S/2000 (1998 WW31) 1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「S/2000 (1998 WW31) 1」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
S/2000 (1998 WW31) 1
Artist's impression of 1998 WW31.jpg
S/2000 (1998 WW31) 1と主星の想像図。
仮符号・別名 S/2000 (1998 WW31) 1[1]
分類 小惑星の衛星[2]
発見
発見年 2000年12月23日[1]
発見者 Alain Doressoundiram
Christian Veillet[1]
軌道要素と性質
元期:JD 2452300.5[2]
軌道長半径 (a) 22300 ± 800 km[2]
離心率 (e) 0.817 ± 0.05[2]
公転周期 (P) 574 ± 10 日[2]
軌道傾斜角 (i) 41.7 ± 7 度[2]
近日点引数 (ω) 235.8 ± 7 度[2]
昇交点黄経 (Ω) 94.3 ± 8 度[2]
平均近点角 (M) 43.4 ± 4 度[2]
1998 WW31の衛星
物理的性質
直径 110 ± 12 km[2]
色指数 (R-J) 0.98 ± 0.21[2]
色指数 (J-H) 1.13 ± 0.23[2]
色指数 (H-K) -0.24 ± 0.38[2]
■Project ■Template

S/2000 (1998 WW31) 1とは、キュビワノ族に属する太陽系外縁天体1998 WW31を公転する衛星である[2]

発見[編集]

S/2000 (1998 WW31) 1は、主星である1998 WW31の発見の2年後である2000年12月23日に発見された。1998 WW31は発見当初の画像では、単なる細長い形状をした天体としか撮影されていなかったが、2000年の画像では、はっきりと2つの天体に分離できたことから、1998 WW31の衛星として発見された[1]。これは冥王星以降で発見された最初の小惑星の衛星である。

性質[編集]

S/2000 (1998 WW31) 1は、直径が約110kmと推定されている。1998 WW31の直径は約133kmであり、S/2000 (1998 WW31) 1は1998 WW31の約83%もの直径を持つ巨大な衛星である。そのため、1998 WW31とS/2000 (1998 WW31) 1は、主星と伴星というよりは、二重小惑星の関係にあるといえる[2]

S/2000 (1998 WW31) 1と1998 WW31との距離は約22300kmであり、1998 WW31の直径の約170倍しか離れていない。S/2000 (1998 WW31) 1はこの軌道を約574日かけて公転している。また、離心率は約0.817とかなりゆがんだ楕円軌道であり、近点では1998 WW31から約4100kmまで近づく[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Discovery of a satellite around the transneptunian object 1998 WW31 Paris Obasrvatory
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 1998 WW31 and S/2000 (1998 WW31) 1 Johnston's Archive

関連項目[編集]