Proxy パターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UMLで表した Proxy パターン

Proxy パターンは、プログラミングにおけるデザインパターンの一種。Proxy(プロキシ、代理人)とは、大まかに言えば、別の物のインタフェースとして機能するクラスである。その「別の物」とは何でもよく、ネットワーク接続だったり、メモリ上の大きなオブジェクトだったり、複製がコスト高あるいは不可能な何らかのリソースなどである。

Proxy パターンのよく知られている例として、参照カウント付きポインタオブジェクトがある。

複雑なオブジェクトの複数のコピーが必須となる状況では、Proxy パターンに Flyweight パターンを加えることでメモリ使用量を抑えることができる。通常、複雑なオブジェクトのインスタンスは1つだけ生成し、プロキシオブジェクトを複数生成する。それらプロキシオブジェクトは唯一の複雑なオブジェクトへの参照を含む。プロキシへの操作は、オリジナルのオブジェクトにフォワードされる。プロキシオブジェクトが全て破棄されると、参照されていた複雑なオブジェクトの使用していたメモリも解放される。

[編集]

Virtual Proxy (Java)[編集]

以下のJavaの例は、"virtual proxy" パターンを示したものである。このプログラムは以下のように出力する。

Loading    HiRes_10MB_Photo1
Displaying HiRes_10MB_Photo1
Loading    HiRes_10MB_Photo2
Displaying HiRes_10MB_Photo2
Displaying HiRes_10MB_Photo2

ProxyImage クラスは、実際に必要になるまで時間のかかる画像ファイルのロードを遅延させる。ファイルが結局必要とされなかった場合、時間のかかるロードは全く行われずに済む。

import java.util.*;
 
interface Image {
    public void displayImage();
}
 
class RealImage implements Image {
    private String filename;
    public RealImage(String filename) { 
        this.filename = filename;
        loadImageFromDisk();
    }
 
    private void loadImageFromDisk() {
        // 時間のかかる一連の操作
        // ...
        System.out.println("Loading   "+filename);
    }
 
    public void displayImage() { System.out.println("Displaying "+filename); }
}
 
class ProxyImage implements Image {
    private String filename;
    private Image image;
 
    public ProxyImage(String filename) { this.filename = filename; }
    public void displayImage() {
        if (image == null) {
            image = new RealImage(filename); // ロードはオンデマンドでのみ行われる
        }
        image.displayImage();
    }
}
 
class ProxyExample {
    public static void main(String[] args) {
        Image image1 = new ProxyImage("HiRes_10MB_Photo1");
        Image image2 = new ProxyImage("HiRes_10MB_Photo2");
        Image image3 = new ProxyImage("HiRes_10MB_Photo3");      
 
        image1.displayImage(); // ロードが必要
         image2.displayImage(); // ロードが必要
         image2.displayImage(); // すでにロード済みなのでロード不要
         // 3つめの画像はロードされずに終了する。
    }
}

Protection Proxy (C#)[編集]

以下のC#の例では、RealClient はアカウント番号を格納する。正しいパスワードを知っているユーザーだけが、このアカウント番号にアクセスできる。RealClient はパスワードを知っている ProtectionProxy で守られている。ユーザーがアカウント番号を得たい場合、まずプロキシがユーザーに対して認証を求め、ユーザーが正しいパスワードを入力したときだけプロキシが RealClient を呼び出してアカウント番号をユーザーに通知する。

この例では、正しいパスワードは thePassword である。

using System;
 
namespace ConsoleApplicationTest.FundamentalPatterns.ProtectionProxyPattern
{
    public interface IClient {
        string GetAccountNo();
    }
 
    public class RealClient : IClient {
        private string accountNo = "12345";
        public RealClient() {
            Console.WriteLine("RealClient: Initialized");
        }
        public string GetAccountNo() {
            Console.WriteLine("RealClient's AccountNo: " + accountNo);
            return accountNo;
        }
    }
 
 
    public class ProtectionProxy : IClient
    {
        private string password;  //秘密のパスワード
        RealClient client;
 
        public ProtectionProxy(string pwd) {
            Console.WriteLine("ProtectionProxy: Initialized");
            password = pwd;
            client = new RealClient();
        }
 
        // ユーザーを認証し、アカウント番号を返す
        public String GetAccountNo() {
            Console.Write("Password: ");
            string tmpPwd = Console.ReadLine();
 
            if (tmpPwd == password) {
                return client.GetAccountNo();
            } else {
                Console.WriteLine("ProtectionProxy: Illegal password!");
                return "";
            }
        }
    }
 
    class ProtectionProxyExample
    {
        [STAThread]
        public static void Main(string[] args) {
            IClient client = new ProtectionProxy("thePassword");
            Console.WriteLine();
            Console.WriteLine("main received: " + client.GetAccountNo());
            Console.WriteLine("\nPress any key to continue . . .");
            Console.Read();
        }
    }
}

関連項目[編集]

外部リンク[編集]