PPS短機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PPS
PPS-43.JPG
PPS-43(銃床を畳んだ状態)
PPS
種類 短機関銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 アレクセイ・スダエフ
年代 第二次世界大戦
仕様
種別 短機関銃
口径 7.62mm
銃身長 PPS-42:273mm
PPS-43:243mm
使用弾薬 7.62×25mm トカレフ弾
装弾数 35発(箱形弾倉)
作動方式 シンプル・ブローバック方式
オープン・ボルト撃発
全長 PPS-42:907mm/641mm
PPS-43:820mm/615mm
重量 PPS-42:3300g
PPS-43:3000g
発射速度 700発/分
銃口初速 490m/sec
歴史
設計年 1942年
製造期間 PPS-42:1942年
PPS-43:1943年 - 1968年
配備期間 1942年 -
配備先 PPS-42:ソ連軍
PPS-43:ソ連軍、東側諸国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
国共内戦
朝鮮戦争
ベトナム戦争
カンボジア内戦
バリエーション バリエーションを参照
テンプレートを表示

PPS(ピーピーエス、: Пистолет-пулемёт Судаевラテン文字転写: Pistolet-Pulemet Shdareva、「スダエフ短機関銃」の意)とは1942年ソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で開発された短機関銃である。

1942年に採用された初期型であるPPS-42と、1943年に採用された改良型であるPPS-43の2種類がある。

開発[編集]

第二次世界大戦中の1941年当時、ソ連軍PPSh-41短機関銃が採用し、大量に配備していたが、不満がなかったわけではなく、偵察兵と戦車兵、工兵や通信兵などから重量や携帯性から使いづらいと批判があり、また、軍当局もPPSh-41の生産が軌道に乗ると、少し材料を浪費していると考えるようになる[1]

1942年、軍当局は、あらゆる悪条件下で使用可能で、PPSh-41よりコンパクトで扱いやすく、銃重量2.5 - 3kg、厚さ2 - 3.3mmの鋼板をプレス加工によって製造可能で、高炭素鋼を使用しない短機関銃の開発を要求する[1]

この要求に対し、アレクセイ・スダエフ、シュパーギン、デグチャレフ、コロビン、ルカヴィシニコフら銃技師は、それぞれデザインを提出し1942年の初めにテストが行われた。最初の試験では折り畳み式銃床を持ったデグチャレフの設計は評価されたものの、実射テストで通過したものはなかった。第2試験でスダエフの物が優れていると判断され、採用となった[1]。これがPPS(後のPPS-42)である。

PPS-42[編集]

PPS-42は、PPSとしては初期に生産された短機関銃である。シンプル・ブローバック方式を採用し、オープン・ボルトから撃発サイクルがスタートする。スダエフはPPSh-41の問題点とされた携行性を改善し、PPSをスマートな外見の優れた製品に仕上げている。

PPSh-41と同様にヒンジ固定された上下2分割のレシーバ(機関部)を持ち、上部レシーバは銃身放熱カバーと一体となり、銃身放熱カバー先端のマズルブレーキはU字型に改められ、その作用方向は前方となっている。レシーバの全長を長く取る事で連射レートをPPSh-41の900 - 1000発/分から、700発/分まで抑制しており、命中精度が高まったうえ、弾薬節約にもなった。

セミオート射撃機能は除去され、フルオートのみとなった。また、引き金を叩くことにより、単射も可能である。ボルトハンドルをレシーバーに切られた溝へ引っ掛けることで、ボルトを後退位置で固定することができる。用心鉄の横にある安全装置は安全位置でボルトと引き鉄をロックし、射撃時にはグリップから手を離す事無く、人差し指を使って解除できる。

全長は907mmと、PPSh-41の840mmより長かったが、従来のソ連軍の銃には無かった折り畳み式ストック[2] の採用により、これを折り畳んだ時は641mmとコンパクトになった。なお、肩当て (バットプレート) の位置を固定するノッチ機構は省略されている。

木製のグリップを除いて、全金属であり、プレス加工を採用している。50t以上のプレスを必要としないので、町工場でも生産が可能であった[1]。部品は点溶接、ピン、鋲接で固定されている。1丁あたりの製造時間は3時間と、PPSh-41の13時間から約1/3以下にまで短縮されていた。

PPSh-41のドラム弾倉はレニングラード現地で製造するのが難しかったため、PPS-42は箱型弾倉専用に改められ、弾倉挿入口にはMP38のように大きな穴が開けられ、内部の泥汚れなどを容易に除去できるよう工夫されていた[3]

当初、本銃の呼称はPPSであったが、改良型であるPPS-43の登場により、PPS-42と区別されるようになった。

PPS-43[編集]

PPS-43は、1943年にソ連軍が採用したPPS-42の改良型である。基本構造はPPS-42と同様だが、以下の点が変更されている。

銃身を30mm、レシーバと折り畳み銃床もそれぞれ短縮化された結果、全長が87mm、銃床折り畳み時は18mm短くなった。その分、重量も300g減っている。

グリップは木製からプラスティック製となり、形状も変更。

弾倉受部と安全装置等の変更。

運用[編集]

ベトナム戦争北ベトナム軍が使用したPPS-43(一番上)。グリップのプラ部分が無くなっている。

レニングラード(現・サンクトペテルブルク)は第二次世界大戦のヨーロッパにおける独ソ戦において最大規模の包囲戦がおこなわれた都市である。独ソ戦開始後、進撃を続けてきたドイツ軍は1941年にこの都市を包囲した。

市街地はドイツ軍に完全に包囲され、外部からの補給も困難となったソ連軍守備隊は、町にある兵器工場をフル活用し、現地にて小火器の生産を行うことにより火器の不足を解決しようとした。

PPS-42は、1942年7月にレニングラード造兵廠で生産を開始し、135000丁が造られ、国家防衛委員会にサンプルが提出された。当初は生産手段の関係上、レニングラード造兵廠での生産で、スダエフ自身が製造管理していたが、後にヴォスコフ器具工場(セストレック)で、生産工程が整備され、1942年12月に、同工場で大量生産され、レニングラードの守備隊に支給された[1]

軽く頑丈で扱いやすいPPS-42は現地の守備隊に歓迎され、レニングラード包囲戦がソ連の勝利に終わると、PPSは愛国キャンペーンの格好の素材として使われた。

1943年にはPPS-42の改良型であるPPS-43がソ連軍に採用された。だが、既にPPSh-41が戦線に大量配備されていたことから、大量に生産・配備されることは無かった。1945年までに、100万丁近く生産された。主にコマンド部隊、戦車兵、偵察兵、スキー部隊とパルチザン等で使用された。5分教えれば使いこなせ、その性能により、兵からは好評であった[1]

戦後、AK-47の採用で退役したPPS-43は東側諸国に供給されたほか、中国やフィンランドでもPPS-43のコピーが生産された。

朝鮮戦争ではサプレッサーを取り付けて消音化されたPPS-43が中国軍遊撃部隊によって多用され、米軍・韓国軍に大きな損害を与えている。当時の米国製防弾チョッキでは防御できない貫通力も知られていた。

ベトナム戦争においては、ソ連で退役した多数のPPS-43や中国製コピーの54式衝鋒槍などがベトコン勢力への援助兵器として供給され、いまでも現存しているものはベトナムやカンボジアの観光客向け射撃場などで実射する事ができる。

現在の米国では東欧やロシアから放出されたPPS-43の上部レシーバを一部切断したキットが$100程度で購入でき、切断箇所を復元するパーツや未完成の上部レシーバが$70程度で購入できるため、構造の単純なPPS-43は自家製銃器(セミオート版専用と称して販売されているが、PPSにはもともとセミオート発射機能が無い)の原型としても人気がある。

バリエーション[編集]

PPS-42
ソ連軍が1942年に採用した初期生産型。
PPS-43
PPS-42の改良型。ソ連は戦時中にしか製造しておらず、戦後はポーランド等でライセンス生産が行われた。なお、ソ連製と他国製とでは、部品の溶接の処理など、若干の差異がある。
MP-709(r)
ドイツ軍に鹵獲された際のPPSモデルの呼称名。
M/44
フィンランドで製造されたPPS-43のコピー。9mmパラベラム弾スオミM1931のドラム式弾倉が使用出来る。
UX-51/53/59
スペインが製造したM/44のコピー、西ドイツ国境警備隊に採用された。
54式衝鋒槍
中国で国産化されたPPS-43のコピー。
PPS wz. 1943/1952
戦後にポーランドで製造された発展型で、木製の固定銃床を備える。
ダッラ製PPS
密造銃の製造で有名なダッラ村パキスタン 連邦直轄部族地域)では、PPSを7.62x39弾化した製品が現在も製造されている(参照)。

登場するメディア[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

冒頭でのベトミン対フランス軍のシーンでベトミン兵が携行。
中盤の雪山のシーンで主人公リック・オコーネルの息子アレックス・オコーネルがPPS-43を使用。

ゲーム[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f ガリレオ出版『グランドパワー』1月号別冊 第2次大戦 ソ連軍陸戦兵器
  2. ^ 折り畳み式ストックという発想は、ナチス・ドイツが開発していたMP38/MP40短機関銃から影響を受けたものと思われる。ただし、折り畳む方向はレシーバ上部で、レシーバ下部に収まるMP40とは逆である。
  3. ^ 同様のアイデアは日本の89式小銃でも採用されている。

関連項目[編集]