Red Hat Enterprise Linux互換ディストリビューション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Red Hat family tree

Red Hat Enterprise Linux互換ディストリビューションRed Hat Enterprise Linuxのソースコードを元にしたLinuxディストリビューションである。

歴史[編集]

かつてRed Hat Linuxは最初期からあり、最も人気のあるLinuxディストリビューションのひとつであった。それはサポートのある有料バージョンとともに無料でダウンロードできるバージョンが入手可能であったというのが大きな理由であった。有料版と無料版の違いはサポートの有無のみであったため、多くの利用者は無料バージョンを使用していた。

レッドハットはRed Hat Linuxを2つの製品に分けることを決定した。有料のRed Hat Enterprise Linuxと、無料だが毎リリースに約13ヶ月間のアップデートが提供されるFedoraである。

Fedoraは独自のベータサイクルを有しており、一部の不具合はレッドハットの社員を含むコントリビュータによって修正される。しかし、その素早く、保守的でないリリースサイクルはFedoraが一部のユーザには適していないことを意味している。FedoraはRedHatのためのある種のテストベッドであり、Red Hat Enterprise Linuxへと搭載する前に新しい機能のベータテストを行うための場所となっている。Fedoraのリリース以降、レッドハットは商用製品のバイナリバージョンの無償公開を取りやめている。

動機[編集]

レッドハットはコンパイル済みのRed Hat Enterprise Linuxの無償提供を行っていない。しかしながら、Red Hat Enterprise Linuxの大部分が依拠しているライセンス条項に明記されているように、レッドハットは完全なソースコードRPM形式で彼らのサーバー上で公開している。ディストリビューションの完全なソースコードがRPM形式で公開されていることによりディストリビューション全体を再コンパイルすることは比較的容易となっている。いくつかのディストリビューションはレッドハットのソースコードを入手し、再コンパイルすることで作成されている。

特徴[編集]

Red Hat Enterprise Linux互換ディストリビューションは通常、(ClientやServerなど)様々なRHELのバリエーションのパッケージの和集合を搭載している。バージョンナンバーはRed Hat Enterprise Linuxのものと基本的には同じとなっている。そのため、互換ディストリビューションはRHELとある程度の互換性を持つ。ただし完全に同じソースコードを利用してもビルド環境に依存する非互換が発生するため完全なバイナリ互換を実現することは困難である。互換ディストリビューションはRHELを対象にしたソフトウェアを稼働できるようにすることを目標の一部としているものが多い。

互換ディストリビューション作成のために行われるべき変更は比較的少ない。しかし、RHELはレッドハット独自のUp2date技術をアップデート提供のために用いているので、利便性のためにいくつかの互換ディストリビューションはup2dateの代わりにyumを用いてアップグレードのためのミラーの構築を格段に容易にしている。Red Hat Enterprise Linux 5以降のリリースではyumがアップデート提供のためのフロントエンドであり、up2dateはyumのプラグインとして内部で利用される。

法的側面[編集]

自由な再配布はレッドハットのディストリビューションが依拠しているGNU General Public License上で明確に許可されている[1]。しかし、レッドハットの商標の虚偽表示を防ぐため、元のディストリビューションにおいて商標で保護されている素材は取り除かれなければならない。

ディストリビューションがレッドハットへの関連を十分に削除しなかった場合、レッドハットの法律顧問から警告文が送られる。CentOSはそのような警告を受け取り、彼らのウェブサイトとディストリビューションからレッドハットの商標への言及をすべて削除した[1]。CentOSは現在、レッドハットを"上位ベンダー(Upstream Vender)"、もしくはより正式に"高名な北米の企業向けLinuxベンダー(Prominent North American Enterprise Linux vendor)"と称している。

一覧[編集]

以下は、DistroWatch による(一日当たりの平均検索数に基づく)2010年時点での、過去12か月間のトップ100ディストリビューションからの抜粋である。2013年9月に再度確認された。

  • CentOS
  • ROSA Enterprise Linux Server[2] (2011年に初めてリリース。2010年にはトップ100に含まれていなかったが、2013年ではCentOSの次に位置する。しかしながら、DistroWatchはRosa Desktop(RHEL Desktop editionとは異なり、RHELを元にしていない)とRosa Enterprise Linuxの検索数を合計していることに大きな注意が必要である。)
  • Scientific Linux
  • ClearOS
  • Oracle Linux
  • Yellow Dog Linux(トップ100から脱落した -- 2013年では145位)

RHELベースのアプライアンス


その他、さらにランクが低いディストリビューション。

  • Springdale Linux - 旧称PUIAS Linux、2013年現在161位
  • Rocks Cluster Distribution - RHEL(初期バージョン)とCentOS(最近のリリース)より派生、2013年現在186位
  • Fermi Linux - Fermi Scientific Linuxとしても知られる。Scientific Linuxより派生、フェルミ国立加速器研究所の研究施設に特有のソフトウェアを追加。2013年現在231位。
  • SME Server - CentOSより派生。2013年現在235位。
  • CAOS Linux (複数の系列)
  • CERN Linux - CERN Scientific Linuxとしても知られる。Scientific Linuxより派生、CERNの研究施設に特有のソフトウェアを追加。
  • GENtOS Linux
  • StartCom Enterprise Linux
  • BullのXBASもしくはbullx (HPC用)[3][4]
  • Ascendos

すでに消滅したディストリビューション。

  • Pie Box Enterprise Linux - 2009年8月1日以降活動停止。
  • Lineox
  • TaoLinux - 4.0 i386 Final Releaseが2005年4月20日にリリースされた。3.0 Update 4は2005年1月10日にリリースされた。2006年6月14日に活動停止。ウェブサイトはそれ以降の更新ためのCentOSへのアップデート方法を掲載している。
  • X/OS Linux - 2008年に活動停止。ウェブサイトはそれ以降の更新ためのCentOSへのアップデート方法を掲載している。
  • White Box Enterprise Linux - 正式な発表はないが、もはや開発されていない。

注釈[編集]