Pono

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pono Player form first release of Kickstarter Back Up

Pono /ˈpn/(ポノ)は、ニール・ヤングによって考案された音楽ダウンロードサービス・プレイヤー・音声ファイルフォーマットである。プレスリリースによると、Ponoの目的は「圧縮された低品質のMP3に対峙する」「レコーディングでの最初の音源とする」であり、2014年の早い時期に発売する予定である。[1][2]

2012年9月、ニール・ヤングによりレイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマンでプレイヤーの試作品が公開された[3][4]。3大レコード会社のワーナー・ミュージック・グループユニバーサルミュージックソニー・ミュージックエンタテインメントの報告によれば、各社の楽曲をPonoに対応するようにリマスターすることに合意している[5][6]。ポノは、iTunesの潜在的な競争相手だという意見もある[7][8]

pono (発音 [ˈpono])という名称は、ハワイ語でrighteousness(公正・正義・実直)を意味する[5]

出典[編集]

  1. ^ Flanary, Patrick (2012年9月27日). “Neil Young Expands Pono Digital-to-Analog Music Service”. Rolling Stone. 2012年10月5日閲覧。
  2. ^ http://evolver.fm/2013/09/03/neil-young-pono-to-launch-in-early-2014
  3. ^ Trew, James. “Neil Young's Pono music service wants to democratize high-quality audio”. Engadget. 2012年10月5日閲覧。
  4. ^ Newman, Jared. “Pono: Can High-Quality Audio Sell Neil Young’s Portable Music Player?”. Techland. Time. 2012年10月5日閲覧。
  5. ^ a b Neil Young shows off his studio-quality Pono music player”. Geek.com (2012年9月28日). 2012年10月5日閲覧。
  6. ^ Geere, Duncan. “Neil Young's 'Pono' is a music service and player for audiophiles”. Wired UK. 2012年10月25日閲覧。
  7. ^ Poltrack, Adam. “Neil Young and Pono pushing new top-quality digital music”. Digital Trends. 2012年10月5日閲覧。
  8. ^ Michaels, Sean. “Neil Young to take on Apple's iTunes Music Store”. The Guardian. 2012年10月25日閲覧。