パンク・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Punk rockから転送)
移動: 案内検索
パンク・ロック
様式的起源 ロックンロールガレージ・ロックパブ・ロック
文化的起源 1970年代
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
使用楽器 ボーカルギターベースドラムセットキーボード
流行時期 1970年代以降、世界的に流行
サブジャンル
ハードコア・パンクアイリッシュ・パンクオイ!メロディック・ハードコアポップ・パンクエモなど
融合ジャンル
 パワーポップニュー・ウェイヴポストパンクオルタナティヴ・ロックグランジ
ローカルシーン
ニューヨーク・パンク
関連項目
インディー・ロックカウンター・カルチャーパンク・ファッション日本のパンクパンク (サブカルチャー)
テンプレートを表示

パンク・ロック (Punk Rock) は、1970年代中頃に生まれたロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることが多い。アメリカニューヨークボヘミアン的なロック・シーンに産声を上げ、1976年にイギリスロンドンセックス・ピストルズがデビュー。その後、イギリスに同傾向のバンドが続々と登場し、ロックの一時代を築いた。当初は反体制的、または左翼的なメッセージを歌うバンドが多かったが、次第に政治的な色彩は弱まっていった。パンクの音楽性の一部はニュー・ウェイヴに引き継がれた。

日本のパンクバンドについては、日本のパンク・ロックの項を参照。

経緯[編集]

時代背景[編集]

元々、若者のための音楽として1950年代に生まれたロックは、1970年代半ばになると、まるで古典芸術のようにティーンエイジャーたちが演奏を模倣できないほど高度な演奏技術を要するようになっていた。パンクは、このような状況への反発から生まれたといえる。

早すぎた終息[編集]

1977年のロンドン・パンク・ムーブメントは短期間で終息し、入れ代わるようにポストパンクニュー・ウェイヴが台頭した。この中で、オリジナル・パンクの根底にあった、肉体性の否定、無機質でユニ・セックスな性格、前衛性・実験精神などは、スロッビング・グリッスルディス・ヒートワイヤーらが引き継いだ。一方、これらに反発するように台頭したエクスプロイテッドGBHブリッツコックニー・リジェクツといったネオ・パンク(oi!)やハードコア・パンク勢もアンダーグラウンド的に人気を集めた。モヒカン刈りジャンパーといった、後のパンク・ロックのファッション的なイメージは後者によって作られた。

後継者たち[編集]

アメリカでは、ハードコア・パンク・バンドのバッド・ブレインズマイナー・スレットダグ・ナスティらがワイヤーの曲を盛んにカバーした。こうした背景から、後にハードコア・パンクの聖地と呼ばれたワシントンDCでは、ハードコア・パンクの暴力性を否定するポスト・ハードコアが生まれた(レボリューション・サマー)。これが全米に広がり、1990年代のオルタナティヴ・ロックのプロト・タイプとなった。サウンドガーデンダイナソーJrマッドハニーフー・ファイターズロリンズ・バンドジーザス・リザードらがその代表的なバンドである。

音楽的特徴[編集]

スリーコードを機軸としたスタイルにパワーコードを加えた簡素なロックンロールであるが、ザ・フーローリング・ストーンズキンクスといった1960年代のロックンロールバンドとの決定的な違いは、ブルースの匂いが払拭されていることであろう。

思想的特徴[編集]

ジョニー・ロットンがセックス・ピストルズを脱退した後、「自分は思想的アナーキーではなく音楽的アナーキーだった」「自分は決して反キリスト者ではなく、むしろその対極の人間だった」と語ったように、パンク・ロックは、そもそも政治的な主張を目的として生まれたものではなかった。ニューヨーク・パンクに顕著であるが、政治的な革命ではなく音楽の革命を目指していた。

パンクは、1980年代のハードコア・パンク以降、「反権力・自主性」というアナキズム的な政治主張が押しだされるようになった。DIYDo It Yourself=自分達でやる)という言葉がしばしば標語として掲げられ、アーティストの自主性が重要視された。代表例としては、半自給自足の共同生活を行ない、後のハードコア勢に多大な影響を与えたクラス、自らレーベル「ディスコード」を立ち上げて一切のマネージメントを自ら受け持ったイアン・マッケイフガジ、元マイナー・スレット)などが挙げられる。しかしその後は、反権力やDIY精神に関心をもたないパンクバンドが主流となっていく。

歴史[編集]

ニューヨーク・パンクの誕生[編集]

パンクのゴッドファーザー、イギー・ポップ

ニューヨーク・パンクは、1960年代後半にアメリカでアンダーグラウンド的に人気を得ていたMC5ヴェルヴェット・アンダーグラウンドザ・ストゥージズニューヨーク・ドールズなどに影響を受けて生まれた。ただし、当時はニューヨークで活動するアンダーグラウンド・ロック・バンドが十把一絡げにニューヨーク・パンクと呼ばれていたきらいがある。後世への音楽的影響云々で判断すれば、ラモーンズテレヴィジョンジョニー・サンダース&ハートブレイカーズパティ・スミス、リチャード・ヘル&ヴォイドイズ、ディクテイターズらが厳密な意味でのオリジナル・パンクと呼べるだろう。しかし彼らは、その音楽的な影響の強さにも関わらず、世界的な商業的成功を得ることは出来なかった。ポップ色の強いブロンディ、ワールドミュージックに傾倒したトーキング・ヘッズなど、パンクから派生したいくつかのニュー・ウェイヴ・バンドが、それなりの商業的成功を収めたに止まる。

ロンドン・パンク興隆[編集]

このニューヨークでのアンダーグラウンドの動きに注目したのは、大西洋を隔てたイギリスである。ラモーンズのロンドン公演などを機に、ロンドンを中心にニューヨーク・パンクを模倣したバンドが多数結成されるようになった。ロンドン・パンクの特徴としては、初期のロックンロールが持っていた攻撃性と反社会性、スリーコード中心の曲調が挙げられる。また、少し前に流行っていたパブロックといわれる音楽も、ロンドン・パンクに大きな影響を与えた。破れた細いジーンズや古Tシャツ、革ジャン、よれよれのジャケットなどのファッションも若者の間で流行した。初期に人気があったのはストラングラーズとセックス・ピストルズであるが、アメリカ進出は成功せず、後発といえるザ・クラッシュが、アメリカでそれなりの成功を収めた。

ストラングラーズは、1974年ロンドンで結成された。当時の流行から外れた短い髪、細いズボン、短いギターソロ、攻撃的な歌詞と音楽。彼らのサウンドは、パンクもしくはニュー・ウェイヴと呼ばれ、次第に人気が出てきた。ストラングラーズは、アイスクリーム販売用のバンでイギリス国内を移動してライヴを行った。やがて反体制的なパンクバンドとして右翼団体の標的となるなど問題も抱えつつ、各アルバムをイギリスのトップ5に送り込むようになる。1970年代後半には、イギリスにおいてセックス・ピストルズやクラッシュ、ダムドと並んで人気パンクバンドであった。

セックス・ピストルズは、ロンドンで「SEX」という名前のブティックを経営していたマルコム・マクラレン[1]が、店にたむろしていた若者たちが作ったアマチュア・バンドに介入し、1975年にライブデビューさせた。破れたシャツ、安全ピン、逆立てた髪という奇抜なファッションは、マルコムの助言によるものだと言われている[2]。メンバーのグレン・マトロックジョニー・ロットンが作ったオリジナル曲の数々は、アナーキズムを煽動したり、エリザベス女王をおちょくるなど、当時の保守的なイギリスにおいては考えられないほどタブーを犯すものであり、そのことがマスコミの好餌となり、スキャンダリスティックに取り上げられた。ライブでは客に唾を吐きかけ、テレビに出演すれば必ず司会者とトラブルを起こすと言われ、イギリス中の話題となり、パンクがメジャーに進出するきっかけを作った。それまで、大学のキャンパスでしか使われなかった、アナーキーというフランス語源の英語をポップ音楽の中に定着させたのは、彼らである。

1976年、ダムドがデビュー。ロンドン・パンクで最初にシングル及びアルバムをリリースした。ほかのパンク・バンドに比べて政治色が薄く、圧倒的な演奏のスピードが特徴で、アルバム『地獄に堕ちた野郎ども』が大ヒットした。

ザ・クラッシュは1976年ロンドンで結成され、翌1977年白い暴動』でデビュー。2作目のアルバムは直球なパンクだったが、パンクと通じる精神性をもつレゲエカリプソロカビリーへの接近を試みた、1979年のアルバム『ロンドン・コーリング』を発表、次第に普遍的なロックバンドへと成長していく。シングル「ロック・ザ・カスバ」のヒットによってアメリカでも人気を得、スタジアム規模のライブツアーを何度か行った。

他に、ザ・ジャムネオモッズ・ムーブメントを巻き起こし、UKチャートでNo.1ヒットを4曲も出すなど、1982年の絶頂期に解散するまで人気バンドとして君臨した。ベテランのミュージシャン達によって結成されたポリスでさえ、デビューアルバムはパンクであった。また、スペシャルズマッドネスなどの2トーンスカバンドが人気を博した。

ブームの火付役であったセックス・ピストルズは、アメリカ・ツアーの途中で空中分解し、ジョニー・ロットンの脱退により、スタジオ・アルバム1作を残しただけで実質解散。ジョニー・ロットン改めジョン・ライドンは、新たにPIL(パブリック・イメージ・リミテッド)を結成。カンキャプテン・ビーフハートなどの前衛ロックや、レゲエの先進的なミキシング方法であるダブなどの影響を採り入れた音楽は話題となり、パンクからニュー・ウェイヴへという時代の変化を印象づけた。

イギリスでは、失業者の増加と言う社会問題が下地となって、若者たちの不満、怒り、反抗、暴力性などを掬い上げたパンクが大きな社会現象となった。ジェネレーションXビリー・アイドルが在籍)などのポップなバンドも次々に生まれ、盛り上がった。ファッション、芸術、文学にまでその波は広がり、セックス・ピストルズ以上に髪を逆立たせ、服を破いたスタイルのロンドン・パンク・ファッションは世界中で知られた。1980年代のロンドンでは観光客相手に、パンク・ファッションで街頭に立ち、お金をもらって写真を撮らせるビジネスもあった(ちなみに、日本では違法行為である)。

1980年代のパンク・ロック[編集]

1978年にセックス・ピストルズは解散し、パンクは沈静化を迎えた。しかし1980年代クラスをきっかけに、ディスチャージG.B.H.エクスプロイテッドといったネオ・パンクバンドが次々に登場、いわゆる「ハードコア(極端)・パンク・ムーブメント」で、シーンは再活性化する。特にクラスは、メンバーが共同生活し、半自給自足の生活を送るなど、徹底的な反システム、アナーキズムを貫き、パンク・ロックにより過激な主張を持ち込んだ。

また、ハードコアとは別に、イギリスではストリートとより密接に結びついたパンク・リヴァイヴァル/ネオ・パンクの動き、オイ!が勃興する。シャム69コックニー・リジェクツなどを中心とするこのムーブメントは、音楽的にはロンドン・パンクのポップさ、キャッチーさを継承しつつも、オリジナル・パンクにあったユニ・セックス的な側面は影を潜め、男らしさを打ち出すバンドが多かった。これは、当時のポップミュージックの中心だったニュー・ウェイヴに反目する意味合いがあった。

アメリカにおいても、1970年代後半にニューヨーク・パンクやロンドン・パンクに影響を受けたバンドが次々と誕生、ブラック・フラッグバッド・ブレインズといった有力バンドにより、各地でハードコア・シーンが生まれた。局地的・アンダーグラウンド・レベルな現象の全貌を明らかにするのは難しいが、西海岸のファンジンの中には長期にわたって情報センターの役割を果たしたものもある。1977年創刊のロサンゼルスのフリップサイド誌は、ガレージやポスト・パンク等雑多だった時代からのファンジンである。バークリーのカレッジラジオ局のパンク番組「マキシマム・ロックンロール」が、ファンジンを創刊する1982年には全米的な規模でハードコアリポートが掲載されるようになった。「マクシマム・ロックンロール 2号」のニューヨーク発リポートでは、ハードコア・バンドだったビースティー・ボーイズの自主制作盤発売が伝えられている。とはいえ、同誌においても誌面はハードコア一本槍だっわけではなく、レビューの半数を占めていたのは、カレッジロックやガレージ的なバンドであった。一般的なイメージとは裏腹に、ハスカー・ドゥやバッド・ブレインズのように大手レーベルと契約するバンドが増え、またSSTディスコード・レコードのような個人レーベルがディストリビューションを拡大し、クロスオーヴァーやスピードコア、ユースクルー・ハードコアが台頭する80年代半ばから後半にかけてがハードコアの規模的なピークであった。

スラッシュメタルからのクロスオーバー、ハードコアバンドによるメタルという意味でのクロスオーバー(・スラッシュ)は、D.R.I.(Dirty Rotten Imbeciles)の同名アルバム(1987年)以降一般化したとみられる。東海岸では、アグノスティック・フロントクロ・マグスらに代表されるハードコアのメタル化やクロスオーバー、それらに反発するユース・オブ・トゥディらストレート・エッジの復古的な盛り上がりが、ニューヨーク・ハードコアという新たなブランドを作り出した。 現代でハードコアといえば、こうしたニューヨーク・ハードコアの流れを汲むバンドが世界的に見てほぼ主流と言って差し支えないが、日本では今なお旧来のジャパニーズ・ハードコアやUKハードコア・パンクの流れが強い。

一方、ハードコア生誕の地、ワシントンD.C.ではストレート・エッジを提唱した人気バンドマイナー・スレットの解散後、フロントマンであり自主レーベルディスコードのオーナーでもあったイアン・マッケイは、暴力化・様式化するハードコア・シーンに反発した音楽活動を開始、ディスコードはこの1985年をレボリューション・サマーと呼ぶ、兼ねてよりアメリカのハードコア・パンクスにとって大きなルーツであった、GANG OF FOUR、WIRE、P.I.L、DEVO(実際、デビュー当時パンク・バンドとして紹介されていた)といった、ニューウェーヴ、ポストパンクをハードコア世代流に解釈。 これが、後にオルタナティヴ・ロック、エモ・コアと呼ばれる音楽の源流となって行く。

グランジ・ブーム[編集]

アメリカにおけるハードコア・ムーブメントはアンダーグラウンドな動きに留まったが、その過程において各地のバンド、インディ・レーベルを結ぶネットワークが出来上がる。そのような状況下、サウンドガーデングリーン・リヴァーマッドハニーといったバンドが、シアトルのインディ・レーベルサブ・ポップより次々とデビューし、シアトルのアンダーグラウンドシーンは盛り上がりを見せる。そして、1980年代初めからニューヨークのアンダーグラウンドシーンで活躍していた ソニック・ユースが、1990年にメジャー・レーベルのゲフィン・レコードよりデビュー、翌1991年にはニルヴァーナが『ネヴァーマインド』でメジャー・デビューし、全世界で3,000万枚を売り上げる大ヒットを記録する。その後、パール・ジャムなどが次々とメジャー・デビューし、グランジ・ブームが訪れる。

また、1990年代にアメリカ北西部のオリンピア・ポートランドを中心に、グランジ/オルタナティヴ・ロックと同時期にライオット・ガール(Riot Grrrl)といパンクロック版フェミニズム・ムーヴメントが起きた[3]

しかしながら、1994年にニルヴァーナのリーダーであったカート・コバーンが自殺すると、グランジがオルタナティヴ・ロックに呑み込まれる形で、グランジ・ブームは急速に終息を迎える。

ポップ・パンク、メロコアの台頭[編集]

1980年代後半にバッド・レリジョンが、ハードコア的なサウンドをよりメロディックにスピーディーにさせたスタイルを確立。NOFXペニーワイズ、イギリス郊外系パンク・ファッションを継いだランシドなどがその音楽性を発展させ、そのサウンドはポップ・パンクメロディック・ハードコアと呼ばれるようになる。

そして1994年グリーン・デイのメジャー・デビュー、オフスプリングの3rdアルバム『スマッシュ』の大ヒットにより、ポップ・パンク、メロコアが爆発的なブームを巻き起こす。

ポスト・ハードコアの時代[編集]

世界中でグランジが流行する1990年代前半、イアン・マッケイ率いるフガジは反抗精神とアンチ商業主義を持ち続け、この影響を公言するバンドが現れ、いつしかその音楽性はエモ・コアと呼ばれるようになる。そして、ポップ・パンク・ブームも落ち着いた1990年代後半からジミー・イート・ワールドゲット・アップ・キッズアット・ザ・ドライヴインなど、数々のフォロワーが生まれ、現在に至る。

パンク・ロックに分類されるアーティスト[編集]

プロト・パンク[編集]

USパンク[編集]

NYパンク[編集]

LAパンク[編集]

70年代UKパンク[編集]

ハードコア・パンク[編集]

oi![編集]

メロディック・ハードコア[編集]

ポップ・パンク[編集]

エモ[編集]

日本のパンクバンド[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 共同経営者は、美術大学時代の同級生で当時私的なパートナーでもあったヴィヴィアン・ウエストウッド。ニューヨーク・ドールズのライブ・ツアーで自ら売り込んでマネージャーを務めた経験がある。初めは普通のブティックだったが、後にSM専門のゴムや革の服を売る店に衣替えした。マルコムは、後にバウ・ワウ・ワウアダム・アンド・ジ・アンツのマネージャーも務め、さらには自分自身もミュージシャンとしてデビューしている。
  2. ^ これらのファッションは、元々テレヴィジョンのリチャード・ヘルがオリジナルである。
  3. ^ ビキニ・キル 『プッシー・ホイップド』花の絵 2014年2月17日

外部リンク[編集]