RAI国立交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RAI国立交響楽団(ライこくりつこうきょうがくだん、Orchestra Sinfonica Nazionale della RAI)は、イタリアトリノに本拠地を置く放送オーケストラである。1994年に、それまでローマミラノ・トリノ・ナポリにあったRAI(イタリア国営放送)所属のオーケストラを、トリノRAI交響楽団を中心に整理・統合して誕生した。

初代首席指揮者はフランク・シップウェイ。2001年からはラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスに引き継がれ、2009年にはユライ・ヴァルチュハがその任に着いた。また名誉指揮者としてエリアフ・インバルジェフリー・テイトが就任しており、また客演指揮者としてジャナンドレア・ノセダも名を連ねている。レコーディングはズービン・メータが指揮した『椿姫』があるほか、各種テレビ放送の出演も多い。

そもそもの成り立ちはトリノに最初の交響楽団が創設された1931年までさかのぼる。その後ローマ、ミラノ、ナポリに交響楽団が、ナポリにはアレッサンドロ・スカルラッティの名前を冠した管弦楽団もつくられた。

これらのオーケストラには客演した指揮者としてはヴィットリオ・グイヴィルヘルム・フルトヴェングラーヘルベルト・フォン・カラヤンアントニオ・グァルニエリイーゴリ・ストラヴィンスキーレオポルド・ストコフスキーセルジュ・チェリビダッケカルロ・マリア・ジュリーニマリオ・ロッシフランコ・カラッチオーロロリン・マゼールトーマス・シッパーズズービン・メータヴォルフガング・サヴァリッシュなどの名指揮者が名を連ねる。

またイタリア生まれのクラウディオ・アバドリッカルド・シャイーリッカルド・ムーティジュゼッペ・シノーポリなどにとっても、これらのオーケストラでデビューを飾ることが登竜門のひとつとなっていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]