PD音源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PD音源(ピーディーおんげん)はPhase Distortion(位相の歪み) を利用して波形をつくりだす音源のこと。 カシオが開発し、CZシリーズの音源として1984年よりリリースした。

正弦波(サイン波)あるいは余弦波(コサイン波)を、書き込んだROMの読み出し位相角を歪ませることによって、様々な倍音を持つ波形を作り出すことが出来る。 従来のADSR(時間軸に沿って5つの点を結ぶ)方式のエンベロープでは無く、マルチステップ のエンベロープが採用されている。サスティン・ポイント(位置可変、設定無しも可)までにアタックを2回、キーオフ後にもアタックを加えるなどの自由度の高い音作りが可能。

⇒参考:Phase distortion synthesis(wikipedia英語版)

ハードウェア[編集]

カシオ・CZシリーズを参照されたい。

ソフトウェア[編集]

VSTiなどのソフトウェアシンセサイザー

KONTOUR 配布元 Native Instruments/Reaktor/¥11,800

PD-303 配布元 SYNTHEDIT/OS Win/Free

Phase Distortion Synth(Unison) 配布元 Uncut Plugins/OS Win/Free

PhazOsc 配布元 Fretted Synth Audio/OS Win/Free

White Crow 配布元 The Musicrow Group/OS Win/39$

PlastiCZ! 配布元 reFX/OS Mac(9,X),Win/59.99$

関連項目[編集]