RG-41

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RG-41、側面図

RG-41ソビエト連邦第二次世界大戦中に開発した破片手榴弾である。この手榴弾はRG-42に代替される前の、1941年から1942年の短い期間にのみ量産された[1]

これは円筒形状の缶に150gの高性能炸薬を内蔵しており、総重量は約440gである。本手榴弾は30mから50mほどの距離を投擲できた。確実な殺傷半径は5mまでであるが、殺傷効力の見込める最大半径は15mまでである[1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]