Rk62

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rk62
RK 62 76.jpg
Rk62
Rk62
種類 軍用小銃
製造国 フィンランドの旗 フィンランド
設計・製造 サコー、ヴァルメト
仕様
種別 アサルトライフル
口径 7.62mm
銃身長 420mm
使用弾薬 7.62x39弾
装弾数 30発(箱形湾曲弾倉)
作動方式 ガス圧利用((ロングストロークピストン方式))、ターンロックボルト
全長 Rk62・Rk62/76:固定銃床:950mm 折り畳み銃床(TP):950mm(710mm)、Rk95TP:935mm(675mm)
重量 Rk62:4,300g(弾倉無し)、Rk62/76:3,600g(弾倉無し)、Rk95TP:3,700g(弾倉無し)
発射速度 600~750発/分
銃口初速 715m/秒
有効射程 300m
歴史
設計年 1962年
製造期間 Rk62:1965~1975年、Rk62/76:1976~1986年、Rk95TP:1995~1998年
配備期間 1965年 から現在
製造数 350,000丁(Rk62・Rk62/76)、20,000丁(Rk95TP)
テンプレートを表示

Rk 62あるいはヴァルメ62(フィンランド語Rynnäkkökivääri 62 "62年式アサルトライフル")は、フィンランドヴァルメトサコー社が製造するアサルトライフルでありフィンランド国防軍の標準的歩兵装備である。

1962年に登場したこのRk62は旧ソヴィエトAK-47の基本構造を踏襲した信頼性の高い銃である。AK-47と同じ7.62x39弾を使用する。最大発射速度は毎分700発。1965年から1994年までの間に350,000丁のRk62(Rk62/76を含む)が製造された。

概要[編集]

1960年に開発されたRk60と呼ばれる小銃が前身だが、これはほとんどAK-47の内部構造をコピーした模造品ともいえるものであった。金属製のストック、プラスチック製のハンドガード(銃身のみ覆いガス・チューブは覆わない)とピストルグリップ、レシーバー上部後方の照準器等が、AK-47と大きく異なる特徴である(開発段階でのプロトタイプはポーランドでライセンス生産されたPMKS (AK-47)を模して設計されておりカバノキを使った木製ストックが装着されていた)。軍で試験された後、Rk60はわずかに改良されてRk62として正式採用された。

AKシリーズと同様にRK62シリーズは、ボルト・キャリアーに固定されたロングストローク・ガスピストンを持つカラシニコフ流の動作機構により作動する、ガス圧利用式の連射・単射切替式小銃である。回転式ボルトは、2つのロッキング・ラグ(突起)により薬室に固定される。

スプリング式のエキストラクター(抽筒子)は、ボルト先端に2つあるロッキング・ラグの片方に取り付けられている。ボルト・キャリアーのガイドレールの固定突起がエジェクター(蹴出器)となる。ハンマー・タイプの撃発機構、半自動および全自動の発射モードを可能にする引金機構を備えている。連射・単射セレクター(手動の安全装置を兼ねる)は、3ポジションあり、上側が「安全」(引金およびボルト・キャリアーは両方とも機械的に作動しない)、中間(3点の刻印)が連射、下側が(単一の刻印)が単射(ボルト・キャリアーは作動するが引金機構は作動しない様にディスコネクターが働く)である。

Rk62はシリーズはAK-47の設計の改良版であり、AK-47の高性能な派生型であるといわれている。とりわけ精度が高いことで知られ、100ヤードで1インチ以下(1MOA)の集弾が可能であるという。基礎的な射撃訓練を済ませた後であれば、一般人上がりの徴集兵ですらその30%が、射距離150mで的の中心が10cm(10点)の的を用いた射撃訓練で10射100点満点中93点以上を獲得することができる。

ヴァルメト社はライセンス版AK-47の機関部に対し、全てのポイントで設計に改良を加えた。全天候で顕著な信頼性を確保するために十分な程度に設計上の許容差(所謂「遊び」)を確保しつつも、東側共産圏のAKシリーズに較べ設計上の許容差はかなり狭められている。ガス・ピストンは、ガス・チューブ内部でより滑らかな作動を保証することを目的として、ピストン近くに小さな「指」状のパーツを持っており、本小銃固有の精度をさらに向上させる役割を果たしている。

命中精度の高さを確保するうえで重要な点として、レシーバーの冶金品質と銃身の全体的な品質も勿論重要であるが、もう一つの最大の改善点は改良された照準器(サイト)である。L-形の2重開口フリップアップ式後部照門、および前方照星で構成される、調整可能な鉄製照準(アイアンサイト)を装備している。

AKシリーズおよびその派生型の殆どは、後部照門をレシーバー上部のガス・ピストン・ハウジングの上に取付けているが、Rk62では後部照門は、レシーバー・カバー上部後方に配置される。150m(「戦闘照準」セッティング)、300mおよび400mの距離調節目盛を備え600メーターまで調整可能なスライド式照尺の上に後部開口照門機構が装備されている。後部照門は照門取付具の下の取付スクリューにより高さを調整することが出来る。

前方照星(フロントサイト)は、銃身への簡易な装着を可能としたガス・ブロック先端上に、半分覆われた支柱に機械的な精度を増した形で配置され、風の偏流と高さの調整機構を備え野外で兵士により完全に調整可能である。

ハンマー鍛造製の競技グレードのCM銃身の精度も加わり、照準半径は、(AKシリーズの)二倍の470mmに及ぶものである。

また、低レベル光源状況での射撃のために、暗闇で自然発光するトリチウム・ガスのガラス小瓶を使用する。前方照星においては、手動展開可能な折り畳み式支柱(照星と分離して照星取付部に装着される)にトリチウム照明が装備される。後部照門においては、固定式ノッチ照門(ピボット軸のまわりで後部照準アームを180°前に回転させることにより露出される)にある後部照門機構にトリチウム照明が装着されている。使用状態にセットされると、両側に2つのトリチウム・ドットを備えた四角いノッチが配置される形となる。

ヴァルメトRk62およびRk62/76のもう一つ特徴は火炎制退器であり、M16初期型の火炎制退器の大型版に似た、三叉に分かれた火炎製退器と着剣装置を装備している。火炎制退器下部に直接、銃剣突起があり、フィスカーズ・アンド・ハックマン社により製造されるナイフ・スタイルの専用銃剣を装着出来る。専用銃剣はプッコと呼ばれるフィンランドの伝統的クラフトナイフとしても使用できる。有刺鉄線切断のため、火炎制退器にはその縦の切れ込みに沿って鋭い刃があり、火炎制退器に有刺鉄線を滑り込ませ、細い寸法の鉄線ならば鉄線が折れるまで小銃を捻って回転させるだけである。より太い鉄線であれば、火炎制退器に鉄線を挿入し半回転させてから弾丸を発射すれば、鉄線は折れる。これは騒音が出るものの有効な方法である。M16においては、尖った先端が野外で植物にひっかかる傾向があったため、先割れ型火炎制退器は鳥籠型火炎制退器に置き換えられたが、Rk62およびRk62/76においては依然として問題ではあるものの、一方でその鋭い刃は植物等を切り開くのに役立つという側面も有する。

2列装填で30発容量の箱形湾曲弾倉から弾薬供給され、これらの弾倉はAK-47/AKM用の標準弾倉と交換可能である。

なお、弾倉(マガジン)に関する逸話として、弾倉のリップが栓抜きとして利用するのに丁度よく、栓抜き代わりに弾倉を使った新兵が弾倉の給弾機構を壊してしまうことがあったという。似た様な逸話があるIMI ガリルは試作に辺りRk62のレシーバーを参考にしているので、この銃の設計がガリルの栓抜き付きバイポッドという奇妙な代物を世に出すことになった遠因と言える。

メンテナンスのため、レシーバー(機関部)、銃身、ボルト・キャリアー、ボルト、復帰機構、ガス・チューブ、レシーバー・カバー、弾倉といった構成単位へ野外で分解出来る。

RkM62シリーズは全て、工業基準の防錆処理がなされている。

一般に、Rk.62およびその派生型小銃の全ては、北欧の過酷な環境に耐えるように設計された第一級品質の火器である。また、イスラエルにより製造された初期のガリル突撃銃は、ヴァルメト社から購入された機械装置とドキュメンテーションによって製造されたという点は特筆されるべきである。

Rk62は精度信頼性共にきわめて高いことから国防軍兵士の間でも評価が高いが、7.62x39弾は前時代的であるという声もある。

派生型[編集]

Rk62TP(海軍用)

折り畳み式銃床がついており軍艦での収納がし易くなっている。この折り畳み式銃床モデル(TP)は、オートバイ小隊や軍警察にも支給されている。

Rk62/76
Valmet M76

Rk62/76は、Rk62同様に7.62x39mm M43弾を使用する。鋼材から切削加工されたレシーバーを使用するRk62と異なり、プレス成形加工とリベット結合により製造された鋼板製レシーバーを使用し、重量を3.6kgに軽減したモデル。AK系統でのAKMに相当するモデルである。

Rk62からの他の変化として、ハンドガードがガス・チューブまで覆うAK-47/AKMに似た形状に変更された。

銃床には固定型銃床と折畳み式銃床の両方がある。固定形銃床には3タイプあり、木製をW、プラスティック製をP、RK62と同様の管状金属製をTと呼び、折畳み式銃床タイプをTPと呼ぶ。折畳み式銃床は長期間使用する間に緩くなる傾向があるという点で故障を惹起する可能性があるが、ヒンジおよびロックの設計が非常に強固であるため、RkM62/76シリーズでは問題とならない。固定形・折り畳み式双方のタイプ共に、清掃キットを格納するために銃床尾部に扉がある。フィンランドによくある氷点下の天候でも兵士の顔に凍結して張り付くことを防ぐために、銃床のうち一般的に射手の顔と接触し易い金属製チューブ部に薄いプラスチック・スリーブ(袖)が装着されている。

Valmet M76は、5.56x45mm NATO弾を使用する4タイプと、7.62x39mm M43弾を使用する4タイプの計8タイプがあり、弾倉には10発、20発、30発タイプがある。フィンランドは7.62x39mm M43弾バージョンをRk62/76として採用し、カタールとインドネシアは5.56x45mm NATO弾バージョンを採用した。 銃口初速は使用される弾薬に依存し、5.56x45mm NATO弾で900m/s、7.62x39mm M43弾で719m/sである。

なお、ヴァルメトRk62/76およびM78(後述)は、冷戦中の多くの米国映画において、入手し易さの観点から、AK-47および関連する東側火器を装う道具として使用された。「レッド・ドーン」(1984年米国公開)、「コマンドー」(1985年米国公開)および「ファイアフォックス」(1982年公開)等が有名な例である。

Rk95TP

Rk62系統の最新型であり、Rk62およびRk62/76同様に7.62x39mm M43弾を使用する。ライフルグレネードの発射が可能な他、各種改良が加えられており、消音器光学照準器が装着可能で、折り畳み式銃床を装備している。現在Rk95は累計20,000丁しか配備されておらず国防軍の一部でしか運用されていない。

1987年にヴァルメトの小火器部門がサコー社に買収されたため、サコー社がRk95の設計・製造に従事している(Rk62/76の製造は1986年に終了)。

Rk62小銃を交換するという要求に応え、1988~1990年にサコー社はM90プロトタイプを開発したが、実質的にはRk62の改良バージョンであった。オリジナルのRk62からの変更は、連射・単射切替および安全セレクターの変更を含むものであり、セレクターはレシーバー左側に移設された。ボルト・キャリアー機構から突き出たコッキングハンドルは、細長い金属で覆われ左手で再装填可能な様に上向きの角度に取り付けられている。固定方法につきSIG SG 540銃で採用された解決策が反映された掛金機構を備えた折り畳み式管状銃床を装備している。ライフルグレネード弾の使用を可能とする、多機能の銃口装置および手動ガスバルブも備えていた。

M90プロトタイプは、一層のテストおよび幾つかの改良(セレクター機構は使い慣れたRk62と同様に右側に戻された)を受けた後、本銃はRk95TP(フィンランド語:Rynnakkokivaari 95 Taittopera、英語:"assault rifle 95 folding stock")として、フィンランド軍に制式採用された。

Rk95TPは、銃身に多機能の銃口装置が付属しており、マズルブレーキ、火炎制退器、ライフルグレネード弾を発射するための装着チューブの役割を果たす。ガス・ブロックは、閉鎖位置においてガスシステムを分離する手動調整可能なガス流量調節器、下部にナイフ型銃剣(例えばKCBタイプ銃剣)を装着する突起を備えている。更に消音器、空砲アダプターを取り付けることが出来る。

クリーニング・ロッドを格納する内部空間のある、右側に折り畳み可能な管状金属製のスケルトン銃床(プラスチック・コーティングが施されている)を装備し、前方ハンド・ガードおよびピストル・グリップは共に軽量な合成樹脂で作られている。トリガーガードは、寒いフィンランドの冬に手袋で射撃を可能とするために拡大された。

2列装填で30発容量の耐衝撃性ポリマー樹脂製の箱形湾曲弾倉(空重量:0.16kg)から弾薬供給される。

レシーバーに装着された側面レールの使用により、様々な光学照準器(例えば、Patria VV 2000受動式夜間照準のような暗視装置や、Trijicon ACOG等)を使用することが可能である。光学照準器を使用する場合、着脱式の頬当昇降機構が使用される。

銃身に装着する二脚、あるいは吊り下げ式の40mmグレネード・ランチャーも装着出来る。ガス・ブロックに装着するレール部品も開発され、戦闘用装備を装着できる。

ヴァルメトM82

1978年に落下傘部隊用に開発。Rk62/76の機関部を組み替えてブルパップ方式としたもの。照準基線長の短縮による命中率の低下を防ぐ為にアイアンサイトを大型化させているが、銃本体から大きく飛び出しているため、落下傘降下時に頭をぶつけるといった欠点が報告された。既製品をブルパップ方式に変更したタイプであり、全体的にまとまりが悪かったため、1986年には製造が中止されている。総生産数は2000挺程度であったとされる。

国境警備隊特別猟兵隊用RK62

Rk95タイプの銃床、連射・単射・安全セレクターを備え、光学照準器搭載を可能とする仕様を特徴としているRk62の特別版が、フィンランド国境警備隊の特別猟兵隊用として使用されている。

ヴァルメトM78

ヴァルメトM78は、ヴァルメトRk62/76小銃から派生した、ヘビーバレル(銃身)を装備した分隊支援火器である。7.62x39mm M43弾に加え、5.56x45mm NATO弾、7.62x51mm NATO弾を使用するタイプも生産された。RPK軽機関銃と同様の武器であり戦術上の役割も同様である。

M62S

Rk62の民間用モデル。外見上はRk62に良く似ているが、フルオート射撃が出来ない。

ヴァルメト・ペトラ

ヴァルメト社がRk62のレシーバーを利用して開発した猟銃。ペトラはフィンランド古語で"鹿"の意味。米国・カナダでは「ヴァルメット・ハンター」の名で売り出され、日本でもバルメハンターの名で少数が市場に出回っている。ヴァルメペトラは当初308ウィンチェスター弾あるいは243ウィンチェスター弾を使用していたが、後に30-06スプリングフィールド弾使用タイプも開発され、さらにはアフターマーケット改修により9.3x62弾を使用することも可能である。

ヴァルメト・ペトラはRk62とはだいぶ外見が異なり、木製のストックとハンドガードを備えているほか、ピストルグリップでなくなったため、トリガーの位置がRk62と比べてかなり後方に位置している。

M92S

M92Sは、M90プロトタイプの設計から派生し製造された、7.62x39mm M43弾を使用する固定銃床タイプの民間向けセミオートマティク・ライフルである。

輸出向け仕様として、SS109弾丸を備えた5.56x45mm NATO弾を使用するバージョンも開発された。プラスチック製の30発箱形湾曲から給弾され、銃身には185mmのねじれ割合(1回転7インチ)の4条のライフリングが右廻りに施されている。NATO標準弾薬を使用し920m/s(3,018ft/s)の銃口初速を持つ。後部照尺は150mおよび300mの射撃用に調節されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]