リモートデスクトップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Remote Desktopから転送)
移動: 案内検索

リモートデスクトップとは手元のコンピューターからネットワークで接続された他のコンピューターのGUIデスクトップ環境を操作する技術の総称である。

主なソフトウェア[編集]

Unix系で広く使われている。
様々なプラットフォーム向けのものがあり、オープンソースで開発され多くの派生が開発されている。LinuxFreeBSDMac OS XWindowsiPhone携帯電話やモバイル機器など異なるOS同士でGUIを共有できる利便性がある。
Mac OS X向けリモート管理ソフト。ベースは前述のVNCであり、拡張が加えられている。
Microsoft Windowsのリモートデスクトップ。VNCとは対照的に、主にWindows同士(公式クライアントはMac OS X版もあるほか、rdesktopFreeRDP などのクライアントもある)でしかGUIの共有ができないがサウンドがサポートされていたり、Windowsに特化しているためにネットワーク負荷が低く描画精度が高いといったメリットがある。XPの場合Windows XP Professional、VistaではWindows Vista Business(と、その上位版であるEnterprise、Ultimate)など、ビジネス向けエディションのWindowsのみがGUIを操作される側になる。殆どのエディションのWindowsが操作する側として機能する。
またVirtualBoxのゲストを操作するプロトコルとしても利用されている(ホスト側に無償のExtension Packの導入が必要)。VirtualBoxのゲストOSとして構築ができてしまえば、VNC等も含めたリモートログインをサポートしていない過去のOS、もしくはサポートしていても複雑な方法が必要なOSでも、ゲストOS側の対応不要で容易にリモート接続を提供することができる。
  • LAPLINK
インターコム製のリモートデスクトップ製品。
シマンテックのリモートデスクトップ製品。WindowsLinuxMac OS Xに対応。専用クライアントソフトを使う他、JavaによりWebブラウザからコントロールする事もできる。このクライアントは圧縮された画面出力の信号を受信する形式のため、接続後に対象機器へのログインがさらに必要となるほか、 pcAnywhere 経由での同一機器への接続が 1 ユーザに限られることから排他制御が必要になる場合に有効である。
プロトコルはCitrix Independent Computing Architecture (ICA)。

関連項目[編集]