PSK31

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PSK31(Phase Shift Keying 31ボー の略)とは、主にアマチュア無線で用いられているデジタル変調方式である。2局間でリアルタイムのチャットを行うために用いられている。位相変調の一つである。

歴史[編集]

PSK31はイギリスのアマチュア無線Peter Martinez (G3PLX)によって開発された。

  • その初期には、Martinezは可変長コードと呼んでいた。それは文字を表現するため(ハフマン符号を用いているためである。
  • 工学的には、可変長コードは変調の方法で、PSK31は送信の方法である。可変長コードは、頻度の高い文字には短いコードを、頻度の低い文字には長いコードを割り当てるもので、モールス符号の方法に似ている。

使用法[編集]

実際には、PSK31は相対的に短いメッセージを2局間で交換するために用いられる。PSK31は複信(半二重通信)の一つである。そのため、同時に1局だけ送信を行うことができる。

妨害に対する強さ[編集]

PSK31は、音声(電話)やその他のデータ通信方式による信号の欠落に打ち勝つことができる。しかし、その遅い通信速度と、必要最低限の誤り訂正符号しか持たないことから、大容量のデータ送信には適さない。

PSK31は位相が保たれた電波伝播では正常に動作するが、それが無い状況では通信できない。

運用者は信号を発生し、音声信号を復調するソフトウェアを用いる。変調信号は送信機から高周波信号として変調される。

いくつかのソフトウェアは、それぞれ10ボーと5ボーで動作するPSK10とPSK05のモードに対応しており、雑音に強く低いスループットで動作する。

工学的資料[編集]

PSK31の音声帯域幅は非常に狭い(31.25ヘルツ、以下「Hz」)ため、QRP運用や混雑している周波数帯での運用に適している。

  • 31.25Hzの帯域幅は、タイピングの標準速度である1分間50語に対して約32ビット毎秒のビットレートを送信するものとして選択されている。
  • 31.25のビットレートは、多くのコンピューターの音声カードで用いられている8kHzのサンプリング周波数で用いられるように選択されている。31.25Hzは 8kHzを256で割った値であり、8kHzを8回分周した値である。
  • PSK31は誤り訂正符号を持たないが、4位相を用いたQPSK31では誤り訂正符号に対応する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]