Ray (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ray
基本情報
出生 10月14日
血液型 O型
出身地 日本の旗 日本北海道
ジャンル J-POPアニメソング
職業 歌手ラジオパーソナリティ
活動期間 2012年 -
レーベル NBCUniversal
共同作業者 I've
公式サイト Ray NBCUniversal Entertainment Japan OFFICIAL SITE

MISIA絢香水樹奈々

Ray(レイ、10月14日 - )は、日本女性歌手

北海道札幌市(出生地は小樽市)出身。血液型O型NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン所属。

来歴[編集]

物心ついたころから歌に接しており、幼少期からアーティストになるためにアクターズスクールに通っていた。そのきっかけになったのは、ジュニアを対象にしたのど自慢大会でゲスト賞をもらったことから。その後、avexとusenが主催するa-motionに3年連続(3年目は特別賞)で全国大会に出場するなど、多くの全国大会に出場している。当初は歌で聴かせるタイプの歌手をよく聴いていたが、兄が見ていた水樹奈々のライブDVDを見たことがきっかけでアニメソング(特にかわいい系やかっこいい系の曲)やボーカロイド曲を聞くようになっていったという。

2012年テレビアニメあの夏で待ってる』のオープニングテーマ「sign」でデビュー。以降、アニメソングを中心に歌っており、楽曲提供はI'veのクリエイターが行うことが多い。なお、清純派な方針からPCゲームの主題歌がNGのため、I'veには所属していない。

2014年3月1日、オフィシャルファンクラブ「猫耳団」が発足。

人物[編集]

趣味は裏千家茶道。特技はバレエ一輪車。極度の人見知りで、話しかけられるまで待つタイプとのこと。ただし、趣味が合えば進んで打ち解けられるタイプでもある[1]

アニメソングに触れた期間が短く、I'veの楽曲を聴き込んでいなかったままメジャーデビューすることになったため、高瀬一矢KOTOKOの経歴を調べていくうちに怖くなってきたことを明かしている[1]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 アニメ盤
1st 2012年2月8日 sign GNCA-0234 GNCA-0235 11位
2nd 2012年10月24日 ‎楽園PROJECT 1000344850 1000344851 22位
3rd 2013年2月6日 ‎Recall‎ GNCA-0267 GNCA-0268 30位
4th 2013年10月30日 lull〜そして僕らは〜 GNCA-0310 GNCA-0311 GNCA-0309 21位
5th 2014年2月5日 ebb and flow GNCA-0323 GNCA-0324 24位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
1st 2013年6月5日 RAYVE GNCA-1373 GNCA-1374 25位
2nd 2014年6月4日予定 Milky Ray GNCA-1406 GNCA-1407

参加作品[編集]

映像作品[編集]

  • Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-(2013年3月17日)

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
告白 テレビアニメ『あの夏で待ってる』イメージソング
sign テレビアニメ『あの夏で待ってる』オープニングテーマ
契 -この広い広い、時空を越えて- PSPゲーム『十鬼の絆 〜関ヶ原奇譚〜』エンディングテーマ
譫言 -沈みゆく私の-
楽園PROJECT テレビアニメ『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』オープニングテーマ
凪-nagi- テレビアニメ『凪のあすから』イメージソング
Recall テレビアニメ『AMNESIA』エンディングテーマ
ひかり PSPゲーム『十鬼の絆 花結綴り』エンディングテーマ
始まりの朝
lull〜そして僕らは〜 テレビアニメ『凪のあすから』オープニングテーマ
ebb and flow

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ライブ[編集]

  • ANIMELO SUMMER LIVE 2012
  • アニソンキング 2012
  • ANIMELO SUMMER LIVE 2013
  • RAYVE01〜Ray’s magic castle〜(2013年6月15日:OSAKA MUSE、22日:渋谷WWW)
  • きたまえ 2013
  • RAYVE02〜DREAMS COME TRUE〜(2013年12月29日:渋谷CLUB QUATTRO)
  • アニソンキング 2013

出典[編集]

  1. ^ a b Ray Special Interview”. Ray GENEON UNIVERSAL OFFICIAL SITE. 2012年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]