PL学園女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PL学園女子短期大学
大学設置/創立 1974年
学校種別 私立
設置者 学校法人PL学園
本部所在地 大阪府富田林市喜志2680
学部 初等教育学科
通学課程
通信教育部[1]
幼児教育学科
ウェブサイト PL学園女子短期大学公式サイト
テンプレートを表示

PL学園女子短期大学(ぴーえるがくえんじょしたんきだいがく、英語: PL Gakuen Women's Junior College)は、大阪府富田林市喜志2680に本部を置いていた日本私立大学である。1974年に設置された。大学の略称はPL短大またはP短(ぴーたん)。学生募集は2000年度まで[2][3]2009年10月30日廃校[2]。現在はPL学園中学校・高等学校の校舎の一部に転用されている。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 学校法人PL学園により1974年に設置された日本私立短期大学。通学課程には初等教育・幼児教育の2学科をもちいずれも昼間部2年制となっていた。通信教育部には初等教育学科を置き、3年制としていた。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • PL学園女子短期大学における建学の精神は「人生は芸術である」となっていた

教育および研究[編集]

  • 初等教育学科には、小学校教員を目指す人のために設けられていた学科であったが、それのみならず教育情報や秘書などに関する科目も設けられていた。「小学校教員養成」・「幼稚園教員養成」[4]・「初等教育」[5]の各コースを設けていた。
  • PL学園幼稚園での教育実習も行われていた。
  • 「宗教」や「芸術生活」といった科目ほか、特色ある教育科目とされる科目に「芸術生活演習」[6]と称した科目があった。
  • ビジネスやマナー教育を重視していた[7]
  • 海外研修としてアメリカハワイ州・西海岸ほか1998年度よりイギリスでの海外研修も行うようになった[7]

学風および特色[編集]

  • PL学園女子短期大学は、全国でも珍しい全寮制の短大で、「人生は芸術である」・「教育もまた芸術である」といった「パーフェクト・リバティー」教団の教義に基づいた教育が行われていた。バトントワリングが盛んな短期大学として全国的に有名で、初等教育学科にそのコースがあった[7]
  • 教祖祭・教主誕生祭・立教記念日(PL祭式典・聖地運動会)など宗教的行事が盛んに行われていた。ほか、開学記念行事・バトン指導実習・芸術鑑賞会といったイベントも催されていた[7]
  • 「短大錬成」なるイベントが催された[7]
  • 当時、全国では唯一小学校教諭免許状の取得できる短大通信教育部であった[8]
  • 女子短大であったが、男子学生がわずかながら在籍していたことから事実上は通信教育部に限って男女共学だったことがうかがえる(1987年には男子9人、女子44人在籍[9]

沿革[編集]

  • 1974年 PL学園女子短期大学開学。初等教育学科を置く。
  • 1977年 初等教育学科に通信教育部を置く。
  • 1981年 幼児教育学科を増設(在学者数47[10])。
  • 1988年 通信教育部が廃止される[11][12]
  • 2000年 学生募集が最後となる。
  • 2009年 10月30日廃校となる[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 大阪府富田林市喜志2680

象徴[編集]

  • PL学園女子短期大学のカレッジマークは、「PL」の文字をそのまま用いただけの簡単なものとなっていた[13]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 初等教育学科
    • 通学課程
    • 通信教育部[1]
  • 幼児教育学科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格

  • 保育士:幼児教育学科にて設けられていた。

教職課程

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

スポーツ[編集]

  • とりわけバトン部が強く、全国レベルの実力を誇っていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 今村紘司:元、初等教育学科長
  • 久保田長生:元、幼児教育学科長

歴代学長

施設[編集]

[編集]

  • 一年次のみは寮生活することが原則とされていた[16]。「聖華寮」という名の学生寮1976年に竣工された[7]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

姉妹校[編集]

関係校[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 初等教育学科:近年、小学校教諭に就く人はごく僅かで、幼稚園教諭に就く人も多くはなかった。むしろ、一般企業やPL企業体に就職する人が多かった。就職先として、福井銀行カルビーなどがある。PL学園小学校教諭として活躍している卒業生もいる[7]
  • 幼児教育学科:年度により多少のばらつきがあるが、保育士として保育所をはじめ児童福祉施設に就職する人も多いものとなっていた。幼稚園教諭に就いた人はやや少なめであった[7]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1984年度で学生募集最終。
  2. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』285頁。
  3. ^ 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)351ページにはまだ記載がある。
  4. ^ こちらのコースにバトンサブコースが設けられていた。
  5. ^ 「教育情報」・「秘書」のサブコースが設けられていた。
  6. ^ いわゆる茶道
  7. ^ a b c d e f g h i 『PL学園女子短期大学』2000年度入学者用入学案内小冊子より
  8. ^ 2007年度より2012年現在までは東京福祉大学短期大学部のみである。
  9. ^ 昭和63年度版『全国学校総覧』77頁より
  10. ^ 昭和57年度版『全国学校総覧』52頁より。
  11. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』218頁
  12. ^ 64年度版『全国学校総覧』80頁には(1988年5月1日時点では)「休校中」と表記されている。
  13. ^ 日本の私立短期大学』(日本私立短期大学協会発行:1980年)294頁
  14. ^ a b かつての通信教育部にも設けられていた。
  15. ^ a b 「みき しらひ」と読む。詳細は御木徳近記念館公式ブログを参照。2013年5月21日閲覧。
  16. ^ 短大蛍雪 1992年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)379頁

関連項目[編集]

関連サイト[編集]