Oka自走迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2B1 オカ
2B1 oka.jpg
性能諸元
全長 m
全幅 m
全高 3 m
重量 55.3 t
懸架方式 トーションバー
速度 km/h
行動距離 km
主砲 420mm迫撃砲 × 1
エンジン I-12-5 ディーゼルエンジン
700 hp
乗員 7名
テンプレートを表示

2B1オカ自走迫撃砲ロシア語: 2Б1 Oka)とはソビエト連邦軍が開発した、口径420 mmの世界最大の自走迫撃砲である。

名の由来はボルガ川の支流オカ川から。

概要[編集]

試作品は1957年に作られ、その車体はキーロフ工場で設計・製造された。

20 mにもなる身を持ち、750 kgの砲弾を45 km先まで飛ばすことが出来、5分に1発の発射が可能だった。

これほどまでに巨大になったのは戦術核砲弾の使用を前提として、当時の戦術核砲弾の最小口径から420 mmの口径が決定された為である。

砲身はカノン砲のようにも見えるが、砲身は肉厚が薄く、大きな仰角で打ち出す方式で迫撃砲に分類される火砲である。

さまざまな欠点があり、改良は1960年まで続いたが、戦術弾道ミサイルに比べて利点が無いことから開発は断念され、試作車両のみで量産されず、実戦には参加していない。現在では試作車両が博物館に展示されている。

関連項目[編集]