S.O.B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S.O.B
基本情報
別名 Sabotage Organized Barbarian
出身地 日本の旗 日本 大阪
ジャンル ハードコア・パンク
スラッシュコア
デスメタル
エクスペリメンタル・ハードコア
活動期間 1985年 -
レーベル SELFISH RECORDS
SOUNDS OF BURIAL RECORDS
NAC RECORDS
トイズファクトリー
東芝EMI
メンバー
YASUE (ドラムス
TOSHIMI (ギター
KAWATAKA (ベース
ETSUSHI (ボーカル
旧メンバー
TOTTSUAN (ボーカル)
TUNK (ベース)
KAS (ギター)
KINN (ドラムス)
NAOTO (ベース、ボーカル)
ITOH (キーボード
YASUDA (ギター)
KATSUMI (ギター)

S.O.B(エス・オー・ビー)は、日本のハードコア・パンクバンド。 ナパーム・デス(NAPALM DEATH)ブルータル・トゥルース(BRUTAL TRUTH)等のグラインドコアバンドに多大な影響を与えた。

S.O.BはSabotage Organized Barbarian(サボタージ・オーガナイズド・バーバリアン)の略称であるがこの呼び名で呼ばれることはほとんどない。バンド名をつけたのはTOTTSUANで、結成当時、略語のアルファベットを並べたバンド名で考えていて、元々SOBというスラングが意味するところのSon Of a BitchからとってS.O.Bと言うバンド名にした。ただそのままだと面白くないと言う理由で、「Sabotage Organized Barbarian」の略=S.O.Bとした。最初にリリースした1stDEMO TAPEのタイトルは「Sabotage Organized barbarian」である。 後年のインタビューで「今年の海外での活動も考え、敢えて意味を変えた」とあるが、特段大きな理由は無かった。


なお SxOxB と表記することも多く、1993年(平成5年)以降はほぼこちらの表記となっている。

概要[編集]

バンドリーダーのTOTTSUANは、S.O.B結成以前はSKINHEADで、結成極初期はそれほどスピードも速くない、US-UK系のハードコアパンクに触発されたバンドであった。オムニバス「LAST PUNK OSAKA」の前のデモは、このオムニバスに収録されている曲と比べても、オーソドックスな、スピードもそれなりの構成だった。

オリジナルメンバーのTUNKが「OUTO(オウト)」に正式加入する事になってしまったため、TOTTSUANはメンバーを固定させ、サウンド面での進化を考えて、全パートを再選考する事にした。 以前より目をつけていた、京都で少し前に解散していた「THE BONES(ザ・ボーンズ)」のTOSHIMI、同じく京都の「SELTIC FROSTセルティックフロスト)」をやっていたYASUE、スケートボードショップ「VIOLENT GRIND大阪店」でバイトしていて、「BRUTUS(ブルータス)」で活動していたNAOTOに声をかけ、新体制を確立。

このラインナップでの1st 7"EP「LEAVE ME ALONE」がS.O.Bを一躍有名にした。 YASUEが当時掛け持ちしていたSELTIC FROSTはかなり早いドラムリズムであったため、サウンド全体の加速は著しかった。ギグでの実際の演奏も、初期ラインナップと比べ物にならない速さになった。 YASUEはS.O.B加入後もメンバーを探して「SELTIC FROSTセルティックフロスト)」を継続させてはいたが、暫くしてS.O.Bに専念すべく、活動を停止させた。

スケートボードとの音楽的なマッチングもよく、大阪ハードコア代表としてOUTOと肩を並べる存在になって行った。

1987年(昭和62年)、「NAPALM DEATHナパーム・デス)」の1st LPのTHANXリストにS.O.Bの名前を見つけたTOTTSUANが、当時のボーカルであったLEE DORIAN(リー・ドリアン)と交流が始まり、日本・英国を含むヨーロッパツアーが実現。「EARACHE RECORDSイアー・エイク・レコーズ)」所属のバンドとの接触も増えた。

同時期、NAOTOが「RISE FROM THE DEADライズ・フロム・ザ・デッド)」結成のため脱退。「DANCE MACABRAダンス・マカブラ)」のKAWATAKAが加入。

当時のTOTTSUANとYASUEの方向性がデスメタルで合致しており、スピードよりもヘビーなサウンドへ変化。(WHAT'S THE TRUTH(2nd Album)からトイズファクトリー移籍後の2枚のアルバム)

しかし、バンドのリーダーであったTOTTSUANが、電車への飛び込み自殺により1995年(平成7年)死去。ちなみに自殺の理由だが、有力な説として、TOTTSUANが薬物で警察に捕まった際に、警察の取り調べに屈して入手ルートや購入者の名前を警察に明かしてしまい、多くの知り合いに迷惑を掛けた上に、薬物を取り扱う組織からも報復を示唆され、精神的に参ってしまったためと言われている。また、慢性的な薬物の摂取により完全な中毒状態であったが、警察に捕まって以降、薬物の入手が困難になり、禁断症状からひどい鬱状態に陥っていたとの話もある。常習していた薬物は主にコカインであったと言われている。音楽的指向がデスメタルであったにも関わらず、ポジティブな歌詞が多いのはその影響が強かったためという人もいる。

不測の事態になり、一時期解散も危ぶまれたが、YASUEが後を引き継ぎリーダーとなり、初期のベース、当時(現在)RISE FROM THE DEADのNAOTOを再加入させて始動。

元OUTOのKATSUMIも迎えた「DUB GRIND」では、初期S.O.Bと後期RISE FROM THE DEADを足して2で割ったようなサウンドであり、初期のS.O.Bを知る者と後期デスメタル化したS.O.Bから知る者とでは評価が分かれた。短期間ではあるが一時期はシンセサイザーのメンバーも加入していた。

2000年(平成12年)、NAOTOがRISE FROM THE DEADに専念するため、再び脱退。

YASUEは新しいボーカルを各方面で探し、新体制で初期音源のセルフカバーを発表。

現在の活動はあまり活発ではないが、サウンドはVICIOUS WORLD発表時期のデスメタルに戻っている。

略歴[編集]

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

TOTTSUANが亡き今、オリジナルメンバーは不在。 初期メンバーのYASUEが現在のS.O.Bのリーダーである。

元メンバー[編集]

  • Vocals:TOTTSUAN (1995年(平成7年)死去。バンド創始者)
  • Bass(1985~1986):TUNK (HALF YEARSOUTOK.G.G.M。現在は音楽活動はしていない)
  • Guitar(1985~1986):KAS (K.G.G.M。現在は元OUTOのミッチュンと共にKAS69で活動中)
  • Drums(1985~1986):KINN(NOT MEは KINNがS.O.B脱退直前に 作曲 提供した作品である 現在レゲエドラマーとして活動中)
  • Keyboard(1994~1997):ITOH(VICIOUS WORLDリリースの1994年(平成6年)より参加。現在の状況は不明)
  • Bass(1986~1989)+ Vocals(1996~2000):NAOTO (BRUTUS。現在はRISE FROM THE DEADで活動中)
  • Guitar(1997):YASUDA(TOSHIMIが活動できない時期に一時加入。音源は残していない)
  • Guitar(1998~2000):KATSUMI(OUTO。TOSHIMIが活動できない時期に加入。現在はSOLMANIAで活動)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 1987年 Don't Be Swindle (SELFISH RECORDS 12")
  • 1990年 What's The Truth? (SELFISH RECORDS CD, RISE ABOVE RECORDS CD/12", TOYS FACTORY CD)
  • 1993年 Gate Of Doom (トイズファクトリー CD)
  • 1994年 Vicious World (トイズファクトリー CD)
  • 1999年 Dub Grind (SPECIALIZED FACT CD/12"/Limited 300set 12" BOX クリアーブルー)

○What's The Truth? は3レーベルからリリースされている。 1)SELFISH RECORDSからは、10曲のみのオリジナルでCDのみリリース。 2)RISE ABOVEからは、オリジナル10曲とThrash NightのNAPALM DEATHカバー曲を除きプラスして収録。ジャケットの色身が若干異なる。またWhat's The Truth?はLPもあるが、そのLPはこのRISE ABOVE盤のみである。 3)トイズファクトリーからは、オリジナル10曲とSOUND OF BURIAL RECORDSリリースのNAPALM DEATHスプリットと無料配布 FLEXIの曲をプラスして収録。

○Vicious World(トイズファクトリー盤)は、紙ジャケットと通常版があり、通常版の方がプレス数は少ない。紙ジャケット版内のイメージは非常に凝った作りとなっているが、ヴィジュアル系バンドを多く手がけるデザイナーがデザインしたらしく、S.O.B本人達はインタビューでその出来を不本意と語っている。

○Dub Grindの限定300BOXは、クリアブルービニールの12"と特典7"(ライブ)、特殊LYRICシート、ターンテーブルマット(緑かオレンジのうちどちらかを同梱)、バッジ2種をセット。ジャケットデザインも特別なものになっている。

シングル[編集]

  • 1986年 Leave Me Alone(SELFISH RECORDS 7"/12")
  • 1989年 split w/ナパーム・デス(SOUNDS OF BURIAL RECORDS FLEXI 7"/少数制作の通常 7")
  • 1989年 Thrash Night(RISE ABOVE RECORDS 7" )
  • 1990年 UK & EUROPEAN TOUR(SOUNDS OF BURIAL RECORDS 7")
  • 1990年 SOUNDS OF BURIAL PRESENTS(SOUNDS OF BURIAL RECORDS FLEXI 7")
  • 1999年 Dub Grind SET EP(SPECIALIZED FACT 7" クリアーブルーとワインレッドもありEP。上記DUB GRIND限定版のみ同梱。未CD化音源)

デモ[編集]

  • 1985年 SABOTAGE ORGANIZED BARBARIAN(オリジナルメンバーで極少数制作されたテープ。未アナログ、未CD化音源)
  • 1986年 WESTERN KIDS OMNIBUS 2 (COKE)[S.O.B ,DITHER ,BRUTUS]同タイトルのイベントで配布されたデモ(S.O.Bは2曲参加)

ベスト[編集]

  • 1991年 Don't Be Swindle + Leave Me Alone(SELFISH RECORDS CD)
  • 1993年 Don't Be Swindle + Leave Me Alone(トイズファクトリー CD)
  • 2003年 Still Grind Attitude(東芝EMI CD)

コンピレーション[編集]

  • 1986年 V.A. / Last Punk Osaka(BEGGARS CONNECTION 12" 未CD化音源)
  • 1986年 V.A. / 消毒GIG 3DAYS(SELFISH RECORDS 12" 未CD化音源)
  • 1987年 V.A. / PASMORT OMNIBUS(PASMORT RECORDS 7"+FLEXI 7" 未CD化音源)
  • 1987年 V.A. / MY MEAT'S YOUR POISON(加害妄想 RECORDS 12" 未CD化音源)
  • 1988年 V.A. / Eye 0f The Thrash Guerrilla(SELFISH RECORDS 12" 未CD化音源)
  • 1990年 V.A. / TASTE OF WILD WEST.1(徳間ジャパンコミュニケーションズ CD)
  • 1993年 V.A. / YAMAIKO(トイズファクトリー CD)
  • 1996年 V.A. / THE CHRISTMAS ALBUM (KYUUN SONY ※ソニー・ミュージック CD)
  • 1996年 V.A. / POISON JUNKY (ソニー・ミュージック CD)
  • 1998年 V.A. / 10TEMPLATES (日本クラウン CD)
  • 1999年 V.A. / RADIATE(SPECIALIZED FACT 12"/CD)
  • 2003年 V.A. / PROJECT M@SSIVE~万引きシバク!~(東芝EMI CD)

ビデオ[編集]

  • 1988年 V.A. / CORETIC ROCK BOUT (MCR COMPANY VHS)
  • 1989年 V.A. / COMPLETE DEATH LIVE (ビクターエンタテインメント VHS)
  • 1990年 V.A. / BURNING WILD WEST(JICC Publishing VHS)
  • 1999年 V.A. / SATANARBEIT 2nd ANNIVERSARY(SPECIALIZED FACT VHS)
  • 2000年 S.O.B / history of ...SxOxB(SPECIALIZED FACT VHS)
  • 2003年 Still Grind Attitude販売促進非売品ビデオ(新体制での新宿LOFTでのライブが10分ほど収録されているもの。一部店舗でStill Grind Attitudeを購入すると特典として貰えた。virgin japan VHS)

ブートレッグ[編集]

  • 1990年頃 split w/OUTO(CORETIC RECORDS 7"EP 上記COMPLETE DEATH LIVEと同じ豊島公会堂での音源。手書きでナンバリングあり。ジャケットはピンク、ブルー、その他。当時、アメリカ村にあったWOODSTOCKで最初におかれ、日本で製造されたと噂になり、物議を醸した)
  • 1991年頃 S.O.B (osaka mon amour 7"ep Last Punk Osakaの音源。ジャケットはSOB階段の写真を流用)
  • 1993年頃 THE PEEL SESSION (7"EP 英国BBCラジオでの音源。what's the truth収録曲のスタジオライブが収録されている)
  • 199X年 split w/ナパーム・デス(7" 極少数で作成されたオリジナルの7"とは違い、レコードラベル面が稚拙な作り。また回転数に狂いがあるものもある)
  • 199X年 Symphonies Of Brutality (LP。主にヨーロッパで流通。Last Punk Osakaやsplit with napalm deathの曲を収録)
  • 200X年 S.O.B(CD ジャケットはNAPALM DEATHとのスプリットを使用。グリーン。初期の音源の詰め込み)
  • 200X年 S.O.B(7" ジャケットはNAPALM DEATHとのスプリットを使用。B面は無料配布のFLEXI 7"の2曲)

ブートレッグはジャケット含めて粗悪品であった事と、当然ながらメンバーの許諾も無いため、TOTTSUAN、YASUEも否定的であったが、インタビューでは海外へ行くとお土産として自分達のブートレッグを買ってくるとも言っていた。 「THE PEEL SESSION」以外の音源は現在では公式に入手出来るため、特別に価値がある物ではない。

その他[編集]

  • 1988年 SOB階段 / Noise Violence and Destroy (ALCHEMY RECORDS 12"/CD)
  • 1989年 SOB階段 / Noise Violence and Destroy (ALCHEMY RECORDS VHS)