PC原人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PC原人(ピーシーげんじん)は、1989年12月15日にハドソンから発売されたPCエンジンアクションゲーム。レッドカンパニー(現、レッド・エンタテインメント)とアトラスも製作に関わった。PCエンジンでのアクションゲームで最大のヒットを記録し[1]、のちにシリーズ化された。元々は小学館の『月刊PCエンジン』に連載されていた[いつ?]4コマ漫画をゲーム化したものである。

2003年12月4日に、ハドソンセレクションの第3弾として3D化され発売された。さらに、2006年12月2日にWiiバーチャルコンソールでダウンロード販売が開始され、2007年12月には携帯電話用ゲームアプリとして配信された。2010年に「Bonk: Brink of Extinction」が北米ハドソンによりXBox LIVE アーケードWiiウェアPSN向けに発表され、また2013年12月25日にはWii Uのバーチャルコンソールでも配信された。

タイトルの由来は言うまでもなく、PCエンジンをもじったダジャレである。ちなみにPCの意味については、作中のロゴで「PithecanthropusComputerurus」(Pithecanthropus猿人属Computerurusはコンピュータをもじった造語) と種別のようなものが書かれている。

「RPC原人」というRPGがPCエンジンで発売予定であったが、開発中止になった[要出典]。「究極PC原人」というアーケード版もカネコから発売される予定があったが、発売中止になった[要出典]。開発にはMTJこと三辻富貴朗が関わる。『月刊PCエンジン』では、付録のCD-ROMで4コマ漫画が展開されていた。

あらすじ[編集]

主人公であるスキンヘッドな原始人(PC原人)が、悪の大王であるキングタマゴドンIII世にさらわれたプリンセス・ドラゴンを救いに行く。

特徴[編集]

PC原人の主な攻撃方法は、自身の持つ強烈な石頭を駆使した頭突き(ボンク、3D版ではヘッドバットに改名)。

空中でボンクをすると、頭を地面に向けてそのまま落下する(3D版ではココバットという名称)。再度攻撃ボタンを押すと、PC原人は再び反転する。PC原人を反転させるたびに重力加速度が一瞬0になるため、これをすばやく繰り返す事で滞空時間を伸ばす事ができる。これをスピンボンクという。

パワーアップ[編集]

マンガ肉を食べることで最大2段階までパワーアップできる。肉は大きさが2種類あり、ちっちゃい肉だと1段階、でか肉だと2段階パワーアップする。パワーアップ中は攻撃力が上がる(1段階は通常時の2倍、2段階は通常時の3倍)ほか、一部のアクションに特殊な効果が追加される。時間が経過するかダメージを受けると一段階パワーダウンする。また、2段階目にパワーアップすると一定時間無敵になる。

PC猿人
初代の1段階パワーアップ状態。グランドボンク(空中でボンクして反転し、そのまま地面に頭突きする)で画面内の敵の動きを止めることができる。
PC変人
初代の2段階パワーアップ状態。グランドボンクで画面内の敵の動きを止めることができる。
PC美人
2・3の1段階パワーアップ状態。投げキッスを飛ばし、触れた敵の動きを止めることができる。また、グランドボンクで画面内の敵の動きを止めることができる。
PC噴人
2・3の2段階パワーアップ状態。口から火を噴き、離れた相手を攻撃することができる。また、グランドボンクで画面内の敵全てにダメージを与えることができる。
GB岩人
GB原人の1段階パワーアップ状態。グランドボンクで画面内の敵全てにダメージを与えることができる。
GB叫人
GB原人の2段階パワーアップ状態。口から大声を出し、離れた相手を攻撃することができる。また、グランドボンクで画面内の敵全てにダメージを与えることができる。
カメ原人
GB原人の特殊パワーアップ状態。肉ではなく亀を食べると変身する。攻撃能力は皆無だが、水中でのスピードが1.5倍速くなるほか、甲羅に入るとダメージを受けない。また、時間経過で元の状態に戻ることはない。
GB食人
GB原人2の1段階パワーアップ状態。噛み付き攻撃で自分のライフを回復できる。また、グランドボンクで画面内の敵全てにダメージを与えることができる。
GB達人
GB原人2の1段階パワーアップ状態。攻撃力だけでなく、スピードとジャンプ力も2倍になる。また、グランドボンクで画面内の敵全てにダメージを与えることができる。
GB盗人
GB原人2の1段階パワーアップ状態だが、攻撃力は通常時と同じでグランドボンクもできない(地面に埋まってしまう)。唯一の能力として隠し部屋に入ることができる。

※GB原人2に2段階パワーアップ状態は無く、肉を取るたびルーレットでパワーアップが決まる。どのパワーアップも時間経過で元の状態に戻ることはない。また、無敵アイテムは別に用意されている(Hと書かれたボール)。

GB怪我人
GB原人2のパワーダウン状態。ボーナスステージのメカ原人とのバトルで負けると変身する。この姿だと受けるダメージが2倍になり、残機を減らすかパワーアップするまで元の状態には戻れない。

サイズ変化[編集]

3から導入された要素。キャンディを食べることで体のサイズが大・中・小と変化する。これにより、サイズ変化を利用しないと先に進めない場所やゲームを有利に進めるアイテムが取れない状況が発生するようになった。 なお、ダメージを受けると中サイズ(標準)に戻るが、キャンディおよびキャンディを出すばね花はスクロールアウトさせると復活するようになっているため、これによるハマリは発生しないようになっている。

大原人
大サイズ時の名前。パワーアップ状態と重複可能。
マメ原人
小サイズ時の名前。パワーアップ状態と重複可能。
カニ原人
キャンディで変化するのではなく、ステージに仕掛けられているプレスで潰されると変化する。体高が小サイズ並みに低くなり、狭い場所をくぐることが可能。パワーアップ状態とは重複しない。

ばね花[編集]

ステージ上に配置されているアイテムキャリア。上から踏みつけるか攻撃することでアイテムを放出する。色によって放出するアイテムが異なる。

ライフ回復アイテムを放出する。
オレンジ
肉を放出する。
初代と2ではクリスタルハート(ライフ上限増加)や1UP、3ではキャンディを放出する。
1UPやドデカハート(ライフ全快)を放出する。
黄色
アイテムキャリアではなく、上に乗ってタイミング良くジャンプボタンを押すことで大ジャンプできる。
作品によっては横から攻撃することで位置を動かすことが可能。

シリーズ[編集]

発売されたハードの略称がタイトルの頭に付く。

PCエンジン
  • PC原人
  • PC原人2
  • PC原人3
    電人シリーズ
    • PC電人
    • CD電人 ロカビリー天国
国内ではCD電人のみSUPER CD-ROM2で、他の4作はHuCARD用ソフト。北米ではPC原人3のSUPER CD-ROM2版が発売されている。PC電人とCD電人はシューティングゲーム。5作ともバーチャルコンソールで配信されている。
ファミリーコンピュータ
  • FC原人
ゲームボーイ
  • GB原人
  • GB原人ランド ビバ!チックン王国
  • GB原人2
  • 原人コレクション ※上記3作を1本に収録したソフト。
スーパーファミコン
  • 超原人 - 「超」はスーパーと読む
  • 超原人2
ニンテンドーゲームキューブ・プレイステーション2
  • ハドソンセレクションVol.3 PC原人
携帯電話用アプリ
Xbox 360・Wii・プレイステーション3
  • Bonk: Brink of Extinction(アメリカのPi Studiosが開発を進めていたが、2011年に開発中止が発表された)

他作品での出演[編集]

スーパーファミコン
  • 鮫亀※コマのひとつが原人。
セガサターン

漫画[編集]

ひかわ博一によって『別冊コロコロコミック』で「PC原人くん」(1992年2月号-1994年4月号)が連載されていた。単行本は全1巻。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゲームの色彩 - 岩崎啓眞の個人blog

外部リンク[編集]