Progeny Debian

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Progeny Debian 3.0pr2

Progeny Debian(プロジェニー・デビアン)とは、インストーラーに Red Hat (Enterprise) Linux から移植した Anaconda を採用した、インストールが極めて容易な Debian ベースの Linuxディストリビューション である。

2007年4月30日メーリングリストに、「2007年4月30日を持ってProgeny社の営業終了が終了した」とのアナウンスが流され、事実上開発は終了した。[1]

概要[編集]

Red Hat 系ディストリビューションでインストール用に広く利用されている Anaconda を採用していた。このインストーラーは、 Debian 3.1 (Sarge) 用に開発されたDebianインストーラと比較しても、さらにハードウェアの自動認識が高いので、システムにそれほど詳しくないユーザーであっても簡単にインストールが可能であった。

元々はDebian開発に携わっている中心的開発者の一人イアン・マードック(Ian Murdock)が立ち上げたプロジェクトである。Progeny Debian の開発は一時中止された経緯があるが、近年になって Progeny Debian 2.0 Beta より再開され、Progeny Debian 3.0 の正式リリースに向けて開発が進められていた。

Progeny Debian は、Debian 3.1 (Sarge) 互換のシステムであり、Sarge用にリリースされた膨大なパッケージを利用することが可能であった。パッケージの管理は APT あるいはそのグラフィカルなフロントエンド Synaptic を使って行うので、Debian と比較して機能・操作性という点で遜色がなかった。

Progeny Debian は、LSB に基づいた Componentized Linux プロジェクトの成果物といえる。Componentized Linux は、独自のディストリビューション開発に役立てることが可能。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]