PIED PIPER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PIED PIPER
the pillowsスタジオ・アルバム
リリース 2008年6月25日
録音 2007年 - 2008年
ジャンル オルタナティブ・ロック
時間 37分41秒
レーベル avex trax
プロデュース 吉田仁
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
the pillows 年表
Wake up! Wake up! Wake up!
2007年
PIED PIPER
(2008年)
Rock stock&too smoking the pillows
2009年
テンプレートを表示

PIED PIPER』(パイド・パイパー)はロックバンドthe pillowsの15枚目のアルバム。PIED PIPERとは『ハーメルンの笛吹き男』の意である。

概要[編集]

PIED PIPER」というタイトルには「ハーメルンの笛吹き男が笛の音色で子どもたちを連れ去ったように、自分たちの音楽で人々をロックに連れて行く」という思いが込められている。

タイトル曲の「PIED PIPER」は当初ドラムの音から始まる曲であったが、ハーメルンの笛吹き男の笛をイメージし、ドラムの前に笛の音色を追加したところ雰囲気に合わなかったため、現在のギターの音に落ち着いた。

前作「Wake up! Wake up! Wake up!」が音を直接ハードディスクに取り込む「ライン録り」によって録音されたのに対し、今作は「すべてアンプで録る」ことをテーマに製作されている。[1]

ロック色の強い今作であるが、「Last Holiday」においては生のチェロによる演奏が収録されている。これは2008年発表のシングル「Tokyo Bambi」で東京スカパラダイスオーケストラのホーン隊をゲストに迎えた際に生の楽器の良さを再確認したためである。チェロの奏者は元マルコシアス・バンプの佐藤研二。[1]

「Purple Apple」のコーラスは怒髪天が担当している。

また、全国25ヶ所を廻るレコ発ツアー「the pillows PIED PIPER TOUR 」も行われ、Zepp Tokyoでの追加公演も行われた。

収録曲[編集]

作詞・作曲:山中さわお(#1-4, #6-11) 作曲:山中さわお(#5)

  1. PIED PIPER
  2. New Animal
  3. No Surrender
  4. Last Holiday
  5. Tokyo Zombie (The knock came at dead of night)
  6. Across the metropolis
  7. Purple Apple
  8. Tokyo Bambi
  9. Ladybird girl
  10. That's a wonderful world (song for Hermit)
  11. POISON ROCK'N'ROLL

DVD(初回限定版のみ)[編集]

  1. PIED PIPER (Video Clip)
  2. Texan Daily Life (Video Clip)

参考文献・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 黒田隆憲 サウンド・デザイナー2008年7月号、有限会社サウンド・デザイナー。(参照:2009年5月18日)