R143 (鉄道車両)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
R143
高架橋上を走るR143
高架橋上を走るR143
営業最高速度 90 km/h
設計最高速度 100 km/h
起動加速度 4.0 km/h/s
減速度 1.1 km/h/s(常用最大)
1.4 km/h/s(非常)
編成定員 1994人(8両、立ち客含む)
全長 18,350 mm
全幅 2,980 mm
全高 3,700 mm
軌間 1,435(標準軌) mm
電気方式 直流 625v(第三軌条方式
主電動機 1508C
主電動機出力 112kw
制動方式 発電ブレーキ併用
製造メーカー 川崎重工業
ボンバルディア・トランスポーテーション

R143は、ニューヨーク市地下鉄で使用されている通勤形電車である。

概要[編集]

大型車両の走行する「Bディビジョン」用の新型車両として川崎重工業で製造された。基本とする設計は同社が製造し、すでに運行を始めていた小型車両が走行する「Aディビジョン」向けのR142電車である。製造は初期の一部車両を日本の兵庫工場で、残りを現地法人の工場が受け持った。

2001年12月から試運転が始められて、2002年2月にLラインにて営業運転を開始した。以後、2003年3月までに4両編成53本(212両)が投入された。

車体外観[編集]

ステンレス製18.5m級の車両で、片側4つの両開きドアを持つ通勤型の車体である。前面は黒く塗ることで運転席の窓を大きく見せる視覚的な工夫がなされており、上部には走行路線を表すアルファベットや数字を表すLED式の表示器が、 下部には衝突事故で衝撃を軽減することを期待してアンチクライマーが装備されている。連結器は電気連結器付き密着連結器を採用している。日本の車両と違い落書きを防ぐために側面にはいっさいの飾り帯が貼られていない。

内装[編集]

ニューヨークの他の車両と同じくプラスチック製でクッションの類はない。また、立ち客用には握り棒が通路の真ん中と座席両端(袖仕切り)部分にあるだけでつり革は設置されていない。

運転・走行機器[編集]

小糸工業製のタッチパネル式モニタ装置を搭載し、運転状況や搭載機器の管理・監視を行っている。電装品は基本的にボンバルディア・トランスポーテーション製であるが、4両編成2本(8両)だけはシーメンス製を搭載している。

運用[編集]

2編成つないだ8両編成でLラインで使用されている。2005年の一時期、本系列を用いてLラインでワンマン運転の試験が行われた。

事故[編集]

2006年6月にカナージーにある車両基地にて車両が車止めを突き破る事故が発生した。事故発生時に先頭車両だった8277は台枠(シャーシ)を曲げて大破し[1]ニューヨーク州ヨンカーズにある川崎重工の現地法人の工場内に留置されている。また、8277と編成を組んでいた8278 - 8280の3両は207ストリートの車両基地で留置が続いており、2010年現在も運用復帰のめどが立っていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般に台枠を変形させてしまった場合は解体して作り直しとなる

外部リンク[編集]