OpenFeint

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OpenFeint/ Gree
初版 2009年2月17日
最新版 2.7.5(Android版1.7) / 2010年11月5日(Android版2011年1月27日)
対応OS Android, iOS
種別 ソーシャル・ネットワーキング
公式サイト http://www.gree.net
テンプレートを表示

OpenFeintとはかつて存在していたモバイルゲーム向けのソーシャルプラットフォームでAndroidiOSに対応していた。開発したのはAurora Feintというゲームの開発者が立ち上げた、社名がゲームと同名であるAurora Feint社だった[1]。プラットフォームはゲームで使用されるSDKで構成されており、数種類のソーシャル・ネットワーキング機能をゲームの機能に統合することができる。OpenFeintは2012年終わりに閉鎖された。

歴史[編集]

2009年2月17日にOpenFeintがスタートした[1]

6月にバージョン2.0が公開され、初めて開発者がプラットフォームを自身のアプリケーションに統合できるようになった。

8月14日、バージョン2.1が公開。「ソーシャルチャレンジ」というユーザーが自身や友達のためのゲーム内で行えるタスクを作成したり、新たなチャレンジが合った時にユーザーに通知する機能が追加された。また友達を追加することができるようになっただけでなくユーザーインターフェースも新しくなった。

2010年1月8日に公開されたバージョン2.4ではレイアウトやスタンドアローンアプリケーション版が刷新された。同年1月時点でiOSのApp Storeにある900本以上のアプリケーションがOpenFeintに対応し、登録ユーザーも1000万人以上に上っていた[2]

9月15日にAndroidに対応することを発表。

2011年、コンピュータ詐欺、プライバシー侵害、契約違反、不誠実他7つの法令違反で集団訴訟を起こされた。ニュースレポートによると「OpenFeintはビジネスプランとして許可なしに携帯機器対応アプリケーション開発者や広告ネットワーク、モバイルアプリケーション市場におけるウェブ解析ベンダーのために個人情報へのアクセスや開示を行なっている。」としている[3]。しかし後にこの集団訴訟は取り下げられている[4]

4月、グリーがOpenFeintを約1億米ドルで買収した[5]

2012年11月16日、グリーは12月14日をもってサービスを終了しGREEに移行することを発表した[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sielger, MG (2009年4月17日). “Indie iPhone App Developers Rallying Around OpenFeint”. TechCrunch. 2010年1月19日閲覧。
  2. ^ Holt, Chris (2010年1月27日). “OpenFeint: iPad is a transformative gaming platform”. Macworld. 2010年1月31日閲覧。
  3. ^ Marshall, Chris (2011年6月24日). “Gamers Say OpenFeint Sold Them Out”. Courthouse News Service. 2012年4月17日閲覧。
  4. ^ 2011 Year-End Update on Class Actions”. Gibson Dunn (2012年1月30日). 2012年10月9日閲覧。
  5. ^ “グリーが米OpenFeint社を約1億米ドルで買収、7500万ユーザーのソーシャル・ゲーム基盤を獲得”. 日経BP社. (2011年4月22日). http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110422/267964/ 2013年2月3日閲覧。 
  6. ^ GREE Pulls the Plug on OpenFeint With Less Than One Month Notice to Developers”. Touch Arcade. 2012年11月16日閲覧。
  7. ^ Erickson, Tracy (2009年7月28日). “Battle of the iPhone XBLA rivals: Open Feint versus Plus+”. Pocket Gamer. 2010年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]