PAN AM/パンナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PAN AM/パンナム
ジャンル テレビドラマ
製作者 ジャック・オーマン
発案者 ナンシー・ハルト・ガニス
脚本 ジャック・オーマン
出演者 クリスティーナ・リッチ
マーゴット・ロビー
マイケル・モーズリー
カリーヌ・ヴァナッス
マイク・ヴォーゲル
ケリ・ガーナー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 1
話数 14[1]
製作
編集 Rob Seidenglanz
撮影監督 John Lindley
放送時間 43分
製作会社 Jack Orman Productions
Out of the Blue Entertainment
Money Productions
Woodbridge Productions
番組販売会社 ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン
放送
放送局 ABC
放送期間 2011年9月25日 (2011-9-25) – 2012年2月19日
外部リンク
Official website

PAN AM/パンナム』は、アメリカ合衆国テレビドラマソニー・ピクチャーズ・テレビジョン製作。ABC系列2011年9月25日から2012年2月19日まで放送された(全14話)。

日本では2012年3月からIMAGICA BSで放送されている[2]

概要[編集]

1963年パンアメリカン航空が舞台。タイトルロゴもパンナムで実際に使われていたものをそのまま採用している。ニューヨークを拠点に世界を飛び回る客室乗務員パイロットたちのドラマを描く。

1964年1月1日を迎えたところでシーズン1が終了し、そのまま打ち切りとなった。

ケネディ大統領が登場するエピソード[3]や、ビートルズと同じ町に居合わせるエピソード[4]などもある。

製作のソニーは現在のパンナムブランドを所有するパンナムシステムズから許諾を受けた[5]

原案者でプロデューサーでもあるナンシー・ハルト・ガニスは元パンナム・スチュワーデス[6]。本作で使用されている制服も、パンナム社のオリジナル制服を実際に計測・撮影するなどして、コルセットガードルにいたるまで忠実に再現している[6][7]

ただし、喫煙や人種問題に関する描写など、史実と異なる部分もある[8]

パイロット版(第1話)では特撮が多用されており、衣装などの細部を再現するための費用も含めて推定約1000万ドルの製作費が使われた[9]

放送状況[編集]

アメリカ[編集]

第1話で1100万人以上の視聴者を獲得して好調なスタートを切ったが、第8話までに約560万人と落ち込んだ[1]。当初予定されていた13話にさらに1話が追加された[1]ものの、結局、1シーズン限りで打ち切りとなった[10]。最終話[11]となった第14話の視聴者数は約390万人だった[12]

2012年1月8日の放送再開[13]に先立つ2011年12月20日より、iTunes Storeで無料ダウンロード、Amazon.comシネマナウなどで無料オンデマンド放送が始まった[14][15]

その他の国[編集]

107か国での放送が決定しており、そのうち6か国で放送が始まっている(2011年11月現在)[16]

スウェーデンでは外国ドラマの第1話としては史上最高の視聴率を獲得し、カナダでは新ドラマ番組の首位のスタートを切り、アイルランドノルウェーでも好調な滑り出しだった[14]

日本では、2012年3月に放送開始[2]


登場人物[編集]

  • 国名・地名は、劇中での時点のもの。

主な登場人物[編集]

マギー・ライアン(クリスティーナ・リッチ)声:小島幸子
国際便のパーサーで、私生活でもリーダー的な存在。履歴・能力を偽って「理想的なスチュワーデス像」を自己演出して採用された。ポルトガル語ギリシア語が流暢だと主張していたが、実は片言しか解さなかった。会社上層部をも恐れない自己主張の強さのため、トラブルを招くこともある。自己保身のためには同僚に関する告げ口も辞さない。ケネディ大統領の選挙事務所で働いていたことがある。なお、ポルトガル語についてはその後、猛勉強して、第14話までにはかなり理解できるようになった。
ローラ・キャメロン(マーゴット・ロビー)声:坂本真綾
新人スチュワーデス。英語のほか、フランス語イタリア語が話せる。結婚式当日、「まだ自分の人生を生きていない」という現実にいたたまれなくなり家出。姉ケイトと同じスチュワーデスになる決心をする。初フライト寸前、『ライフ』誌の表紙を飾る。当初はケイトと同居していたが、姉の過保護さに辟易し、マギーのアパートに転がり込む。保守的だと思われていたが、『ライフ』誌のフォローアップ取材に来たカメラマンにプライベートでヌード写真を撮ってもらったり、黒人男性とデートしたりという(当時としては)革新的な面も見せる。テッドにプレゼントされたカメラで自らも写真を撮るようになるが、そのためにソビエト連邦渡航時にはスパイ容疑で逮捕されてしまう。
ケイト・キャメロン(ケリ・ガーナー)声:中村千絵
経験豊富なスチュワーデス。英語とイタリア語を含む3か国語が堪能。ブリジット(後述)の後継者としてCIAスパイにスカウトされる。スパイ活動については妹ローラにも明かせないため、渡航先でしばしば行き違いが起こる。ニコ・ロンザ(後述)の一件の後、スパイを辞めたいと申し出る。最後の任務は、MI6とCIAのエージェント・リストの密売を阻止することだったが、その際にロジャー・アンダーソン(後述)を救ったのがきっかけで自分のスパイとしての才能に気付き、結局、スパイ活動を継続することにする。
コレット・ヴァロワ(カリーヌ・ヴァナッス)声:白石涼子
フランス出身のスチュワーデス。幼少の頃、ナチスのフランス占領時に両親を殺された。そのため、ドイツ人を嫌っている。フランス語英語に加え、「強制的に習わされた」というドイツ語も堪能で、合計4か国語が話せる[17]。ディーンと恋に落ちる。ディーンの元恋人だったブリジットとは親友同士だったが、彼女が結婚によって退職したと思い込んでいた。復職したブリジットから「結婚はデマ」だと知らされ、ショックを受ける。
ディーン・ローリー(マイク・ヴォーゲル)声:近藤隆
国際便の主操縦士。元空軍パイロット。たまたまエレベーターで乗り合わせた会社幹部に「新時代のパイロット」としての自分を売り込み、若くして主操縦士に抜擢される。ソビエト連邦への新航路開拓時にも操縦士の1人として指名を受ける。前パーサーのブリジットと恋愛関係にあったため、しばらくは彼女の失踪に気を病んでいた。モンテカルロへの渡航をきっかけに上司の「秘書」(実は愛人)と親密になるが、マギーの密告によって(?)破局する。ハイチでの不時着騒動の後、コレットと恋仲になる。しかし、ブリジットへの想いが完全に消えたわけではない?
テッド・ヴァンダーウェイ(マイケル・モーズリー)声:土田大
国際便の副操縦士。元海軍テストパイロットで、宇宙飛行士になる夢を持っていた。テスト機の欠陥を隠蔽するためのスケープゴートとして退役に追い込まれた後、父のコネでパンナムに就職。ディーンが自分を追い越して主操縦士に昇格したため、当初は嫉妬し、飛行中にも何かと反論していたが、「機長である俺の命令に従うか、自分の機を得るか、どっちかにしろ」と言われて以来、協力的になる。女に手が早いように見えるが、実は面倒見が良い。ローラに好意を寄せる。母親からは「エドワード」と呼ばれている。母親同士の仲介でアマンダ・メイソン(後述)と最初は仕方なくデートするが、すぐに意気投合し、やがて求婚する。ローラへの想いは断ち切ったように見えたが...?

その他の登場人物[編集]

ブリジット・ピアース[18]アナベル・ウォーリス)声:魏涼子
イギリス人。国際線のパーサーだったが、突然辞職。恋人のディーンにも告げずに、ロンドンのアパートも引き払って姿をくらます。実はMI6のスパイとしてCIAに協力していたが、危険が迫ったために身を隠したのだった。その後継者としてケイトをCIAに推薦する。その後、ケイトがエージェント・リストの密売を阻止してくれたことにより身の安全が確保され、パンナムに復職する。そして、ディーンに真実を告白するが...。
リチャード・パークス(ジェレミー・デヴィッドソン)声:志村知幸
CIAの指令をケイトに伝えるハンドラー(連絡係)。いつも帽子とトレンチコートを着用している。任務遂行のためには手段を選ばないと言いつつ、ケイトの要望を聞き入れることもある。
ロジャー・アンダーソン(デヴィッド・ハーバー)声:咲野俊介
MI6のエージェントで、イギリスにおけるケイトの連絡係。
アマンダ・メイソン(アシュリー・グリーン)声:松谷彼哉
テッドの幼馴染だったが、母親同士の紹介で久しぶりに再会し、すぐに意気投合。テッドの父との会食で機転を利かせてテッドをかばう。テッドに求婚されて即「イエス」と答えるが、同じ夜、マギーにキスしてしまう。自分は男性よりも女性を好む性質らしいと気付きつつ、テッドとの結婚にこだわる。結婚まで貞操を守るという主義だったが...。登場前の記事では、テッドの昔の恋人[19]あるいは過去に関わりのあった人物[20]とされていた。
ニコ・ロンザ(ゴラン・ヴィシュニック)声:木内秀信
ユーゴスラビア国連代表。ケイトが諜報目的で近づくが、本当に愛し合うようになる。すると、CIAはその状況を利用し、ケイトに「ニコをアメリカに寝返らせ、スパイに仕立て上げろ」と命じる。
サンジーヴ(カル・パレック
国際線のナビゲーター。

エピソード・リスト[編集]

放送順 製作番号 邦題 原題 目的地 / 渡航先 アメリカでの初回放送日
1 101 ようこそパンナムへ Pilot ロンドン 2011年9月25日
2 103 パリの香り We'll Always Have Paris[21] パリ 2011年10月2日
3 104 それぞれのベルリン Ich Bin Ein Berliner[22] ベルリン 2011年10月9日
4 102 対立の行方 Eastern Exposure ラングーンジャカルタ香港 2011年10月16日
5 105 モンテカルロ カジノの夜 One Coin in a Fountain モンテカルロ 2011年10月23日
6 106 隠された過去 The Genuine Article リオデジャネイロ 2011年10月30日
7 108 禁じられたデート Truth or Dare マドリード[23] 2011年11月6日
8 109 命の重さ Unscheduled Departure カラカス[24]ハイチ[24][25]マイアミ[26] 2011年11月13日
9 110 危険な賭け Kiss Kiss Bang Bang[19][27] ロンドン[19] 2011年12月4日[1][28]
10 111 秘密と嘘 Secrets and Lies[13] ロンドン 2012年1月8日[13][14]
11 112 凍える関係 Diplomatic Relations[13] モスクワ 2012年1月15日[13]
12 113 時代の先駆者 New Frontiers[13] ローマ 2012年1月22日[13][29]
13 107 愛の余韻 Romance Languages[13] ローマ 2012年2月12日[13][30]
14 114 1964 1964[13] (なし)[31] 2012年2月19日[13]

関連商品[編集]

サウンドトラック[編集]

2011年12月20日、デジタル版サウンドトラックがiTunes Storeでリリースされた(そのうち2曲は無料)[14]。その後、サウンドトラックCDが2012年1月17日に発売[14]

収録曲[編集]

  • "Around The World" by Buddy Greco
  • "Fly Me To The Moon" by Grace Potter
  • "Call Me Irresponsible" by Bobby Darin
  • "Blue Skies" by Ella Fitzgerald
  • "The Girl From Ipanema" by Stan Getz & Joao Gilberto w/ Astrud Gilberto and Antonio Carlos Jobim
  • "New York City Blues" by Peggy Lee
  • "The Best Is Yet To Come" by Shirley Horn
  • "Mais Que Nada" by Sergio Mendes & Brasil '66
  • "Just One More Chance" by Billie Holiday(無料ダウンロード)
  • "I Can't Stop Loving You" by Count Basie
  • "Break It To Me Gently" by Brenda Lee(無料ダウンロード)
  • "Do You Want To Know A Secret" by Nikki Jean
  • "Quando Quando Quando (Tell Me When)" by Connie Francis
  • "Destination Moon" by Dinah Washington

脚注[編集]

  1. ^ a b c d AOL TV - Is 'Pan Am' Canceled? ABC Says No(2011年11月29日付、2011年12月2日閲覧)
  2. ^ a b 海外ドラマNAVI - 超最新TVシリーズ『PAN AM/パンナム』、2012年3月に日本初OA決定!!(2011年8月1日付、2011年10月11日閲覧)
  3. ^ ケネディ大統領のベルリン演説を、本作の主人公たちが向かいのビルの中から見ているという設定で、劇中のテレビ中継では当時の実際の映像が使用される(第4話)。また、第12話では、ケネディが撃たれたというニュースが流れる。
  4. ^ 本作の主人公たちがロンドンにいる時、ちょうどビートルズが近くを通りかかるというシーンがあるが、ビートルズは画面には登場しない(第10話)。
  5. ^ Schneider, Michael (2010年9月20日). “Pilot flies Pan Am”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118024364?refCatId=14 2011年5月16日閲覧。 
  6. ^ a b TVGuide.com - From Pillbox Hat to Bullet Bra: The Anatomy of a Pan Am Stewardess Uniform(2011年10月8日付、2011年10月11日閲覧)
  7. ^ 海外ドラマNAVI - クリスティーナ・リッチ、『PAN AM/パンナム』に太鼓判!(2011年9月29日付、2011年10月11日閲覧)
  8. ^ シネマトゥデイ - 60年代が舞台の新ドラマ「パンナム」 喫煙と人種問題は正直に描けず(2011年8月18日付、2011年11月8日閲覧)
  9. ^ The Hollywood Reporter - 'Pan Am' Among Season's Priciest Pilots(2011年9月26日付、2011年10月20日閲覧)
  10. ^ ABC Cancels GCB, Pan Am, Missing & The River TVLine 2012年5月11日付
  11. ^ TheFutonCritic.com - Shows A-Z - Pan Am on ABC
  12. ^ Zap2it TV - TV ratings: CBS wins night, 'Once Upon a Time' brings strong numbers(2012年2月20日付)
  13. ^ a b c d e f g h i j k TV.com - Pan Am Episode Guide
  14. ^ a b c d e TheFutonCritic.com - Welcome Aboard "Pan Am" With Free Episodes on iTunes Starting Today(2011年12月20日付、2012年1月3日閲覧)
  15. ^ 第1話から第9話のみ。期間限定。それぞれ、会員登録が必要。
  16. ^ 海外ドラマNAVI - 『PAN AM/パンナム』が海外で好スタート! フルシーズンの製作に期待(2011年11月19日付、2011年12月2日閲覧)
  17. ^ 第9話に、4か国語が話せるというセリフがあるが、4つ目が何語なのかは不明。
  18. ^ 「ブリジット」表記は日本語版公式サイト・登場人物紹介コーナーのディーンに関する記述より。
  19. ^ a b c TheFutonCritic.com - PAN AM (#110) "Kiss Kiss Bang Bang"(2011年11月14日付、2011年11月16日閲覧)
  20. ^ 海外ドラマNAVI - 『トワイライト』のアシュリー・グリーンが『PAN AM/パンナム』に出演!(2011年11月14日付、2011年12月2日閲覧)
  21. ^ 映画『カサブランカ』のセリフ(カサブランカ (映画)#名文句を参照)。『新スタートレック』にも同名のエピソードがある。
  22. ^ ジョン・F・ケネディ大統領が西ベルリンでの演説(劇中に登場)で言ったセリフで、「私はベルリンっ子だ」という意味(西ベルリン#略歴およびIch bin ein Berlinerを参照)。
  23. ^ 第7話の主な舞台は機内およびニューヨーク地域。マドリードにいる海軍兵士たちをパンナム機が迎えに行くという設定だが、スチュワーデスたちは渡航先で機外に出ず、現地の景色も画面には一切映らない。また、ラストシーンで、「これから3週間にわたる世界一周の旅に出る」という予定が明かされるが、具体的な渡航先には言及されない。
  24. ^ a b 目的地はカラカスだが、急病人を介護するためにハイチに不時着した後、結局、カラカスには行けなくなる。Zap2It - Pan Am: Unscheduled Departure(エピソード・ガイド、2011年11月10日閲覧)
  25. ^ 海外ドラマNAVI - 『PAN AM/パンナム』、撮影にジョン・トラボルタの飛行機を拝借!(2011年11月7日付、2011年11月8日閲覧)
  26. ^ ハイチを脱出後、自国の最寄の空港があるマイアミに着陸。
  27. ^ 元来はジェームズ・ボンドのニックネーム。1966年のスパイ映画『Kiss Kiss...Bang Bang』(イタリア製作)など、同名映画がいくつか存在する(en:Kiss Kiss Bang Bang (disambiguation)も参照)。
  28. ^ 2011年11月20日は『2011年アメリカン・ミュージック・アワード授賞式』[1]、同27日はテレビ向け映画『Have a Little Faith』を放送。
  29. ^ 劇中では1963年11月で、「ケネディ大統領狙撃」のニュース(当時のニュース映像を使用)が流れたところで終了。
  30. ^ このエピソードは『The Genuine Article』と『Truth or Dare』の間の話で、本来は2011年11月6日放送予定だった(当初のプレスリリース=後に取り消し)ため、話が前後しているが、ABCは順番変更の理由を説明していない。
  31. ^ 年末のニューヨークの便から話が始まり、タイムズスクエアで新年を迎えたところで終了。なお、空港内のアナウンスで「JFK国際空港」という名称が使われており(「アイドルワイルド空港」から変更されたばかり)、マギーのセリフに「あたしの夢は先月、ダラスで死んだわ」というものがあるが、どちらもケネディ大統領暗殺事件を受けてのものである。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]