセンサーを利用する。Wiiリモコンを横に振れば「横斬り」、縦に振れば「縦斬り」、前方に押し出せば「突き」と、ゲーム中のキャラとシンクロすることができる。

この作品より破面が登場。ストーリーモードは尸魂界篇終了後のオリジナルストーリーが描かれており、ラスボスとして本作オリジナルのキャラクター、アルトゥロ・プラテアドが登場している。

BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌[編集]

ニンテンドーDS用ソフト。2007年2月15日発売。

BLEACH The 3rd Phantom[編集]

ニンテンドーDS用ソフト。2008年6月26日発売。

BLEACH バーサス・クルセイド[編集]

Wii用ソフト。2008年12月18日発売。

ゲーム内容は3Dマルチ対戦アクションであり、DS版を手掛けたトレジャーが開発を担当する。

破面編がメインで描かれる「クロニクル」では、条件を満たす事により本編とは違う展開になるIfストーリーへと進む事がある。またストーリーには関わらないが、アニメオリジナルキャラである天貝繍助もプレイヤーキャラとして登場する。

BLEACH DS 4th:フレイムブリンガー[編集]

ニンテンドーDS用ソフト。2009年8月6日発売。ジャンルはアクション。

2画面をフルに使って描かれるゲームシステムも特徴。

初回封入特典として、『SOUL CARD BATTLE』のゲームオリジナルデザインカードを同梱。

外部リンク[編集]