Remote Data Objects

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Remote Data ObjectsRDO)は、Windows 95 以降のマイクロソフトオペレーティングシステムでの Visual Basic アプリケーションでかつて使われていたデータアクセス用APIである[1]。データベースへの接続、クエリ、ストアドプロシージャ、結果の操作、更新のコミットなどが含まれる。リモートマシン上の Open Database Connectivity (ODBC) データソースと直接やり取りするインタフェースを構築でき、複雑なODBC APIを使う必要がなくなる。

Remote Data Objects は Visual Basic のバージョン4、5、6に含まれていた。最終バージョンは RDO 2.0。

脚注[編集]

  1. ^ Microsoft. “Using Remote Data Objects and the RemoteData Control”. 2009年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]