Rhapsody (オペレーティングシステム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apple Rhapsody
開発元企業 / 開発者 アップル社
OSの系統 BSD/NEXTSTEP
開発状況 凍結
ソースモデル クローズド・ソース
最新安定版リリース Developer Release 2 / 1998年5月
対応プラットフォーム x86/PowerPC
カーネル種別 ハイブリッドカーネル
ライセンス 開発者版のみ

Rhapsodyは、1996年後半のアップル社NeXT買収から1998年Mac OS Xが発表されるまでの間における、アップル社の次世代オペレーティングシステムの開発コードネーム。Rhapsodyは、よりMacらしく見えるようにする新しいGUIと一緒にPower Macに移植されたOPENSTEPオペレーティングシステムによって概ね成り立っている。QuickTimeとAppleSearchを含むいくつかの既存のMac OSの技術もRhapsodyに移植した。Rhapsodyは、エミュレーション層Blue Boxを使って「Mac OS 8」も実行できた。また、Yellow Box[1]と呼ばれたオブジェクト指向を備えたAPI群によって、Macintoshだけでなく、Windowsでも動作させるマルチプラットフォームを指向していた[2]

歴史[編集]

Rhapsodyは、1997年のWWDCで最初のデモンストレーション(デモ)を行なった。インテルのx86CPU版とPowerPCのCPU版の2つの開発者版のデモが引き続いて行なわれた。この後、Blue BoxがPowerPC上である程度使用可能になるPremier版と、続く1998年の第2四半期にPowerPC上のBlue Boxが完全に装備される完全なUnified版が登場すると発表した[3]。2つの非常に異なるシステムの機能を統合させるAppleの開発スケジュールは、今後のリリースの機能を予測困難なものにした。1998年5月のニューヨークMacWorld Expoにおいて、スティーブ・ジョブズは、Rhapsodyは(1999年に出荷される)Mac OS X Server 1.0に名称を変更[4]し、サーバー向けOSとしてリリースされることを発表した[5]。このバージョンのRhapsodyは、あくまでサーバーのプラットフォームでしかなく、Macintosh用アプリケーションを動かすための製品ではないため、通常のユーザーとは全く無縁である[6]。 そのソースコードから、DarwinオープンソースOS Xがフォークされた。


企画・設計[編集]

Rhapsodyオペレーティングシステムの決定的な特徴は、すでに旧世代OS化していた従来のMac OSとは根本から異なり、Mach 2.5マイクロカーネルを採用し、4.4BSDのシステム、Nextで開発されたOpenStep仕様準拠のオブジェクト指向なAPI群のYellow Box、従来のMac OSと互換性のあるインターフェイスClassicJava VMが搭載されることであった[6]

そのユーザーインターフェイスは後にMac OS 8のプラチナアピアランス(アピアランスとはデスクトップやウィンドウの外観を変えることができる機能。この場合、プラチナ調のアピアランスのこと)[7][8]でモデル化された。以前のバージョンのMac OSのFinderによるファイル管理機能はOPENSTEPのWorkspace Managerに替わって制御されることとなった。従来のMac OSのFinderには見られないOPENSTEPから継承された追加機能は、後のMac OS XのFinderに繋がるcolumn view英語版のようなものも含まれていた。

Power Macのアーキテクチャ上で実行されている場合にのみ使用できるRhapsodyのBlue Box環境は、既存のMac OSアプリケーションとランタイムライブラリの互換性を提供する責任があった。後にMac OS Xで実装される、より合理的で統合されたClassic互換レイヤと比較すると、Blue Boxのインターフェイスは、エミュレートされた既存のMac OSアプリケーションとRhapsodyのネイティブなアプリケーションの間に明確な壁があることをユーザーに痛感させるものであった。すべてのエミュレートされたアプリケーションとその関連する作業用ウィンドウを、ネイティブなYellow BoxのAPIを使用したアプリケーションを点在させる代わりに、1つのBlue Boxのエミュレーション用ウィンドウにカプセル化する仕組みだった。これはクロス環境の相互運用性を制限し、様々なユーザー·インターフェースの不具合を発生させた。

"UNIX上で駆動するMacインターフェイス" とも言えるこの仕様はCoplandで既に致命的なほどにOS開発戦略に失敗していたApple社にとってモダンOSの機能を急ピッチで強引に取り込むための唯一の手段と思われたが、上記の通りAPIに互換が無いために従来のMac OS用のアプリはそのままでは動作しないという欠点も持っていた。そのため、Rhapsodyはサーバーおよびハイエンド向けのMac OSとして用意し、それと別に従来のMac OSもコンシューマー向けにアップデートしていくという戦略的なアナウンスがされていた[6]

エミュレーション環境内で発生する不具合等を回避し、Rhapsodyの機能を最大限に活用するには、Yellow Boxでプログラムを一から書き直さなければならなかったので、従来からの開発者の支持を得ることができなかった[9]アドビシステムズマイクロソフトを含むMacintoshの大手ソフト会社からの、事実上対応版を出さないという表明と同様の異論が出たこともあって、結局Rhapsody開発計画は1998年5月時点で中止され、Apple社のOS戦略から除外された。その後、Rhapsodyとは全く別にRhapsodyと従来のMac OSの両方の要素が混ざったMac OS Xが開発された。

なお、Machマイクロカーネルや4.4BSDの機能、OpenStep仕様などの各種技術はそれぞれが今後のMac OS開発に引き継がれた。APIのCarbonやマルチメディア技術のQuickTimeやスクリプト言語AppleScriptなどいくつかは実際のMac OS XのコアであるDarwinでも採用されている。

名称[編集]

Rhapsodyの名称の由来はラプソディーから来ており、Apple社が1990年代にリリースしたオペレーティングシステムに、音楽に関連するコードネームを名付けたパターンに習ったものである。未完に終わったApple社のもう1つのオペレーティングシステムであるCoplandのコードネームのGershwinは『ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)』の作曲家のジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)から名付けられた。Coplandという名称自体は別のアメリカ人作曲家のアーロン・コープランド(Aaron Copland)から名付けられている。他の音楽に由来したApple社のオペレーティングシステムのコードネームには、 Harmony(Mac OS 7.6)、Tempo(Mac OS 8)、Allegro(Mac OS 8.5)、Sonata(Mac OS 9)がある。

バージョン史[編集]

バージョン コードネーム リリース日 OS名
Rhapsody Developer Release Grail1Z4 1997年8月31日 Rhapsody 5.0
Rhapsody Developer Release 2 Titan1U 1998年5月14日 Rhapsody 5.1
Rhapsody Premier 1998年 Rhapsody 5.2
Mac OS X Server 1.0 Hera1O9 1999年3月16日 Rhapsody 5.3
Mac OS X Server 1.0.1 Hera1O9 1999年4月15日 Rhapsody 5.4
Mac OS X Server 1.0.2 Hera1O9+Loki2G1 1999年7月29日 Rhapsody 5.5
Mac OS X Server 1.2 Pele1Q10 2000年1月14日 Rhapsody 5.6
Mac OS X Server 1.2 v3 Medusa1E3 2000年10月27日[10][11] Rhapsody 5.6

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]