PUSH 光と闇の能力者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PUSH 光と闇の能力者
Push
監督 ポール・マクギガン
脚本 デヴィッド・ボーラ
製作 ブルース・デイヴィ
ウィリアム・ヴィンス
グレン・ウィリアムソン
製作総指揮 グレッチェン・ソマーフェルド
デヴィッド・ボーラ
デイヴ・ヴァロー
エイミー・ギリアム
マイケル・オホーヴェン
スタン・ヴロドコウスキー
出演者 クリス・エヴァンス
ダコタ・ファニング
音楽 ニール・ダヴィッジ
リザ・リチャードソン (監修)
撮影 ピーター・ソーヴァ
編集 ニコラ・トランバシエヴィッツ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年2月6日
日本の旗 2009年11月7日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $38,000,000[1]
興行収入 $48,858,618[1]
テンプレートを表示

PUSH 光と闇の能力者』(原題: Push)は、2009年アメリカ映画。題名の”PUSH”は、作中での「他人に異なる記憶を押し込む精神操作能力」のことを指す。

ストーリー[編集]

ナチスの超能力兵士育成の軍事実験開始に端を発し、世界中の政府はディビジョンという組織を編成。ナチスが失敗した超能力者の兵器化を推し進めるため能力者刈りを開始し、その結果能力者との間で戦いが始まる。

幼い頃、「生き残るためにいつか花を持ってくる少女を助けろ」と遺言を残した父親をディビジョンに殺された経緯を持つニックは青年に成長し、ディビジョン側の能力者の追跡からもなんとか逃げていたが、未だ能力は開花していないままだった。 そんなある日、遂にディビジョン側の能力者達に隠れ家を発見されるものの取り逃がしてもらえた矢先に、ディビジョンに母親を奪われた未来予知能力者のキャシーの訪問を受ける。 そして、ディビジョンが投薬した薬に耐え切った記憶操作能力者のキラという少女と、その少女が持っている600万ドルを探す事を提案される。

登場する超能力者のタイプ[編集]

  • ウォッチャー
未来予知能力。関係する人間の知識・経験が変化する影響で、予知できる未来も常に変化するため、ウォッチャーのビジョンは頻繁に変更される。変更される結果を予測する力量も問われる。
  • ムーバー
念動力(サイコキネシス)。物質に直接接触しないで操作する能力。高レベルになると空気中の分子レベルで操作を行い保護フィールドを作成することが出来、自身の肉体の攻撃能力を強化することもできる。
  • プッシャー
記憶操作能力。他人に偽の記憶や感情・思考の注入を行う能力。高レベルになるとより多くの人数の操作を同時に行う事が出来、軍隊のように戦わせる事も可能となる。能力発動中は目の色などの印象が変わる。
  • ブリーダー
音による振動を放出する能力。ソニックバイブレーション。振動と音量によりターゲットは血管が破裂する。
  • スニファー
サイコメトリー能力。物体に接触した人物の位置を追跡する事が出来る。
  • シフター
一時的に物体の外観を変更し錯覚させる能力。劇中では500ドル札の大きさのただの紙を本物の500ドル札に見せていた。効果が持続する時間は能力者次第。
  • ワイパー
ターゲットの記憶の一部を削除する能力。
  • シャドー
ターゲットをスニッファーなどの能力者からブロックする能力。高レベルになるとひとつのビル全てを隠す事ができるようになる。
  • スティッチャー
ターゲットの肉体を再構築する能力。癒すことも壊す事も自由に行える。

キャスト[編集]

役名:俳優(ソフト版吹き替え)

能力はムーバー。幼い頃、父親をディビジョンに殺された経緯を持つ青年。ディビジョンの追跡から香港に逃れてきた。
能力はウォッチャー。母親をディビジョンに攫われ、ニックに助けを求めてくる。
能力はプッシャー。ディビジョンに攫われた後、投薬した薬に耐え切った唯一の能力者。キャシーの母親の助けでディビジョンを脱出する。
能力はシフター。ニックに協力する。
能力はシャドウ。ニックに協力する能力者。キラをスニッファーから匿う。ニックネームは指なし(ピンキー)から。
能力はプッシャー。ディビジョン側の能力者。唯一耐え切ったキラを捕獲するために香港にやってくる。
能力はムーバー。ディビジョン側の能力者。ヘンリーと行動を共にする。
能力はスニッファー。フックの紹介で訪れたニックたちにキラの居場所を教える。
能力はムーバー。「花を持ってくる少女を助けろ」とニックに遺言を残したあと、追ってきたヘンリーに殺される。
能力はスティッチャー。過去にキャシーの母親に助けられたことがあり、ニックの傷を癒す。

スタッフ[編集]

  • 監督:ポール・マグウィガン
  • 製作:ブルース・デイヴィ、ウィリアム・ヴィンス、グレン・ウィリアムソン
  • 製作総指揮:グレッチェン・ソマーフェルド、デヴィッド・ボーラ、デイヴ・ヴァロー、エイミー・ギリアム、マイケル・オホーヴェン、スタン・ヴロドコウスキー
  • 脚本:デヴィッド・ボーラ
  • 撮影:ピーター・ソーヴァ
  • プロダクションデザイン:フランソワ・セギュアン
  • 衣装デザイン:ニナ・プロクター、ラウラ・ゴールドスミス
  • 編集:ニコラ・トランバシエヴィッツ
  • 音楽:ニール・ダヴィッジ
  • 音楽監修:リザ・リチャードソン

参考文献[編集]

  1. ^ a b Push (2009)”. Box Office Mojo. 2012年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]