Preferred Executable Format

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Preferred Executable FormatPEF)とは、Mac OS及びMac OS X実行ファイルオブジェクトファイルのフォーマット。BeOSのPowerPC版システムにも使われていた。

Mac OSではPowerPCの搭載に伴い導入され、内部にPowerPCコードと68Kコードのそれぞれを含み、同一のAPIで呼び出せるようになっている(ファットバイナリ)。68K MacintoshでPEFアプリケーションを使用するには、CFM-68K Runtime Enablerという機能拡張が必要となる。

Mac OS XではMach-Oが標準のフォーマットとなっているが、PEFもCarbonアプリケーションで利用できる。Mach-O CarbonはMac OS Xでしか実行できないが、PEF CarbonはMac OS 9とMac OS Xの双方で実行できる。Intel MacではRosetta上でのみ動作し、Intel Macでネイティブに動作するUniversal Binary化にはMach-O化が必須となる。