PowerEdge

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PowerEdge 1950

PowerEdge(パワーエッジ)は、デル1996年より発売しているサーバのブランド名である。

2010年第1四半期の世界PCサーバ市場シェアでは出荷台数ベースで24.1%(第2位、ガートナー調べ)、2009年日本国内PCサーバ市場シェアでは同じく13.7%(第4位、ノークリサーチ調べ)を占めている。

PowerEdge の大多数はx86PCサーバだが、初期にはItanium搭載モデルも存在した。フォームファクタ(形状)により、ブレードサーバラックマウントサーバタワーサーバの3種類があり、個人事業主SOHO向けのエントリークラスのものから、大企業向けの4ソケット対応製品まで幅広いラインアップを擁する。

以前は内蔵するCPUは全てインテル製のものを使用していたが、2006年AMD製のCPUを内蔵したものも発表された。現在ではCeleronPentiumCore 2 DuoXeonOpteronおよびSempronを搭載したモデルがラインアップされており、クアッドコア製品も目立ってきている。

他のメーカと違う独特の筐体とシステムを使用しており、汎用品による部品の交換ができない場合が多い。このため多くの場合部品の交換はデルのサポートを通して行わなければならない。

現行機種[編集]

2007年11月に行われたデル第10世代PowerEdgeサーバの発表と同時に、サーバ製品のラインアップが一新され型番のネーミングルールが変更となった。これにより製品型番は従来の数字3桁ないし4桁のものから一律に「PowerEdge TXXX」(Tはアルファベット1文字、XXXは3桁の数字)と表されるようになった。型番の意味は次の通り。

ソケット数およびグレード
型番 数字 1桁目 ソケット数 グレード
1 1 ローエンド
2 ミッドレンジ
3 ハイエンド
4 スペシャル
5 2 ローエンド
6 ミッドレンジ
7 ハイエンド
8 スペシャル
9 4 グレードなし
T(アルファベット)
フォームファクタ(T:タワー、R:ラック、M:ブレード)
X(数字 1桁目)
CPUソケット数ならびにグレード(右表参照)
X(数字 2桁目)
システム更新の世代
X(数字 3桁目)
プロセッサの種類(0:インテル、5:AMD)

2010年6月現在の最新機種は、2009年5月に発表されたデル第11世代PowerEdgeシリーズである。

機種一覧[編集]

  • 800
  • 830
  • 840
  • 850
  • 860
  • 1800
  • 1850
  • 1855
  • 1900
  • 1950
  • 1955
  • 2800
  • 2850
  • 2900
  • 2950
  • 2970
  • 6800
  • 6850
  • 6950
  • SC430
  • SC440
  • SC1420
  • SC1425
  • SC1430
  • SC1435
  • T100
  • T105
  • T110
  • T300
  • T310
  • T410
  • T605
  • T610
  • T710
  • R200
  • R300
  • R805
  • R900
  • R905
  • R210
  • R310
  • R410
  • R510
  • R610
  • R710
  • R815
  • R910
  • M1000e
  • M600
  • M605
  • M805
  • M905
  • M610
  • M710

関連項目[編集]