PHP License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PHP License
バージョン 3.01
公開元 The PHP Group
DFSGとの適合性 未決
フリーソフトウェア Yes[1]
OSIの承認 Yes[2]
GPLとの適合性 No[1]
コピーレフト No[1]
自由コピー英語版 No[3]

PHP License(PHPライセンス)は、PHPプログラミング言語のリリースに用いられているソフトウェアライセンスである。フリーソフトウェア財団によると、本ライセンスはコピーレフト性を持たず、かつ、フリーソフトウェアライセンスである[1]。同時に、Open Source Initiativeによると、本ライセンスはオープンソースライセンスである[2]。このライセンスは、派生物の名前にPHPと使用することを制限するため、GPLと互換性がないincompatible; 両立しない[1]。ベースはApache Software Licenseであり、BSDスタイルのライセンスの一つである。

用語[編集]

PHPライセンスはソースコードの採用を広めることを目的として作成されている。再配布(redistribution; 再頒布)は、変更を加えるかどうかに関わらず、ソースコード形式もしくはバイナリ形式で以下の条件においてのみ認められる。

  1. PHPライセンスの著作権が明記されること。
  2. 「PHP」という語句をいかなる二次的著作物(derivative works)の名称に含めないこと。
  3. ソースコードが再配布されるいかなる方法においても以下の表示を含むこと。
This product includes PHP, freely available from http://www.php.net/

PHPのバージョン3はデュアルライセンスを用いており、PHP 3のソースコードはPHPライセンスもしくはGNU General Public License (GPL) において利用可能であるが、PHP開発者によると、PHP 4の時点ではGPLのコピーレフトの強制がコードの再利用を制限するとの理由により、GPLにおいてソースコードは配布されていない[4]

DFSG準拠に関する状況[編集]

debian-legalメーリングリストの議論によると[5]2008年からは随分静かになってしまっているのだが、PHP ライセンスがDFSGに受け入れ可能かの状況は、未決定である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e GPL-Incompatible, Free Software Licenses”. Various Licenses and Comments about Them. Free Software Foundation. 2011年4月2日閲覧。
  2. ^ a b OSI-approved licenses by name”. Alphabetized list of open source licenses approved by the Open Source Initiative (OSI). Open Source Initiative. 2011年4月2日閲覧。
  3. ^ BSDLタイプであるが、宣伝条項が存在するため、却下されている(Rejected Licenses)。
  4. ^ Why is PHP 4 not dual-licensed under the GNU General Public License (GPL) like PHP 3 was?”. PHP: License Information FAQ. PHP.net. 2008年4月26日閲覧。
  5. ^ “Re: Clarification regarding PHP License and DFSG status”. debian-legal mailing list.. (2005). http://lists.debian.org/debian-legal/2005/12/threads.html#00025 2011年4月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]