SADA〜戯作・阿部定の生涯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SADA〜戯作・阿部定の生涯』(サダ ぎさく・あべさだのしょうがい)は1998年日本映画

戦前の日本を震撼させた『阿部定事件』を描いたドラマ。過去にも日活ロマンポルノや大島渚の『愛のコリーダ』が有名だが、今回は大林宣彦黒木瞳片岡鶴太郎で映画化。48回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。

あらすじ[編集]

神田の畳屋の阿部家の娘である定(黒木瞳)は、14歳の時、慶應ボーイの斉藤に処女を奪われる。そんな定を慰めたのが医学生の岡田(椎名桔平)で、定は岡田に恋をしてしまった。しかし、彼はハンセン氏病で、定の手に医療用ナイフを残して姿を消してしまった。芸者から売春婦になった定は各地を転々とし、やがてパトロンの立花の薦めで料亭「きく本」に住み込みで働き出す。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]