Python Imaging Library

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Python Imaging Library
作者 Fredrik Lundh
開発元 Secret Labs AB
初版 1995年(19年前) (1995[1]
最新版 1.1.7 / 2009年11月15日(4年前) (2009-11-15[2]
最新評価版 1.2a0[3] / 2011年09月17日(3年前) (2011-09-17
プログラミング言語 Python, C
種別 画像処理向けライブラリ
ライセンス Python Imaging Library license[1]
公式サイト www.pythonware.com/products/pil/
テンプレートを表示

Python Imaging Library(略称 PIL)は、プログラミング言語Pythonに、各種形式の画像ファイルの読み込み・操作・保存を行う機能を提供するフリーのライブラリである。Windows、Mac OS X、Linuxで利用することができる。2009年9月にリリースされた最新版のPIL 1.1.7では、Python 1.5-2.7をサポートしているが、Python 3のサポートは「後に」なるとされている[2]

開発は、2011年のPILレポジトリへのコミットを最後に停止しているとみられる[3]。そのため、Pillowという後継のプロジェクトがPILのリポジトリをフォークし、Python 3のサポートなどを追加している[4]

Pillowは、オリジナルのPILの後継として、Debian[5]Ubuntu[6](13.04から)などのLinuxディストリビューションで採用されている。

機能[編集]

PIL は、画像操作のための標準的なプロシージャを提供しており、次のようなものがある。

  • ピクセル毎の操作
  • マスキングと透明度の制御
  • ぼかし、輪郭補正、スムージング、輪郭検出などの画像フィルタ
  • シャープ化、明るさ補正、コントラスト補正、色補正などの画像の調整
  • 画像へのテキストの追加
  • その他いろいろ

サポートするファイル形式[編集]

PPM, PNG, JPEG, GIF, TIFF, BMPなどの画像形式をサポートしている。デコーダを新規に作成して、他の形式を読み込めるようにライブラリを拡張することもできる[7]

使用例[編集]

この例では、ハードドライブから画像をロードし、ぼかしのフィルタ処理を行っている。

from PIL import Image, ImageFilter
 
original = Image.open("lena.ppm") # ハードドライブから画像をロード
blurred = original.filter(ImageFilter.BLUR) # 画像をぼかす
 
original.show() # 2つの画像を表示する
blurred.show()

脚注[編集]

  1. ^ a b Software License”. 2013年12月8日閲覧。
  2. ^ a b Python Imaging Library”. 2013年12月8日閲覧。
  3. ^ a b effbot / pil-2009-raclette”. 2013年12月8日閲覧。
  4. ^ Pillow: a modern fork of PIL”. 2013年12月8日閲覧。
  5. ^ Details of package python-imaging in sid”. Software in the Public Interest. 2013年12月8日閲覧。
  6. ^ Details of package python-imaging in raring”. Canonical Ltd.. 2013年12月8日閲覧。
  7. ^ D. Writing Your Own File Decoder”. Effbot.org. 2014年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]