RM MODELS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アールエム モデルズ
RM MODELS
愛称・略称 RMM
ジャンル 鉄道模型誌
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 ネコ・パブリッシング
発行人 笹本健次
編集長 牧窪真一
雑誌名コード 11407
刊行期間 1995年 -
ウェブサイト http://www.rm-models.jp/
特記事項 レイルマガジンより分離独立し創刊

RM MODELS(アールエムモデルズ、略称:RMM)は、日本鉄道模型雑誌

概要[編集]

ネコ・パブリッシングが発行する鉄道雑誌『レイルマガジン』の姉妹誌で、1995年に同誌から模型記事部分が独立し創刊した月刊の鉄道模型雑誌である。

鉄道模型の車両・レイアウトなど、縮尺(スケール)・軌間(ゲージ)を問わずに鉄道模型に特化したものとなっており、当初は鉄道模型ではなく「模型鉄道」の普及を標榜した。独立からしばらくの期間は車両・レイアウトの工作記事が多かったものの、近年は工作記事が減っており、製品紹介に重点を置いた誌面構成となっている。2006年よりネットでの誌面ダウンロード販売を開始した。

広告が他誌に比べて多いが、それを情報源とするというユーザーがいる[1]

また、メーカーとコラボレートしたNゲージプラスチック製キットや、模型店一覧の別冊などが付録として付くことがある。

競合誌である「鉄道模型趣味」や「とれいん」では16番ゲージ関連の記事が多いのに対し、本誌ではNゲージユーザーが多い現状から、特集や記事はNゲージ主体となっている[2]

連載内容[編集]

既に連載を終了したものを含む。これら連載の他に、MODEL FORUM(読者投稿作品紹介)や、新商品紹介などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 広告が重要な内容と、フォーラムコーナーにて投稿されたことがある。
  2. ^ それぞれの創刊時期や時代ごとの流行の違いによるもので、歴史の長い鉄道模型趣味ではOゲージ1番ゲージ、とれいんを含めた両紙で欧米HOゲージ軽便鉄道に代表されるナローゲージの記事も多く見られた。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]