P・W・シンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ウォレン・シンガーPeter Warren Singer1974年 - )は、アメリカ合衆国アシュケナジム系ユダヤ人国際政治学者。専門は、安全保障論。

民間軍事会社少年兵軍事用ロボットなどの研究で知られる。

プリンストン大学卒業後、ハーヴァード大学で博士号取得。現在、ブルッキングス研究所上級研究員。

著書[編集]

  • Corporate Warriors: the Rise of the Privatized Military Industry, (Cornell University Press, 2003).
山崎淳訳『戦争請負会社』(日本放送出版協会, 2004年)
  • Children at War, (Pantheon, 2005).
小林由香利訳『子ども兵の戦争』(日本放送出版協会, 2006年)
  • Wired for War: the Robotics Revolution and Conflict in the 21st Century, (Penguin, 2009).
小林由香利訳『ロボット兵士の戦争』(日本放送出版協会, 2010年)

論文[編集]

  • "Corporate Warriors: the Rise of the Privatized Military Industry and Its Ramifications for International Security", International Security, vol. 26, no. 3, 2001.
  • "Peacekeepers, Inc.: Private-Sector Military Muscle Offers its Services", Policy Review, no. 119, 2003.
  • "War, Profits, and the Vacuum of Law: Privatized Military Firms and International Law", Columbia Journal of Transnational Law, vol. 42, no. 2, 2004.
  • "Outsourcing War", Foreign Affairs, vol. 84, no. 2, 2005.
  • "Private Actors, Humanitarian Agents: Implications of the Private Military Industry for the Humanitarian Community", Brown Journal of World Affairs, vol. 13, no. 1, 2006.

外部リンク[編集]