S&W M76

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Smiss & Wesson M76
概要
種類 短機関銃
製造国 アメリカ合衆国
設計・製造 スミス&ウェッソン
性能
口径 9mm
銃身長 205mm
ライフリング 6条 / 右回り
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 14 / 24 / 36発
作動方式 シンプル・ブローバック方式
オープン・ボルト撃発
全長 512mm(ストック展開時772mm)
重量 3.700kg(弾倉含む)
発射速度 720発/分

S&W M76(スミス・アンド・ウェッソン モデル76)は、アメリカ合衆国スミス&ウェッソン社が開発、製造した短機関銃である。

開発[編集]

原型の カールグスタフm/45

S&W M76が開発される以前、アメリカ海軍特殊部隊であるSEALsスウェーデン製のカールグスタフm/45を作戦に用いていた。m/45はSwedish-Knife(略してSwedish-Kとも)として好評であった。

しかし、アメリカ政府がベトナム戦争に介入したことによってスウェーデン政府はアメリカへの武器供給を全面禁止にした。そのため、米海軍のm/45は供給を絶たれ、SEALsはm/45に替わる新型短機関銃の開発をスミス&ウェッソン社に打診し、1966年9mmパラベラム弾を用いるモデルと、電気発火式の9mmケースレス弾薬参照)を用いるモデルが試作され、1967年に9mmパラベラム弾モデルがS&W M76として製品化された。

構造[編集]

S&W M76はオープンボルト、シンプルブローバックの作動方式であり、穴開け加工した銃身放熱カバー、円筒形の機関部、コの字形の折り畳み式の銃床など、デザインの大半をm/45から借用している。

レシーバ(機関部)は汎用品のシームレス・パイプにトリガー・メカニズムを収納するハウジング部が電気溶接で接合された構造となっているため、専用設備がなくても大量製造が可能である。

また、手動安全装置を兼ねた回転式のセレクターが追加されセミオート射撃が可能になっている点、銃床の折り畳み方向が左側に変更されている点などがm/45とは異なっている。

運用[編集]

m/45の代替として開発されたM76だったが、元々特殊部隊のみが使用していたということもあり、米海軍からの発注はごく僅かに終わった。S&W社ではアメリカ陸/空軍にも制式採用を求めて売り込みを図ったが、当時のアメリカ軍では9mmパラベラム弾を制式拳銃弾としては使用していないために制式化は叶わず、「短機関銃はごく限定的な状況でのみ有用な火器であり、その用途は警備用もしくは特殊戦任務に限られる」との見解を示していたこともあって売り込みは成功せずに終わった。その後、アメリカ国内の警察機関向けに販売されたが、数千丁を製造したのみで1974年には生産が終了した。しかし警察機関での人気は高く、後年になって別の企業での製造が開始されている。

派生型[編集]

MK760
1983年にMKアームズ社によって生産された際の名称。
M76A1
1984年にグローバル・アームズ社で生産された際の名称。改良型のような名称だが、構造はM76と変わらない。

登場するメディア作品[編集]

M76は1970年代に製作された米国映画に良く登場し、メディアの影響から生産数以上に一般人の間でも認知度が高い。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]