RED (村枝賢一)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RED
ジャンル 西部劇ガンアクション
漫画
作者 村枝賢一
出版社 講談社
掲載誌 ヤングマガジンアッパーズ
週刊ヤングマガジン
レーベル アッパーズKC
発表号 1998年第15号 - 2005年第48号
巻数 全19巻
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

RED』(レッド)は、村枝賢一による漫画。西部開拓時代末期を舞台にした復讐劇である。

掲載誌は「ヤングマガジンアッパーズ」および「週刊ヤングマガジン」の2誌(ともに講談社刊)。「ヤングマガジンアッパーズ」の休刊ののちに、「週刊ヤングマガジン」に連載が引き継がれた。

連載期間は「ヤングマガジンアッパーズ」で1998年第15号から2004年第21号まで、「週刊ヤングマガジン」で2005年第10号から第48号まで。「週刊ヤングマガジン」では、「ヤングマガジンアッパーズ」と同様の隔週連載であった。

連載回数は全151回。刊行された単行本は全19巻(講談社刊)。

概要[編集]

19世紀末のアメリカ合衆国を舞台とし、西部開拓時代やインディアン戦争を物語の背景とした復讐劇である。主人公は騎兵隊に部族を虐殺されたインディアンであり、主人公が騎兵隊員に復讐を行うことが物語の本筋である。

また、もうひとりの主人公が日本人であることが特色である。彼は西南戦争に反政府側として参加した元士族である。総じて、時代に駆逐された側から、日本やアメリカ合衆国の歴史を描写している点が、物語上の特徴である。

本作は、作者の新人時代の作品である "BIBLE" を下敷きとして構成されている。"BIBLE" は未完に終わったが、"BIBLE" で構想された群像劇の要素や、ロードムービー的な要素は本作で生かされている。複数の主人公が設定され、多数の登場人物が登場し、運命の交錯が描かれる。ニューヨークからフロンティアまでのアメリカ合衆国全土(主として大陸横断鉄道の沿線地域)を舞台とし、主人公たちの運命がやがて収束していくまでが語られている。

あらすじ[編集]

1876年のアメリカ合衆国。ダコタ準州ホワイトリバー河畔にて、インディアンの虐殺事件が起きた。居留地へ移送中のウィシャ・スー族を、護衛の任に当たっていた第七騎兵隊ブルー小隊の兵員が、突如として無差別に殺害したのである。ウィシャ・スーは、部族の長であったティヨーレを残して全員殺害された。

虐殺から10年の時が経った。ティヨーレはレッドと名を変え、青年へと成長し、マザスカ・スーのいる居留地で平穏な日常を暮らしていた。しかし、レッドはある事から、ブルー小隊隊員25名の名が記されたリストを手に入れる。復讐心に駆られたレッドは、平穏な暮らしを捨て、復讐と殺戮の旅に出るのだった。

登場人物[編集]

登場人物の名前は、赤・黄・青といった、色の名前を元にしているものが多い。また、歴史上の人物も登場する。

レッドと仲間[編集]

レッド
物語の主人公。虐殺されたウィシャの生き残りである。
生まれてまもなく両親を亡くし、年の近かったオセオラの一家のもとで育つ。ウィシャの残り少ない男子のひとりであった。9歳の時にウィシャが居留地へと移送される途上で、部族の次の長に選ばれた。
その直後にホワイトリバーの虐殺が発生、ウィシャは無差別に殺害され、親友のオセオラも目の前で殺されてしまう。
事件のあと、近くに居留していたマザスカに拾われ、部族の長であるシルバーリングの保護下で育つ。
その後10年をマザスカの中で暮らすが、あることをきっかけに、ブルー小隊隊員25名の名前が書かれたリストを手に入れる。復讐心を呼び起されたレッドは、マザスカの禁忌を侵し、マザスカを追放される。
追放されてのちは旅芸人として生計を立てていた。ワイルド・インディアン・ショーの演者として訪れた町で伊衛郎とアンジーに出会う。
本来であれば快活な性格であるが、復讐を心に決めて以降は周囲に心を閉ざしている。
並外れた長身の偉丈夫。生まれつき髪の色が白いという身体的特徴を持つ。
伊東伊衛郎 (いとう いえろう)
肥後藩の元士族。狙撃の名手。
肥後藩南部葦北の鉄砲衆・御郡筒(おごおりづつ)の家系である伊東家の長男として生をうけ、幼少の頃より火縄銃に親しんで育つ。
西南戦争勃発後に薩軍に仲間とともに参加。奮戦するも、最後は田原坂において政府軍に包囲され、仲間は全員自決してしまう。後を追おうとするも、幼なじみである村崎十字郎に自決を止められ、アメリカに逃げることを提案される。戦場から逃げ出したあと、村崎とともに渡米。しかし、村崎とはあることを理由に袂を分かつ。
ある町で洗濯屋の下働きをしていたが、旅芸人として町を訪れたレッドと知り合い、行動をともにすることになる。
風采は短躯。お人好しで、人間味に溢れた好漢であるが、一方で、仲間とともに死ねかったことを悔いている。
酒に非常に強く、うぃすきぃのボトルを10本近く空けてようやく酩酊する程度。
最初はレッドの復讐のことを知らず、レッドと同行することで自分の人生を取り戻せると考えていた。しかし、あまりにも苛烈なレッドの復讐を目の当たりにして、自らの道行きに疑問を抱く。
オーエンとの出会い、ブルーとの邂逅を経て、やがて自らの道行きの理由を見つけることとなる。
アンジー
伊衛郎と同じ町に住んでいる娼婦
町を訪れたレッドに好意を抱き、行動をともにすることになる。
金髪碧眼。気っ風の良い世慣れた人物であり、強気な性格である。
ギャンブルに非常に強く、特にカードで負けた描写は一度も無い。本人もそれを十分承知しており、道行く先でギャンブルをしかけては旅費を稼いでいる。
射撃の心得があり、標的を正確に撃ち抜くことができる。どこで射撃の訓練を受けたのかは本人は明らかにしていない。過去に謎の多い女性である。
スカーレット
白人の中で暮らすインディアンの少女。クリスチャン・スタージェスの養子
出生の秘密ゆえにブルーたちに追われる事となる。旅の途中でレッドと出会い、やがて自らの宿命を悟る。
スタージェスの旧知であるグレイを慕っている。
優しさと慈悲心に満ちあふれた少女。
チリカ
アパッチ族の少年。
家族をメキシコ軍に殺され、孤児となったところをジェロニモに拾われる。以後、ジェロニモの団の中で暮らす。
ジェロニモが町を襲撃したときにレッドと出会い、ともに戦ったあと、行動をともにすることになる。
アルコーズを義理の父と慕っている。スカーレットを密かに慕っている。
ジェロニモの下で育ったため、銃器の扱いに慣れている。
グレイ
レッドの復讐を手伝う謎の巡回牧師
アメリカ軍の試作拳銃であるヘイトソングをレッドに手渡し、復讐を加速させる。
スタージェスとは旧知であり、スカーレットを庇護の対象としている。
女たらしで酒好き。二丁拳銃の使い手。
エドワード・ゴールドスミス
元ブルー小隊隊員。アメリカ陸軍大佐
かつては狙撃の名手として仲間から一目置かれていた。ホワイトリバーの虐殺を契機に上官であるブルーと袂を分かち、虐殺事件を上層部に密告した。
自らはアメリカ陸軍に残り大佐にまで昇進。トーマス砦の指揮官を務めていた。
トーマス砦に単身潜入したレッドに捕らえられ、行動をともにすることにになる。
屈強な、隻眼の老人。

ブルー小隊[編集]

ブルー
ブルー小隊の指揮官。階級は大尉
凶状を持つ人物を惹きつけるカリスマを持つ。
アメリカ合衆国を変容させる陰謀を巡らせており、彼の存在自体がアメリカにとっての脅威となっている。
ジョン・テレンス
ブルー小隊の副官。"A"分隊隊長。
復讐を開始したレッドを調査し、追跡している。
かつてよりブルーを崇拝していたが、ブルーの真意を知って以降は疑心暗鬼となり、ブルーを怖れることとなる。
残忍な性格で、徹底的な人種差別主義者であり、白人以外の人間を人間と捉えてはいない。
ハロルド・バーンズ
元ブルー小隊隊員。
伊衛郎とアンジーが住んでいる町の保安官を務めている。権力を利用して横暴を振るっていた。
レッドの最初の標的。
ハンプトン・ヒル
元ブルー小隊隊員。
スチュワート牧場のカウボーイ兼用心棒。
ガンマニアで、銃への造詣が深い。愛銃であるシングルアクションアーミー・キャバルリーへの思い入れは深い。自分が使う弾丸は自作している。
殺人を嗜好する狂気を孕んだ男。
オーエン・ランディス
元ブルー小隊隊員。
除隊後に娼婦であるリンダ(タリア)と出会い結婚する。タリアと暮らした結果か、かつての凶状はすっかり姿を潜め、温厚な人物となっている。料理が上手く、その腕を生かしてタリアとレストランを開いている。
ブルーには心の底からの恐怖を感じており、ブルーの度重なる招集に逆らうことができず、タリアの元を去る。
伊衛郎との出会いが彼の運命を変えることとなる。
ギルス・グリーンウェル
元ブルー小隊隊員。
女性のような容姿をした美しい青年。快楽殺人者であり、戦闘狂。多種の銃器を自在に操る。
昔、女装して留守番をしていた時に強盗が押し入り、性的暴行を受けかけた際の経験がきっかけで精神に異常をきたしている。
スカーレットのいる学校をオーエンらとともに襲撃し、グレイと死闘を繰り広げる。
パトリック・ブーン
元ブルー小隊隊員。
普段は「鉄の規律」として有名なジェファーソン小隊を指揮する「ジェファーソン少尉」として振舞っているが、実際は快楽殺人者。
「ホワイトリバーの虐殺を生き残った最後の1人」を殺すことに歪んだ興奮を抱き、麻薬の類で判断能力を失わせたジェファーソン小隊と共に襲い掛かる。
アーノルド・コッパー
元ブルー小隊隊員。
通称「AC」。ダニエルとは双子の兄弟で、アーノルドは兄に当たる。
ダニエルに対し異常なほどの愛情を注いでおり、幼い頃ダニエルを生き埋めにした両親を放火して殺し、それ以降はダニエルの全ての面倒を見ている。
「俺たちは2人で1人」「俺たちは完璧だ」がポリシーで、ダニエルを馬鹿にされると「俺の半分が馬鹿にされた」として激高する。
自分とダニエルを認めたブルーを「親父」として慕っている。
ダニエル・コッパー
元ブルー小隊隊員。
通称「DC」。アーノルド・コッパーとは双子の兄弟で、ダニエルは弟に当たる。
幼い頃口減らしのために両親に生き埋めにされたことで精神を病んでいる。
終始無表情で自主的な行動はほとんどなく、発言はアーノルドの鸚鵡返しするのみで、行動も基本的にアーノルドの行動をトレースするのみ。
月夜に墓場の真ん中で寝転がって涙を流す奇癖を持つ。
ヒュー・ルーカス
元ブルー小隊"A"分隊隊員。
射撃音の五月蝿い銃を嫌い、投げナイフでの戦闘を好む。
ブライアン・ビショップ
元ブルー小隊"A"分隊隊員。
「人が荷物になる」瞬間を求め、手ごたえでそれを感じやすい絞殺を好む。
ノーマン・クイン
元ブルー小隊"A"分隊隊員。
寡黙な巨漢で、ガトリングガンを好む。
ビル・キングストン
元ブルー小隊"A"分隊隊員。
早撃ちが得意。
クリストファー・ナイト
元ブルー小隊"A"分隊隊員。
小馬鹿にした話し方が特徴で、ダイナマイトを用いた時間差の罠が得意。

大統領のエージェント[編集]

ブラウン
エージェントのリーダー格である女性。大統領との旧知でもある。
ブラック
巨漢の黒人エージェント。粗暴だが、仲間を思う気持ちが強い。
カーキ
盲目の男性エージェント。鋭敏な聴覚を駆使し、敵の気配を察知して戦う。

その他の人物(五十音順)[編集]

アルコーズ
元アパッチ族であり、トーマス砦のインディアン斥候隊隊長。
トーマス砦に居候をすることになったチリカの父親代わりとなる。
あくまで白人に抵抗しようとするジェロニモに反対し、白人の下で生きることを選んだ男。
アルフレッド
スカーレットの同級生。
スカーレットに好意を寄せている。気弱な少年であるが、いざとなると勇気を発揮し、芯は強い。
グリーンウェルによる学校襲撃の際、スカーレットとグレイを助けるために行動する。
ウォーターズ
ブルーの手下。
各地にいる元ブルー小隊隊員にブルーの意向を伝えるメッセンジャー。
物腰の低い小男。
黄(ウォン)
中国人移民の男性。
十二人の家族を養うために牧童として働いている。夢は大きな中華料理店をかまえることである。
物語の各所に登場し、重要な人物達を結びつける。
伊衛郎と瓜二つ。
オセオラ
ティヨーレ(レッド)の無二の親友。
ホワイトリバーの虐殺時に、ティヨーレをかばって絶命する。死の間際に、部族の仇を討つようティヨーレに言い遺す。
カスター将軍
実在の人物。アメリカ合衆国軍人。階級は中佐。対インディアン戦争で知られた第七騎兵隊の指揮官。
作中では、ホワイトリバーの虐殺を隠蔽した人物として登場する。
1876年のリトルビッグホーンの戦いにおいて、クレイジーホースが参加したインディアン連合軍と交戦し、敗死している。
ガブリエル・ウォーカー
スカーレットの付き人。巨漢の黒人。障害のため、言葉を発することができない。
スカーレットが危機に瀕すると身を挺して守る勇敢な人物。
クリスチャン・スタージェス
スカーレットの養親。グレイの旧知。
ホワイトリバーの虐殺時、内務省BIA(インディアン管理局)局員としてブルー小隊に随伴していた。
虐殺発生時に制止しようとするも叶わず、静観を余儀なくされた。
虐殺を止め得なかったことを悔いる気持ちから、スカーレットを養子として育てている。
心労から、年齢以上に老いた外見をしている。
クレイジーホース
実在の人物。オグララ・スー族の戦士。1876年のリトルビッグホーンの戦いで、インディアン連合軍に加わり第七騎兵隊と戦った。
作中では戦いへの助力を仰ぎにシルバーリングの元を訪れ、レッドにインディアンの誇りを示す。
グローバー・クリーブランド
実在の人物。アメリカ合衆国第22代大統領。
作中ではブルーの陰謀を阻止するため、アメリカ全土にエージェントを放ち活動させている。
ジェロニモ(ゴヤスレイ)
実在の人物。チリカワ・アパッチ族の戦士。インディアンの白人との抵抗戦の象徴的人物。
作中ではチリカを拾い、多大な影響を与えた人物として登場する。
尽きることのない反骨の精神を持った男。
シルバーリング
スー族の一部族、マザスカの長。
かつては勇猛な戦士として知られていたが、マザスカの敗勢が濃くなってからはマザスカの将来を思い、白人の社会に溶け込めるように取りはからった。情義に厚い人物であり、マザスカの民からは畏敬の念をもって敬われる。
ホワイトリバーの虐殺から生き延びたティヨーレを拾い、レッドという名を与えて保護した。
バーナード・キャプショー
トーマス砦の新米少尉
上官であるゴールドスミスを、亡くなった父親と重ね合わせて敬愛している。
ゴールドスミスがレッドに連れ去られたあと、ゴールドスミスの消息を調査するために部隊を率いる。
村崎十字郎(むらさき じゅうじろう)
伊衛郎の幼なじみ。
島原隠れキリシタンの商家に生まれ、幼少時に肥後藩葦北へ転居してきたところを伊衛郎と出会う。
生まれの事情から、同年の子供との交流を阻まれていた村崎にとっては、伊衛郎が初めての友達であった。そのため、村崎は伊衛郎に特別な感情を抱くようになった。
長じてからは「居合いの村崎」として、伊衛郎とともに葦北では名の知れた存在となった。
西南戦争勃発後、伊衛郎に従うかたちで薩軍に従軍し、多大な戦果を挙げた。
しかし伊衛郎と村崎たちは田原坂において包囲され、仲間たちは全員自決を遂げた。その中で村崎は伊衛郎にアメリカへ逃げることを持ちかけ、ともに戦場から逃亡する。
渡米後、伊衛郎と村崎はあることを理由に袂を分かつことになる。さらに、村崎は夢に描いていたアメリカの社会の現実に幻滅する。失意に沈む村崎の前に現れたのはブルーであった。
ブルーの指令により、スカーレットを捜索している。
伊衛郎に対して異常な独占欲を示す男。居合いの使い手。
長身を黒衣に包み、無表情で、時として不気味な男。
“ライトニング”ベーカー
ネブラスカきっての凶悪犯。
強盗や殺人など数々の犯罪を行った賞金首。6フィート半はあるという体躯を持ち、女言葉で喋る黒人男性。
ガブリエルに好意を抱き、ガブリエルを助けるというかたちで、間接的にレッドの復讐に協力する。

作中用語(五十音順)[編集]

ウィシャ
スー族の架空の一部族。ティヨーレ(レッド)が生まれた部族。
かつては白人に猛烈に抵抗していたものの、戦いを経るうちに損耗し、勢力を縮小していた。その結果、アメリカ合衆国の管理下に置かれ、居留地への移動を余儀なくされることとなった。
1876年、ウィシャは居留地への移送のため、ダコタ準州ホワイトリバー河畔を移動していた。そのさなか、ウィシャは、護衛に就いていたアメリカ合衆国陸軍第七騎兵隊ブルー小隊の無差別な発砲を受ける。女性と子供、老人を主な構成員とするウィシャは抵抗することもなく、ティヨーレを除く全員が殺害された。
狭間筒
伊衛郎が使う長銃身の火縄銃。伊東家伝来の肥後銃である。
狭間筒とは実在した銃種であり、城の防衛に用いられるのが一般的である。城の壁にもうけられている狭間(銃眼)に据え置いて使うため狭間筒と呼ばれる。
  • 全長201cm、重量11.61kg、口径13.5mm、総弾数1
ヘイトソング
レッドが使う重厚長大なリボルバー。アメリカ軍が開発した試作型拳銃である。型式番号は "S&W M03A7 HATESONG"。
ヘイトソングは、ライフル用の弾丸である.45-70ライフル弾を発射できるリボルバーである。拳銃の範疇から外れた破壊力を持つが、射手に並外れた反動制御能力や筋力を要求する規格外のモデルである。
独特の機構を持つオートマティックリボルバーであり、弾丸の発射とともに、弾丸のガス圧を利用してフレーム上部を後退させ、シリンダーを回転、ハンマーをコックさせる仕組みとなっている。この機構により、シングルアクションのリボルバーとは異なり、速射を可能にしている。
銃身下部に長大なナイフを取り付けることができ、これにより格闘戦にも対応する。
  • 全長43.8cm、重量5.02kg、45口径、総弾数6
ホワイトリバー / ホワイトリバーの虐殺
ホワイトリバーは架空の河川。ダコタ準州を流れる。白い粘土質の土を多量に含むために白く見え、そのためにホワイトリバーと呼ばれる。
ホワイトリバーの虐殺は、ホワイトリバーで起きた架空の虐殺事件。1876年、ウィシャを居留地へと移送中だったアメリカ陸軍第七騎兵隊ブルー小隊が、突如としてウィシャへ無差別な発砲を行った。ウィシャはティヨーレを除き全員殺害された。
アメリカ西部開拓時代には、インディアンの虐殺事件は常態化しており、アメリカ国民から賞賛の声は上がっても、問題視されることはほとんどなかった。
マザスカ
スー族の架空の一部族。ダコタ準州パインヒル居留地に居留している。
かつては白人に対して猛烈に抵抗していたものの、族長のシルバーリングが白人と取引をし、白人の文化を受け入れ、居留を許されている。

単行本一覧[編集]

関連項目[編集]

作品ジャンルについて
歴史的な背景について
社会的な背景について