Oracle Tuxedo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Oracle Tuxedo
作者 AT&T
開発元 オラクル
最新版 12.1.1.0
プログラミング言語 C、C++、COBOL
対応OS UNIXWindows
プラットフォーム Linux,Windows,Unix,OpenVMS,IBM i,z/Linux
テンプレートを表示

Oracle Tuxedo(オラクル・タキシード、TuxedoTransactions for Unix, Extended for Distributed Operations)は、オンライントランザクション処理 (OLTP)を扱うためのトランザクションモニター(TPモニタ)を中核としたミドルウェア製品である。1984年AT&Tによって Tuxedo として開発され、USLノベルBEAシステムズ(BEA)を経て、オラクルにより販売されている。

歴史[編集]

1983年にAT&Tのベル研究所で、AT&T社内の UNIXベースシステムのための作業プロジェクトとしてAT&Tで開発が開始された。 1989年には USL に移管され、商用製品として販売された。 1993年に、AT&Tの子会社であるUSLがノベルに買収された際、AT&Tの持つ他のUNIX資産とともにノベルに売却された。1996年には、Tuxedo の再販業者であった BEAは、NetWare以外のプラットフォームにおける Tuxedo の販売および開発の排他的な契約をノベルと結び、BEA Tuxedo として販売されるようになった。 2008年4月29日に、BEAシステムズがオラクルに買収されたのちも、Tuxedo は、消滅することなく Oracle Tuxedo として販売が継続されている。

機能[編集]

Tuxedo は、アプリケション・インターフェースとして、2相コミットのためのX/Open XA標準のインターフェース(XATMI,Application Transaction Management Interface)、および、Object Management Group(OMG)の CORBAに準拠したインターフェースを備えている。

データベース連携、アプリケションサーバ、プラットフォームの異なる複数の分散システムの連携機能、CおよびCOBOLで作成されたアプリケションに対応している。

外部リンク[編集]